2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

春分の日に 赤羽宝幢院で写仏の会が行われました

Houdou_01

 青く澄み渡る空でした。

 春の彼岸に、赤羽宝幢院で写仏の会が行われました。昨年の秋に続いて2回目です。


Houdou_02

 境内の庭に、南高梅の花がきれいに咲いていました。


Houdou_03

 写仏に先立ち、住職から秋彼岸供養があり、般若心経を読経して、深呼吸して心を静めました。


Houdou_04

 寺庭夫人による解説で始まりました。真言宗の大日如来を写しています。
 心が落ち着いて、澄み渡るようになり、細い線が、何となく書ける気がしてきました。


暖かな日和に 赤羽八幡神社の「祈念祭」が斎行されました

Hatiman_02

 「祈念祭」は、春の農耕が始められるにあたって、その年の五穀豊穣を祈るお祭です。
 午前11時から赤羽八幡神社の「祈念祭」が斎行されました。


Hatiman_01

 農耕民族日本人の精神性の源に通じる「祈年祭」、「新嘗祭」、「例大祭」は、赤羽八幡神社の重要な神事です。
 11月に斎行される「新嘗祭」は、秋の収穫を喜び、農作物の恵みに感謝するまつりです。


Hatiman_03
 
 社務所の庭に紅梅が咲いていました。


Hatiman_04

 白梅と揃って咲いていました。


Hatiman_05

暖かな先勝の日に赤羽宝幢院 節分会・豆まきが行われました

 風が僅かに吹いている快晴の平成29年2月3日、赤羽宝幢院 節分会か行われました。豆まきは今年で26回目になります。

Houdouin_01

 午後3時より本堂にて智山勤行式を行い、お護摩を焚き皆様の除災与薬を祈念しました。

Houdouin_02


          .
Houdouin_03

 境内の片隅で豆まきに先立ち、大人の間で怪我をしないように、小学生未満の子供達にお菓子をお渡ししています。

 豆まきは、午後4時から、大人と子供達に受ける場所を分けて行われました。

 豆まきをするために舞台の下で豆まきの品物を渡したり、警備に当たっていましたので、この後の写真は写せませんでした。
 30分ぐらいで豆まきは終了しました。
 怪我も無く無事に出来ましたこと、赤羽警察、消防団、舞台の設営、甘酒を作られた方々にお礼致します。ありがとうございました。来年も是非お越しください。

赤羽宝幢院 節分会・豆まきの舞台が準備されています

Setubun_01

 快晴の良い天気が続いています。
 2月3日(金)に、赤羽宝幢院 節分会・豆まきが行われます。舞台の準備が進んでいました。


Setubun_02

 豆まきは、午後4時から行われます。今日みたいな陽気だと良いですね。

今年の赤羽宝幢院 節分会・豆まきは、2月3日(金)に行われます

Setubun_08

 平成4年に始まった赤羽宝幢院の節分会・豆まきは、今年で26回目になりました。


Setubun_03

 午後3時より本堂にて智山勤行式を行い、お護摩を焚き皆様の除災与薬を祈念します。


Setubun_04

                  .
Setubun_05

 豆まきに先立って、小学生以下の子供達にお菓子をお渡ししています。(大人の間で怪我をしないようにしています。)


Setubun_06

 午後4時より、住職、檀家総代、年男の方々による豆まきです。


Setubun_07

 いつも赤羽警察、消防団による警備のご協力があり、怪我が無く行われています。ありがとうございます。

赤羽会館で、吟亮流吟風会 吟詠発表大会と「阿倍仲麻呂の見た月」が行われていました

Kenbu_01

 吟亮流吟風会 吟詠発表大会の後半から見てきました。

 剣詩舞(けんしぶ)は、古武道の格式と、詩の心を表す芸術性をあわせもつもので、剣舞(けんぶ)と、詩舞(しぶ)という2つの舞踊があります。どちらも吟詠(ぎんえい)に合わせて舞います。
 スペシャルゲストは、 尺八 河野正明氏 琵琶 水島結子氏です。主催は、吟亮流吟風会 協力、誠紀流誠修館・遊月流吟舞会・神翠流煌瑶会です。


Kenbu_02

 「阿倍仲麻呂の見た月」、剣詩舞と和楽器が織りなす吟詠ファンタジーです。

                                  .
Kenbu_03

 誠紀流誠修館館長 石井 誠紀さんです。


Kenbu_04


.
Kenbu_05

 日本の伝統芸道である吟詠・剣舞・詩舞を見る良い機会になりました。子供たちの成長が楽しみです。

赤羽一番街 清水屋酒店に丸眞正宗の酒粕が出ていました

Sake_01


 54年ぶりに11月中に初雪が降ったりして、一気に冬になったようです。

 清水屋酒店の店頭に、都内唯一の酒蔵・小山酒造、丸眞正宗の酒粕が並んでいました。

 これからの季節、体が温まる甘酒が恋しくなっていました。

平成28年12月3日 赤羽会館で「阿倍仲麻呂の見た月」が開催されます

Isii_01

 奈良時代、阿倍仲麻呂は遣唐留学生として唐の都・長安の太学で学んでいます。
 今年は、阿倍仲麻呂遣唐使千三百年にあたります。

 阿倍仲麻呂が詠んだ月の和歌、三笠の山に上る月と、長安で仰ぎ見た月を見比べる作品を、剣詩舞と和楽器が織りなす吟詠ファンタジーとして蘇らせています。
 スペシャルゲスト 尺八 河野正明 琵琶 水島結子

 主催、吟亮流吟風会 協力、誠紀流誠修館・遊月流吟舞会・神翠流煌瑶会

 平成28年12月3日(土) 赤羽会館講堂 入場無料 午後4時開演です。先着200名に種屋特製菓子セットが進呈されます。
 午前10時から剣詩舞、吟亮流吟風会の吟詠発表大会が開催されます。こちらもご覧ください。

 
Kenbu_01

 誠紀流誠修館館長 石井 誠紀さん (右です) は、「お菓子の種屋」の社長さんです。お稽古をしている時に伺いました。
 

Kenbu_02

 赤羽中央街商店街「お菓子の種屋」の2階、道場に所狭しと並んだトロフィーは、館長石井誠紀さんが全国大会に30回以上出場した証です。

準スーパームーン 2016年11月

Moon_01

 一日遅れのスーパームーンです。

 赤羽小学校の東側の空に上がってきた頃は、雲がかかっていました。


Moon_02

 まだ、雲が晴れなくてピントがうまく合いません。


Moon_03

 そして、雲の合間の準スーパームーンです。

大安の日の七五三祝祭 赤羽八幡神社

Hatiman_001

. .
Hatiman_01

 日射しが温かい小春日和でした。勝負の神様 赤羽八幡神社で七五三祝祭が行われていました。


Hatiman_003


Hatiman_04

 10台駐車できる境内に車が収まって、七五三を祝う家族で賑わっています。


Hatiman_02


                     .
Hatiman_03


.
Hatiman_05

 絵馬に願い事を書いて。

 晴天に恵まれ、素敵な祝い日になりました。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