2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

日本テレビ ヒルナンデスで、赤羽の町、伊勢屋、種屋が紹介されていました

Akabane_02

 昨日17日、火曜日の放送です。「平野ノラの昭和レトロ散歩」で、赤羽の町、伊勢屋、種屋を訪れていました。

 昭和34年創業、和菓子の伊勢屋です。だんご、いなりずし、赤飯が美味しいです。


Akabane_01

 店頭のショーケースの上に、真空管ラジオが置いてありました。


Akabane_03

 この真空管ラジオに携わっています。ツマミが壊れてしまったようで、修理をしないと。


Akabane_04

 お菓子の種屋は、創業70年。駄菓子が豊富です。赤羽中央街商店街の本店で、奥さんです。


Akabane_05

 店頭に、60年前から現役の10円ゲームが数台並んでいます。平野ノラさんは、夢中で遊んでいました。

テレビ東京 「朝の ! さんぽ道」で、赤羽の種屋が紹介されていました

Aabane_01

 今週は、旅人金子貴俊さんが、赤羽のディープなスポットを散歩していました。

 駄菓子屋 種屋の店頭のレトロゲームで当たりを当て、さらにスーパーボールも当てたり。


Aabane_03

 駄菓子屋 種屋の2階には、店主の石井社長が剣舞の道場・誠紀流を主宰していました。


Aabane_0

 子供たちにまじって、金子貴俊さんも一振り。

日本テレビ「PON ! 」で、ほんのりとした赤羽を案内していました

Akabane_01
 
 住みたい街で、人気の街4位になった赤羽の街。「いま幸せですか?」と聞いていました。
 創業が明治。タバコの藤屋さんです。


Akabane_02

 銘菓処越村さんは、創業90年。


Akabane_03

 おなじみ、団子の伊勢屋さん三代目。

 のんびりと、ほんのりとした街の紹介でした。


赤羽八幡神社 青年総代の十三代委員長に選ばれた、小鮒ネーム刺繍店・赤羽店、鈴木社長

Kobuna_01

 創業60年。オリジナル刺繍・かけはぎの専門店小鮒ネーム刺繍店・赤羽店は、平成26年1月に現在の場所に移転しました。
 JR赤羽駅北改札口を出て 東口に、左折して線路に沿ってバス通りを進むと約4分、左側にあります。
 多くのメディアに出ていました。最近は、漫画家清野とおる「 東京都北区赤羽 増刊号3」、BS-TBS 「夕焼け酒場」などで紹介されています。


Kobuna_02

 右が三代目の店主鈴木社長。真ん中が奥様、左が四代目の息子さんです。
 鈴木社長さんの趣味は、紅葉とケヤキの盆栽です。十年来続けていました。
 さらに、鈴木社長さんは、赤羽八幡神社 青年総代の十三代委員長に選ばれました。今年は二年に一度、赤羽の町を神社神輿の渡行が行われる年で、その指揮を執ります。今年の例大祭でも活躍されると思います。
 奥様の趣味は、自宅の庭でバラ・ダリア・アジサイなどの花の育てることです。淡い色の花が好きだそうです。
 四代目の息子さんは、食べ歩きとお酒が好きで、イタリアン・ローストビーフ、煮物・蒸し料理などの料理を作ることはお手の物です。


Kobuna_032

 壁に掛けてあったのは、初代が手縫いの刺繍です。つがいの鶏と、「秋晴れや 田ご野は 黄ばみ 人忙わし」の書が縫われていました。素晴らしい出来でした。


Kobuna_04

 機械式の縫製機がズラリと並んでいました。学校・企業からまとまった注文にも対応しています。


Kobuna_052

 40年使っているシンガー製のミシンは、今も現役です。
 このお店とのお付き合いは、20代の頃、小学館 ビッグコミック オリジナルの何かのマークを刺繍してもらった時からです。手縫いの名前の刺繍は出来が素晴らしいです。

