2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

あかばね紀行 愛知県豊田市今町赤羽根と宮口町赤羽根

Toyotasi-001
きのう出掛けた愛知県豊田市。空は曇りがち。
名古屋鉄道に乗るのは5年ぶりです。
豊橋駅、知立駅での乗り換えに少し戸惑いました。 


Toyotasi-002
老舗の喫茶店、自家焙煎珈琲あぶさんと 。


Toyotasi-003
オリジナルブレンドのモーニングセットです。味もいいし、
テーブル席の足元が気に入りました。 


Toyotasi-004
浄土宗常行院 


Toyotasi-005
境内に、きれいな皇帝ダリアが咲いていました。


Toyotasi-006
 今町の赤羽根は、県道豊田環状線から南に向かって、河合池、浄土宗常行院までの、間辺りにありました。坂のある静かな住宅地と農地があります。
残念なことに、現在は住居表示からは無くなっていました。


Toyotasi-007
 公園の木々の紅葉です。


Toyotasi-008
カエデの赤色がきれいでした。 


Toyotasi-009
宮口神社です。 


Toyotasi-010
宮口町の赤羽根は、西に流れる真願川と東の 宮口神社、南の逢妻女川に囲まれた辺りにありました。坂があり、一部に農地もあります。
ここも、現在は住居表示から無くなっていました。


Toyotasi-011
遅いランチを、豊田市駅近くの豆庵でいただきました。


愛知県豊田市の赤羽・赤羽根の地名は、きょうの2ヶ所を足して合計10ヶ所目になりました。
そして愛知県内には、あと5ヶ所あります。
愛知県は、赤羽・赤羽根の宝庫です。旅は、まだ続きます。


 

赤羽・赤羽根の地名を訪ねる旅、愛知県豊田市に

豊田市 今町の赤羽根と宮口町の赤羽根の地名を探しに出かけています。
この2ヶ所を追加すると、東京都北区赤羽を含めて 90ヶ所目になります。


Biei-01
北海道上川郡美瑛町スクールバス・バス停赤羽


昭和59年 (1984年) 5月14日、群馬県館林市の赤羽を訪れてから37年の月日が過ぎていました。
当時は、インターネットはまだ普及していなくて、住宅地図をにらめっこしながら、探していました。フィルムカメラの時代です。
全国に、赤羽・赤羽根があってもせいぜい、50ヶ所ぐらいだろうと考えていて、こんなに時間が掛かるとは、とても思っても見ませんでした。


Shinshirosi-01
愛知県新城市 天満宮の赤羽根天神社の案内看板


100ヶ所目が最終の目的で、それで打ち止めにするつもりです。
ここまで、よくがんばって続いてきたものです。自分でも、半分呆れています。


Onomiti-01
広島県尾道市 おのみちバス(株)のバス停「赤羽根」


全国の赤羽・赤羽を旅している あかばね紀行 をご覧ください。


現在は、2019年8月18日に始めた 赤羽緑道ガーデンコートが新しいライフワークになりました。


 


 

