2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽・赤羽根の地名の訪問と、赤羽緑道ガーデンコートの庭を造っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

埼玉県上尾市上尾中央総合病院に

Ageo-hospital-01_20211209170801
循環器内科緒方信彦先生より半年ごとに心臓の診察を受けています。
今日は、心臓超音波検査、心電図、胸部レントゲンなどの検査をして、概ね経過は安定しているとのことでした。

 

平成19年 ( 2007年 ) 10月29日に急性心筋梗塞の手術の時から、緒方信彦先生にお世話になりまして、何不自由となく14年を生きて来られましたが、
それは、緒方信彦先生にしていただいた強運に恵まれた手術のおかげでした。大変感謝しています。ありがとうございました。

知人の保険屋さんから急性の心筋梗塞の場合は生存率はかなり低く、助かるのは希有なケースと言われました。 

 

今年はそれとなく忙しく過ごしてきましたが、冬の寒さが厳しくなってきますので、暖かくなるまで穏やかにしていきたいと思っています。

やっぱりブランチ横浜南部市場に

Yokohama-nanbu-market-01
曇りがちの日でした。
仕事休みの日で出掛ける用事がない時は、近くのイオンやOKに食材をまとめ買いに行きます。
いつか横浜市の友人宅を訪ねた後に、寄ってみたブランチ横浜南部市場が気に入って、今日が3回目になりました。 


Yokohama-nanbu-market-04
市場内で肉・魚・野菜を選び、パンを買い。 


Yokohama-nanbu-market-03


Yokohama-nanbu-market-05
時間をかなりずらして、お目当ての橫浜屋本舗食堂で昼食にしました。 


Yokohama-nanbu-market-06
少し奮発して大海老の天ぷら重。期待通りで、ごちそうさまでした。 


Yokohama-nanbu-market-02
市場の裏は海、相模湾です。


 

ぽかぽかしていた荒川 紅葉とコサギ

Arakawa-01_20211204170901
気持ちが良いぐらいの青い空。ぽかぽかした陽気でした。 


Arakawa-02_20211204170901
赤水門の先にイチョウの紅葉。 


Arakawa-03_20211204170801
染井吉野の紅葉。 


Arakawa-04_20211204170801
荒川の岸辺に。 


Arakawa-05_20211204170801
水辺にコサギ。 


Arakawa-06_20211204170801
狙っています。 


Arakawa-07_20211204170801
何か、くわえていました。 


Arakawa-08_20211204170801
赤水門そばの桟橋。


 

ドアにつける番号を探しに

Dulton-01_20211201172701
昨日から今朝まで降った激しい雨は、午前9時過ぎにはすっかり上がって青空になりました。
目的地DULTON の最寄りの駅、山手線原宿駅は、新しくなってから初めて降ります。 

Dulton-02
駅の向かいには、ユニクロとIKEAが並んでいました。 

Dulton-03
歩道橋の上から、紅葉していたイチョウ。 

Dulton-04
渋谷方面に歩いて10分ほど、DULTONは鉄製の品物があふれていて、
所さんの世田谷ベースのようでした。 

Dulton-05
メタルの数字を選びました。どのように並べるのか、お分かりですよね。

美味しい野菜ときれいな花を求めて、J A 花園農産物直売所に

Hanazono-01_20211130191301
寒さは一段と冷え込んできましたが、晴れた一日となりました。 

Hanazono-02_20211130191301
J A 花園農産物直売所で、生産者が分かる地元深谷産の安心で新鮮な野菜を買い。 

Hanazono-03_20211130191301
昼食はここ、いつもの直営食堂です。 

Hanazono-04_20211130191301
入り口に、新そばが入りましたと書いてありましたので、もりそばに決めました。 

Hanazono-05_20211130191301
今の季節の花は、左からシクラメン ( プルマージュ ) と、斑入りのポインセチアに。
去年の暮れにも買いに来ていました。

”あかばね紀行”をご覧いただいた方からメールが届いて

Akabane-01
つい先日のこと。
東京都板橋区にお住いの赤羽 ( あかはね ) 様より「あかばね紀行を見ました」とご連絡を頂きました。
ご実家は長野県で、「名前の呼び方も本当は濁りのない"あかはね"でしたが、赤羽が近いこともあり父は末子でもありこだわらず、"あかばね"になってしまいました。」と書かれていました。
あかばね紀行は、全国にある"あかばね"と書いたり読んだりする所を探し訪ねている旅です。
このようなご連絡を頂けるととても嬉しくて、各地の赤羽・赤羽根を旅する励みになります。

Akabane-05
私は、「長野県は50代の頃に出掛けていました。懐かしく思い出します。当時は、ナビなどない時代で、地図とにらめっこしながら運転をしていました。また、前方後円墳にも興味があり、少しめぐっていました。」など、お返事を書きました。

Akabane-03
赤羽生まれで赤羽育ちの私は三代目です。東京都北区赤羽は江戸の郊外なので"江戸っ子"とは言えず、"赤羽っ子"です。
とは言っても下町の赤羽の地名は、そんなに多くは無いだろうと始めた赤羽の地名を探す旅は、驚くほどに多く100カ所以上見つかりました。
現在90カ所目を訪れ、体力と運転能力を考えると、3年ぐらいの間に残りの10カ所を回れればいいのかなと思っています。
そこは、心臓の機能次第です。

«埼玉県さいたま市桜区秋ヶ瀬公園の紅葉