 前に書いた 赤羽一番街、小鮒ネーム刺繍店の鈴木社長は刺繍の技術と、幇間芸の才能の持主です 、を合わせてお読みください。

喫茶店ブラジルで使っていた、思い出のレジスターが修理を終えて戻ってきました

Regi_01

 日本ナショナル金銭登録機、昭和2年頃の製品です。製造されたのは89年前です。何しろ大きいし、重いしで、台車に乗せて移動しています。重たいのは盗難防止のために、中に石の塊が入っているからです。
 欠けていたインチのネジ、ポップアップする数字板、割れていたガラス、緩んだコイルスプリングなどが修理されて戻ってきました。 
 引き出しの裏側に、型式番号 N7240 と書いてありました。


Regi_02

 丸い金額のボタンの下に、nationalの文字が擦り切れていました。数字の単位は、銭と円です。


Regi_03

 両替のポップアップする文字です。外装は、塗り直しをしないことにしました。

 赤羽一番街商店街、コーヒーの美味しかったブラジルという喫茶店で、十分に仕事をしてきた証です。
 店を閉められる時に譲りうけました。思い出の品です。

 JR赤羽駅から赤羽一番街商店街に入って、中程の右側に喫茶店ブラジルはありました。ご主人と二人の息子兄弟のお店でした。
 コーヒーのほかに、手作りのサラダパンとハムパンが美味しくて昼時に通っていました。
 弟さんと、和菓子屋の伊勢屋の店長さんとは釣り仲間で、東京湾あたりにアジ・白ギスなどを釣舟で出かけていました。思い出はつきませんが・・・。
 

赤羽一番街商店街、昔懐かしい床屋さん イトウ理容店は、惜しまれながら閉店しました

Itou_01


 赤羽小学校正門前で、昭和45年からご夫婦で頑張っています。創業から46年が経ちました。
 
 父親は建築の仕事していましたが事務職に移り、ご主人は、その父親から技術を実につけるように勧められて理容学校に学び、卒業後は築地で5年の修行をしました。


Itou_02

 心機一転、自ら進んで大坂・神戸で3年の修行を積み、現在のイトウ理容店を開業しました。

 関西では、東京とは整髪の仕方に違いがあって、東京は髪の毛の下のほうから切っていきますが、関西では上からとまったく反対です。
 うなぎのさばき方でも、腹開きと、背開きの違いがありますが、おもしろいものです。

 同じく理容学校で学んで、卒業して文京区本郷で10年勤められた奥様と、お見合いをして一緒になりました。

 新潟で生まれ育った奥さんの趣味は、カタクリ、八重桜などの花を見ることと、園芸です。今も店頭に娘さんから母の日にもらったマーガレット、キイチゴ、バラ、アジサイ、スミレなどの鉢が置かれています。


Itou_03

 昔懐かしい店は、藤田まことが出演していた「はぐれ刑事純情派」の撮影に使われました。

 お店は開店からの常連さんが来られています。

 ※平成28年10月末日、ご主人の体調を考えて、惜しまれながら閉店しました。


葬儀・墓石の相談なら仏壇仏具の法輪堂に

Hou_01

 仏壇仏具の法輪堂は最近、東本通り沿いに店舗を移しました。都営バス、豊島五団地行 「赤羽二丁目」バス停が前にあります。地下鉄南北線 「赤羽岩淵」駅より徒歩3分の所です。


Hou_02

 取り扱いは、仏壇、仏具、お線香、位牌、念珠などの在家用具に加えて、各宗派の天蓋などの寺院用具です。宗派の成り立ちなどに詳しくてお寺のご住職に信頼がありました。


Hou_03

 ご主人の伊藤様は、老舗仏具店に勤め、経営・営業を学び、昭和51年に赤羽中央街商店街に店舗を持って独立しました。
数年後には、赤羽一番街商店街・シルクロードに移動して長く商いをしてきました。赤羽に腰を据えて40年になります。