島根県出雲市の「あかばね」の地名を探す旅を終えて、足立美術館に

Adachi-001
ホテルのバルコニーから見る日本海。良い日和に恵まれました。


Sadatyo-05
山すそを走り、畑の中を抜けて行きます。大きな木の黄色い紅葉です。


Adachi-002
足立美術館を、「ぜひ見に行きなさい」と言われていました。


Adachi-003
庭園日本一。2003年から連続16年。


Adachi-005
借景が見事です。


Adachi-004


Adachi-006


Adachi-007


Adachi-008


Adachi-0091
枯山水の庭はさることながら、収蔵品の横山大観、河合玉堂、伊東深水、河井寛次郎、北大路路山人などの作品が素晴らしいです。


Adachi-0092
昼食にビーフカレーを食べて。


Adachi-0093
三日間、事故もなく お世話になった、カローラアクシオのハイブリッド車です。静かで快適でした。

「あかばね」の地名を探す旅、島根県出雲市湖陵町大池の赤羽根と出雲大社に

Izumo-001
 秋晴れの青空です。「マリンタラソ出雲」を出発。


Izumo-002
日本海は、穏やかです。 


Izumo-003
彌久賀神社。
日本海と、彌久賀神社のある国道9号線の間に、湖陵町大池の小字、赤羽根の地名がありました。


Izumo-004
 少し小高い丘に、住宅が建ち並んでいます。
住居表示からは無くなっていましたが、700番地の一部に赤羽根の地名がありました。


Izumo-005
稲佐の浜で、砂を取って、 


Izumo-01
 出雲大社の"神々のお集い"は、本年は、11月6日夕刻~11月13日夕刻。
神在祭りの間に来ました。


Izumo-007
 参道から拝殿を望む。


Izumo-008
 拝殿。


Izumo-009
 素鵞社(そがのやしろ)に縁かけの参拝。


Izumo-0092
 神楽殿の大しめ縄。


Izumo-0093
大鳥居の近く、田中屋で昼食に。 


Izumo-0094
お勧め、三色割子そば。 


Izumo-0095
島根ワイナリーに寄って。


Kirara-01
ホテルの近くなので、道の駅キララにもう一度。


「あかばね」の地名探しの旅、島根県出雲市佐田町大呂と雲南市の「天満屋」に

朝方まで降った雨は、東京を出発する頃にはすっかりあがって、幸先の良い旅になりそうです。
ゆっくりと出かけて、出雲空港には昼前後に到着しました。 

Tenmanya-002
空港からレンタカーで松江自動車道を南下し、雲南市三刀屋町 しっぽもひと役本舗 天満屋に向かいました。

Tenmanya-003
永井隆博士のゆかりの銘菓「しっぽもひと役 」です。甘さ控えめで、あっさりしていて美味しいです。

Tenmanya-02
今年の春に食べた、ギョイコウ(御衣黄)の緑色の桜にちなんだ「元祖みどりの桜もち」です。
とても気になっていましたので、伺いました。店主様としばらく話をして、

Sadatyo-01
そこからほど近い、出雲市佐田町大呂の赤羽根を探します。
なかよし会館です。

Sadatyo-02
反辺川と御幡大橋。

Sadatyo-03
小さな小さな川がありました。反辺川に合流します。

Sadatyo-04
 神戸川水系の赤羽根川です。近くにお住まいの方に伺うと、
昔、あかはねさんという方が居られたとのことでした。

Izumoshi-01
山道を西に向かって走っていると、 黄色に紅葉した大きな木がありました。
この頃から、時々雨が降ってきて。

Sadatyo-06
午後4時を過ぎると、周りも暗くなってきます。
道の駅 キララ多岐でお土産などを見てみました。 

Sadatyo-07
宿泊するホテルは海沿いです。
バルコニーから見える日本海は、風で白波が立っていました。 

Shimane-01
今回の旅の計画に当たり、経営支援NPOクラブ会員八雲の会代表 三島律夫様、NDRトラべる 秋本様に大変お世話になりました。
ありがとうございました。 

福島県石川町、泊まれる「農園Cafe・やい子ばあちゃん」

石川町は、阿武隈地域の豊かな緑と清らかな水の流れなど、美しい自然に包まれ、長い歴史と伝統を伝承しながら石川地方の中心都市として発展してきました。

Ishi21
「 農園Cafe やい子ばあちゃん。」
左から、やい子ばあちゃん、嫁の美代子さん、ご主人の周一さん。

「農園Cafeやい子ばあちゃん」は、築百年の古民家と風土を活かし、農業体験や自然観察と料理(釜焚きのご飯)を楽しむことが来ます。
やい子ばあちゃんの笑顔と語らいでもてなします。
石川町南山形にある「農園Cafeやい子ばあちゃん」は、四季に応じて様々な体験(農業体験、自然散策、もちつき、石窯で焼くピザなど)のできる食事処です。
自家栽培のとれたて野菜や卵、ブランドの「いしかわ牛」など地元の材料を使っています(いしかわ牛認定店)。昨年から宿泊も可能になりました(民泊認可店)。農園Cafe・やい子ばあちゃん
2019年9月24日、コーヒー講習会 を行いました。

