2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽・赤羽根の地名の訪問と、赤羽緑道ガーデンコートの庭を造っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

赤羽文化センター区民講座、全国90カ所のあかばねを訪ね歩く

Akabane-ture-06
3月22日午前10時30分~12時、赤羽文化センターで「全国90カ所のあかばねを訪ね歩く」の話をいたしました。
赤羽(根)と名のつく市や町を全国で探し訪れて、きれいな花、美味しいパン屋さんなどを見て回り、「あかばね紀行」というホームページでご紹介しています。 


Akabane-ture-01
1984年(昭和59年) から37年、東京都北区の赤羽を足して90カ所に出掛けました。
その内訳は、愛知県の24カ所、2番が福島県の10カ所、3番が栃木県の8カ所、4番が青森県の6カ所、5番が茨木県の5カ所。そして・・・北海道に2カ所、九州は熊本県に1ヶ所などです。関東近県と愛知県に集中していました。
赤羽 (根)を探し歩くようになったきっかけは群馬県館林市の館林赤羽郵便局を見つけてから、 次に訪れたのは埼玉県さいたま市西区赤羽根、そして、神奈川県厚木市、埼玉県北足立郡伊奈町と、東京都北区赤羽の5カ所をまとめてホームページを立ち上げました。


Akabane-ture-05
赤羽の地名の由来は、地名の中でも多い赤坂、赤土、赤倉などと同様の意味を持つといわれています。
民俗学者 柳田國男氏の「地名の研究」がとても参考になりました。
日本の地名は、あて字による変化が多いことで難解であり、そのため文字にあまりとらわれず、発音に注意することが重要だといわれていました。
赤には赤土と粘土質の土壌で、羽(根)は埴(はに)の転化で、粘土のあるところ、火山灰が堆積して出来た土地をさします。
「赤埴 (あかばね)」から「赤場根」・「赤羽禰」そして書きやすい「赤羽根」・「赤羽」に変わっていったと思われます。 


Akabane-ture-02
定員が20名から30名に増えました。
続いて、全国の赤羽の共通点、観光地として有名なあかばね、関東圏のおすすめ、素朴な人情に癒される旅、あかばねの名前が書かれたバス停、信号機、川、まんじゅう、思わぬエピソード、真空管ラジオ、赤羽緑道公園ガーデンコートなどの話をさせていただきました。 


Akabane-ture-03
応援に駆けつけていただいたスタッフの方々。各地のあかばねの町を案内してくれた大川さん、経営支援NPOクラブ 三島律夫様、赤羽緑道公園ガーデンコートを手伝っていただいている江戸流 里神楽 多加美社中 高見進師匠の方々です。 


Akabane-ture-04
多くの皆様方の支援のおかげで夢が実現出来ています。
この機会を作っていただきました赤羽文化センター所長渡辺新吾様、お声をかけていただいた細谷とし子様、上野知里様ありがとうございました。また、ご参加いただいた皆様にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

赤羽文化センターで 3月22日、「あかばね紀行」の話をします

Akabane-kikou-01
赤羽文化センター区民講座で、2021年3月22日(月) 午前10時30分~12時 
「全国90カ所のあかばねを訪ね歩く」として、「あかばね紀行」の話をさせていただくこととなりました。

あかばねの地名探しの始まりは1984年(昭和59年) 群馬県館林市で、
次に訪れたのは境内に多種のあじさいが咲く指扇氷川神社の一帯に赤羽根がある埼玉県さいたま市西区です。
それから37年、東京都北区赤羽を足して90カ所を訪ねて歩いて来ました。

話の内容は、
赤羽の地名の由来
あかばね紀行を立ち上げた時のエピソード
関東圏お薦めのあかばね
目的を持った旅の楽しさなどをお話しする予定です。

 

赤羽文化センター区民講座、全国90カ所のあかばねを訪ね歩くをご覧ください。

 

埼玉県さいたま市西区、大宮花の丘農林公苑に

Omiya-01
晴れたり曇ったり、上着もいらないぐらいの暖かな日和です。 


Omiya-02
池のほとりで。


Omiya-03
植木鉢の人形がお出迎え。


Omiya-04
コスモスとサルビアを見に出かけたのですが、コスモスが少し咲いているだけ。 


Omiya-05


Omiya-06


Omiya-07
バラも少しだけ咲いていました。


Omiya-08


Omiya-09
秋が深くなっていました。


Omiya-092

国立国会図書館に、あかばねの地名がある地図を探しに

Library-01
コロナ禍で、国立国会図書館は予約制でした。
これから出かける赤羽・赤羽根の地名のある所の住宅地図を探してきました。


Library-03
島根県江津市都野津町、のぞみ保育園の隣に赤羽根児童公園と、バス停 赤羽根公園前があります。


Library-04
福島県二本松市針道に赤羽根が、大協福島工場と帝国機材㈱福島営業所がありました。


Library-02
そして、香川県彩歌郡綾川町枌所西に赤羽が、赤羽神社もあります。
いつでも出かけられるように準備をしています。

日比谷シャンテ「日比谷しまね館」、「のどぐろ丼」と「しっぽもひと役 」

Shimane-02
島根県の新アンテナショップ「日比谷しまね館」は、令和2年5月29日に「にほんばし島根館」から移転しています。 

Shimane-01_20200919193001
2019年の秋に出雲市湖陵町と佐田町を訪れた時は、
のどぐろを食べる機会がなくて残念に思っていました。
今回はその望みをかなえられ、イートインカウンターで、「のどぐろ丼」をいただきました。美味しいです。

