2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

壁・天井のクロス貼りは、今日で終わりそうです

Works_01

 和室は、明るい白色で統一した、洋室に変わっています。

 建物内の改装工事は、電気工事を残すだけになりました。

 その次は、外装の塗装に取り掛かります。


Works_02

 庭は、高低差がある高い部分を、後々雑草取りで危ない思いをしないように、固めました。

 さらに、土止めのブロック塀には、新しく4ヵ所に控壁を取り付けました。

 このあたりは、武蔵野台地の北のへりになります。

 岩盤が固いので、今までに崩れた様子はありませんでしたが、念の為、安全を重視しました。
 

 庭は、おいおい、レンガブロックを敷き詰めて、花を植えたり、鉢を置いたりするつもりでいます。

 現在、庭造りのアドバイスをいただける方を求めています。

 いろいろなご意見をお教え願いたいと考えています。

 どうぞ、よろしくお願い致します。


 

玄関の土間が出来ました

Works_03

 トイレを少し広げて、土間も以前より大きくなりました。

 少しづつ進んでいます。


Works_02

 庭に、やはり植えたいと考えているアジサイ。

 増やすべく、咲き終えてから、株分けなどを学んでいます。


Works_01

 柿の幹を切って、切り株のようになった木片は、有効利用できそうなので、残しています。

玄関扉を交換しました

Doors_02

 油断をすると、雑草が生えてきていました。それは、さておき。


House_01

 それまでの玄関の扉は、手前に開けるドアでした。

 開けると、私道の右手の階段をふさぐようになっていました。


Doors_01

 新しく片方に引く、引き戸に変えました。まだ、ダンボール紙がかぶさっています。

 これで、奥隣の方々の通行に支障がなくなりました。

線路の枕木、赤羽緑道公園が引き込み線の跡地だった名残です

Woaks_01

 解体した土地の端の所に、枕木が土留めとして使われていました。

 赤羽緑道公園は明治期に、陸軍板橋兵器庫が稲付に設置された時、陸軍兵器補給廠専用線として使われていました。
 その後引き込み線は、細長い公園として整備されました。

 枕木は、当時の沿線に住む人達に記念に譲られたのでしよう。


Woaks_02

 線路を留めるクギです。


Woaks_03

 花壇の土留めにも使われていました。

工事は順調に

Works_001

 昨日で解体工事と、瓦礫の片付けは終わって、 ぽかんと開いたような広場だけが残っていました。

 土留めの塀を白く塗って、 「ここで、カフェをしようよ」、「地中海風の白い建物風になるし、パラソルを置けば、出来上がりだよ」と言う、仲間もいました。

 やるべきことがあるので、そんなに簡単ではありませんが、嬉しいです。


Works_002

 同時に、建物の1階の玄関、トイレ、和室をフローリングにする作業が始まっていました。

 内装の工事に約1月ぐらい掛かります。

 ほぼ順調に進んでいました。

建物解体状況とアマリリス

Garden_01

 朝は日が差していました。徐々に曇り空になって、午前11時あたりから、ポツリポツリと雨が落ちてきました。

 花が大好きな お隣の庭に咲いていたヒガンバナ科の大輪の花、アマリリスです。
 
 手入れが良いので、とても見事に咲いていました。


Garden_02

 しばらく、民家の再生が続きます。

 建物は、かなり片付いてきました。後、数日で、解体作業は終わりそうです。

 ここは、庭になります。

いよいよ工事が始まりました

Works_01

 雨の予報が後にずれて、午前中は、いい天気でした。

 構想から約12年、その間に心臓の病気をして、少し回復し、またやる気になるまでに、かなりの時間が経っています。

 具体的にこの場所に決まってからは、おおよそ1年が過ぎていました。

 赤羽台三丁目、桐ヶ丘体育館と、高い木々が並ぶ赤羽緑道公園に近い、段差のある静かな住宅街です。

 私道の奥に隣同士の二軒の古い民家、その一軒を解体して庭になります。

 チョウや小鳥が集まるように花を植えて。アゲハチョウの仲間のアオスジアゲハの飼育を考えていました。


Works_02

 この建物は、しっかりとしていました。

 充分に使えますので、和室をフローリングに変えたり・・・。

 そして、赤羽に住んだり、通ったり、学んだりする・・・人達と一緒に、

 新しい何かを探したり、昔からある大切なものを残したり、技術を伝承する場所にしていきたいと思っています。
 
 赤羽駅周辺の喧騒とした所から離れて、自然のすばらしさを感じられる、居心地のいいところにしたいと考えています。

雑草との戦いの日々と、土蜘蛛 ( つちぐも ) と

Kominka_01

 桜の花を写しに荒川に出かけているすきに、雑草は一気に勢力を伸ばしていました。


Kominka_02

 暇があれば雑草取りに行かなくては・・・。


Tutigumo_01

 塀の下に、最近はめったに見かけなくなった筒状の土蜘蛛 ( つちぐも ) の巣が二つありました。

 赤羽緑道公園に隣接しているので、生き物が多いからでしょう。


Tutigumo_02

 細い袋をそっとつまんで持ち上がると、土の中に埋まっていた袋の端が出てきます。その中に土蜘蛛が隠れています。 子供の頃、そんな遊びをしていました。土蜘蛛には、とても迷惑なことです。

小さなテーブルとイス、水槽など、備品をいただきました

Goods_01


 店を閉められた方より、いくつかの備品をいただきました。

 小さなテーブルとイスは、始めは学習塾で使い、次に書道教室で使われて、巡りめぐってやってきました。有効利用で三代目になります。

 水槽は、蝶の飼育用に。


Goods_02


 バケツに入った砂利は、庭の通路に敷きます。

 いただいた品々は、大切に使います。ありがとうございました。

 建物のリフォーム工事は、今月の下旬にやることに決まりました。

 のんびりと、マイペースです。

「Dream Gardens Across America」 が届きました

Dream_gardens_01


 庭をどのようにしようかと、随分と悩んでいました。

 雑草取りが苦手なので、一面をタイル敷にして、植木鉢で植物を集めようかなど、安易な考えばかりになっていました。

 「Better Homes and Gardens Dream Gardens Across America」 を見ていたら、そんな思いは、とっくに過ぎ去っていました。

 時間が掛かっても、ワクワクするような楽しい庭にしたい。そんな気持ちに変わっていました。

無料ブログはココログ