 仕事で関西に出かける時など、京都では仏具を調達した後で本山に参拝し、阿弥陀如来・弥勒菩薩・阿修羅像などの仏像を見たり、奈良の薬師寺などで古仏の彩色、形、台座を見るのが楽しみですと語っていました。

 仏教の知識の豊富さと世話を焼くことが好きな性格で、お客様方から信頼を得ています。

 バイタリティーが溢れている、ご主人の趣味は旅行で、国内海外に時間を割いては訪ね歩いています。
 旅行はトラブルがつきものですが、それがかえって勉強になって面白いと言っていました。本人曰く"旅の道楽人"です。

 旅行好きの知識は、商店街の旅行の企画をしたり、添乗員のようにアドバイスしたりと、先輩や仲間から喜ばれていました。

 仏壇仏具の法輪堂  
 東京都北区赤羽1-32-11  営業時間 午前10時~午後6時 
 定休日 火曜日  TEL/FAX 03-3902-5527
 


 

赤羽西口 隠れ家的で落ち着いた雰囲気の美容室 Belu ベル

Belu_01

 赤羽の繁盛している美容室に勤めていたオーナ様が、スタッフと共に新しい店を始めました。

 店の名前はBeluです。Bene 元気 + Luogo 場所 を表しています。

 赤羽駅西口から徒歩2分。赤羽幼稚園の南側にありました。

 駅前からは横道を入った、隠れ家的で落ち着いた雰囲気のある、新築戸建です。
 

Bele_01

 1階フロアー

Bele_03

 2階フロアー

 若いオーナー様の温もりのあるおもてなしに、応援したいと思います。

 美容室 Belu 電話 03-5948-4225
 東京都北区赤羽西1-39-4 リーブルⅢ
 営業時間 午前10時~午後8時  定休日 火曜日 第2・4水曜日
 http://hair-design-belu.com/

 


香りの良い桜餅は、赤羽一番街 伊勢屋に

Iseya01


 そろそろ桜はまだかなと考えながら歩いていて、赤羽一番街の伊勢屋の前を通りかかったら、ありました桜餅が。

 いつもなら、赤飯とお稲荷さんに、甘辛団子を買うのですが、今日は桜餅にしました。


Iseya01


 聞いて見たら、桜餅の葉は、西伊豆で長期間塩漬けした桜の葉を使っています。長命寺桜餅で使われているのと同じです。香りが良いのはそのせいでした。

 そして、あんこは北海道羊蹄山のそばで作られた小豆を使用しています。素材を大切にしていました。

 庶民の味を維持しながらも、いい仕事をしていました。

 伊勢屋は、赤羽一番街とすずらん通りの二店舗あります。
 塩大福が、みんなが選んだ北区の名品・北区の名品ガイド30選vol.2に選ばれていました。

赤羽宝幢院、節分の豆まきの舞台を作っていた二人は

Houdou2015013001

 数日前から豆まきの舞台が作られていました。


Houdou2015013003

 作っているのが、左から高橋さんと半田さんのお二人です。元石井材木店で働いていた大工さん。職人です。

 慣れた手つきで、こつこつと作業が続けられていました。

 赤羽八幡神社第二区の神酒所設営の時も、建て方をしていました。近所の住民の憩いの場を作る作業現場で、よく見かけます。

 行事の建築に欠かせない方々です。いつまでもお元気でいてください。


Houdou2015013002

 平成27年2月3日に、真言宗智山派 医王山宝幢院の除災与薬 節分会が行われます。

 午後3時より本堂にて智山勤行式を行い、お護摩を焚き皆様の除災与薬を祈念します。

 午後4時より年男の方々による豆まきが行なわれます。

 今年から舞台の形状が変わりました。横に広がって受け取る方々の安全に配慮します。

 また、大人と子供達の場所の区分をして、怪我の無いように対応しています。


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