 古きを訪ね、歴史を感じる空間でもあります。
樹齢290年という裏山のブナの木。蓄えた水は料理に使われます。
築120年の母屋。養蚕に使われていたスペースをリフォームしました。
2階はテーブル席です。見上げると太い丸太を大胆に組んだ梁に圧倒されます。

Yaiko-01
最近、昭和レトロな「真空管ラジオ」が加わっています。
「やい子ばあちゃん」はCafeのキャラクターですが、切り盛りするのは嫁の大平美代子さん。ラジオとの2ショットです。

 

写真と情報を提供していただいた経営 支援NPOクラブ会員 八雲の会代表 三島律夫様 ありがとうございました。

最近は赤羽・赤羽根の地名を探す旅に出掛ける機会を持てなくて、地元からの情報をご連絡いただいて大変助かっています。
赤羽・赤羽根の地名を訪ね歩いている 赤羽紀行福島県石川郡石川町赤羽 をご覧ください。

 

「あかばね紀行」の埼玉県北足立郡伊奈町小室赤羽と東京都大田区馬込赤羽を更新しました

全国の赤羽・赤羽根の地名を探して訪ねています。


Morinone-02
埼玉県北足立郡伊奈町の「森の音珈琲」です。


Morinone-04
コーヒーと、トーストされたパンに野菜が詰まったサンドイッチが美味しいです。


 


Ikegami-04
東京都大田区馬込の古民家カフエ 連月です。
落ち着いた雰囲気の店内に、欧米人のお客様がいたり、勉強をしている子もいました。


Ikegami-05
連月豆カレーを食べました。


埼玉県北足立郡伊奈町小室と東京都大田区馬込には、赤羽の地名がありました。
全国の赤羽・赤羽根の地名を訪ねているあかばね紀行をご覧ください。


 

埼玉県北足立郡伊奈町、「森の音珈琲」に

Morinone-01
夏休みに入って、埼玉県北足立郡伊奈町に出かけました。


Morinone-02
「森の音珈琲」は、交差点のすぐそばにありました。


Morinone-03
店内は落ち着いた雰囲気で、心地良いです。奥に焙煎機が見えました。
自家焙煎のコーヒー、ブレンドを注文して・・・、
美味しいです。 


Morinone-04
トーストされたパンに野菜が詰まったサンドイッチも美味しくて。
いいお店を見つけました。


Morinone-05
庭に咲いていた花。 


Morinone-07
伊奈町役場。今日は日曜日なので、お休み。 


Morinone-08
新田前公園。


埼玉県北足立郡伊奈町小室には、赤羽の地名があります。
赤羽の地名を旅している赤羽紀行と、埼玉県北足立郡伊奈町小室赤羽をご覧ください。

火伏の神様 古峯神社に

Furumine-01
しばらく続いた暑さが治まり、曇で覆われた空です。昨日の例大祭が終わって境内は静かでした。


Furumine-02
古峯神社の御祭神は日本武尊です。
毎年五月の下旬に、火防、盗難除、家内安全、商売繁盛など、祈願に参拝をしてきます。


Furumine-03


Furumine-04
参拝した後で、古峰ヶ原街道沿いの一庵(いおり)で昼食にしました。 


Furumine-05
家族でそれぞれ、寒ざらし蕎麦と、

Furumine-06
サラダそばを食べました。美味しい蕎麦です。


Furumine-07
鹿沼市内を車で走っていて、素敵な庭を見つけました。


Furumine-08
バラがきれいでした。

池上本門寺と古民家カフェ・連月に

Ikegami-01
雲が少し浮かんでいますが、五月晴れです。池上本門寺に参拝。 連休が終わって、境内は静かでした。

 

Ikegami-02
青空に映える五重塔。

 

Ikegami-03
古民家カフエ、連月です。

Ikegami-04
前から行きたかったのですが、込み合う時期を避けたのが正解のようです。空いていました。落ち着いた雰囲気の店内に、欧米人のお客様がいたり、勉強をしている子もいました。

 

Ikegami-05
 昼ちょっと前に寄って、連月豆カレーを食べました。

この地域には、馬込に赤羽の地名がありました。東京都大田区馬込赤羽をご覧ください。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