「のどぐろ丼」は、「ふるさと祭り東京2020-日本のまつり・故郷の味-」で、
「第11回全国ご当地どんぶり選手権」、本選出場の14どんぶりのうち、
島根県の「のどぐろ丼」がグランプリ・観光庁長官賞に輝いていました。 

Shimane-03
そして、雲南市三刀屋町の天満屋さん、永井隆博士ゆかりの銘菓「しっぽもひと役 」を買いました。
上品な甘さで美味しいです。

 

 

水木鈴子 詩画集 「幸福あげます」 が届きました

Mizuki-01
東京23区から、山梨県北杜市に本社を移した方から届いた、
水木鈴子、四季に咲く美しい日本の草花の水彩画と、
それらの花に託した母への愛の賛歌を綴った詩画集です。


Mizuki-02
透き通るような花々の水彩画、 


Mizuki-03
きれいな文字で書かれた詩集です。
素敵な本を頂きまして、ありがとうございました。

にっぽん縦断 こころ旅 神奈川県三浦市から、赤羽根バス停

Miurashi-01
にっぽん縦断 こころ旅は、NHK BS で放送されている番組で
俳優・火野正平さんが、忘れられない風景を自転車で訪ねています。

Miurashi-02
今朝は神奈川県三浦市を巡っていました。

Miurashi-03
その中で見つけたのが、京浜急行久里浜線「三崎口」駅から国道134号線を横須賀駅に向かう途中の赤羽根バス停 です。
私が赤羽・赤羽根の地名を訪ねる旅を始めて13番目の町になります。
久しぶりに見て、とても懐かしい思いがしました。

火野正平さんは、赤羽根バス停でタクシーに乗り換え、少し先で降り自転車に乗り換えて大浦海水浴場に向かいました。

神奈川県三浦市初声町に赤羽根の地名があり、
三浦半島の最南端にある城ケ島の県立城ヶ島公園の南側に、赤羽根海岸があります。
神奈川県三浦市初声町赤羽根をご覧いただいて、地名をめぐる旅をお楽しみください。

 

島根県江津市都野津町 赤羽根探しの旅、準備編

島根県江津市都野津町には、赤羽根児童公園と赤羽根公園前バス停がありました。
いつか訪れてみたいと思っていたところ、
田舎と都会の交流を活発にして日本を元気にする「あうたび」のオンラインツアーで、
島根県江津市の企画を知り、申し込んで参加しました。
今日の午後から、神楽の里の生産者に会いに行く旅 ! オンラインツアー in 江津が始まります。

各地の赤羽・赤羽根は必ず訪れていましたが、新型コロナの影響で遠出は出かけようがありません。
今回からこのような訪ね方があってもいいかなと思っています。

Goutusi-01
石見麦酒ビール5種

Goutusi-02
まる姫ポークソーセージと生ハム

Goutusi-03
住京蒲鉾店のかまぼこ製品

Goutusi-04
浅利観光の佃煮

Goutusi-05
はんだ牛蒡

事前に江津市応援セット (食品・ビール) が届いていますので、それを味わいながらツアーを楽しみます。

ただ、私の見たい赤羽根児童公園と赤羽根公園前バス停は当然のこと、
ツアーにはありません。
新たに写真を写していただける方を探さなければなりません。
どなたか興味がある人はおられませんでしょうか。
ご連絡を頂ければ嬉しいです。どうぞ、よろしくお願い致します。

これまでに出掛けた「あかばね」のまちは、あかばね紀行 でご覧ください。

 

水まんじゅう「雲見の瀧」の季節になりました

Tenmanya-01_20200627183901
 しっぽもひと役本舗 天満屋さんから、水まんじゅう「雲見の瀧」の便りが届きました。

天満屋さんを知るきっかけとなったのは、緑色の桜もちを販売していたことからです。
桜もちはピンク色と思い込んでいた常識を覆した、御衣黄にちなんだ元祖みどりの桜もちを見た時は驚きでした。
それ以来、桜の咲く頃が待ち遠しくなっていました。
昨年の秋、島根県出雲市の赤羽根と訪ねる途中で、しっぽもひと役本舗 天満屋さんにお寄りしています。

Tenmanya-02_20200627183901
その天満屋さんから、初夏の水まんじゅう「雲見の瀧」です。
口の中に入るとスーット溶けていきます。
甘さ控えめで、小豆の風味がよくて、すっきりとした味わいでした。
熱くしたお茶が欲しくなります。

 

島根県からの届きもの、自然の恵み

経営支援NPOクラブ会員八雲の会代表、三島律夫様が、福島県石川町で町おこしの支援をされていた時、
「あかばね紀行」の石川町赤羽を見ていただいたのがご縁となり、そのお手伝いを少し、
その後、島根県の赤羽・赤羽根の地名を調べていただき、
昨年は、出雲市湖陵町大池赤羽根、佐田町大呂赤羽根川を訪れました。
ちょうど、三島律夫様の出身地 松江市で何かお手伝いは出来ないかと思っていたところでした。
届いたのは、


Ashibue-03
島根県松江市八雲町 NPO法人あしぶえ が販売している、あしぶえ黒豆せんべい、はちみつせんべいと、八雲のおばさん味噌。
せんべいは、「赤羽緑道公園ガーデンコート」で、お手伝いをしていただく方におすそ分けしました。


Ashibue-02
野菜は ゆうあい熊野館の、ブルーベリー、ピーマン、ふき、かぼちゃ、たまねぎ、それに梅干し、梅漬けなど。
生産者の名前が記載されているのが安心で嬉しいです。
その土地で普通に作られている生産物が美味しくて好きです。
わずかの注文でしたが、取り扱いの応対に温かさを感じました。
ありがとうございました。


 


 

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