2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

別冊歴史読本 「池波正太郎読本」

Ikenami_01

 ぶらりと古書店に入って見つけました。

 「剣客商売 五」を読み返していましたので、気分転換の購入です。

 池波正太郎の人柄に、少し触れたいと思っていました。

シトロエン2CVの雑誌 3冊

 めっきり寒さに弱くなりました。
 この冬の寒さはかなり厳しくて、気温が10度を下回る日は、外出を控えています。


Citroen_2cv_01


 最近、イギリスから取り寄せた、シトロエン2CVが表紙になっていた古い雑誌 3冊です。

 左からCUSTOM CAR 1975年3月号、 PRACTICAL CLASSICS 2018年1月号、 CLASSIC CAR MART 2010年 春号でイギリスで発行されていました。
 車の修理・改造を楽しんでいる雑誌で、日本車のDATSUN 240Z、MAZDA RX-7 MK1、TOYOTA MR2 MK1、HONDA NSXなど6台が載っていまるものもありました。

 シトロエン2CVは、大学を卒業した夏、ヨーロッパを旅していた時のことです。
 フランスと隣接する国々の街中を普通に走っていました。

 その時、愛らしいデザインに魅せられて、ファンになって、
 たまたま見つけた雑誌を、懐かしくて思わず買ってしまったのです。

曇り空の北区立中央図書館に

Books_01

 赤レンガ倉庫を改装・増築して作られた北区立中央図書館。
 寒さにめげず、自転車で出かけました。昨日より10度ぐらい寒いです。
 雑誌のバックナンバーを借りてきました。


Books_05>

 ターシャ・テューダーが表紙の「私のカントリー」、見ているだけで楽しくなります。


Books_06

 「週末DAY・・・のドゥーパ」のバックナンバーです。

 おとうさんが頑張る。

 赤羽緑道公園 ガーデン コート の庭造りに、とても参考になりそうです。

村上世彰 「生涯投資家」を読みながら

Murakami_01


 暮れに買って、正月休みに読んでいた本の1冊です。

 若い世代で、1億を超える資産を持っている層が増えているそうです。

 そのひとつに、株価の価格上昇が寄与しているといわれています。

 私がこの本に関心を持ったのは別の理由で、

 心臓の影響で、体が動きにくくなった ことがあります。

 まだ、思考力は少々ありますので、生涯現役でいられる仕事を追い求めて生きたいと考えていました。

東洋文庫ミュージアム「大♡地図展 古地図と浮世絵」に

Toyobunko_03

 風が穏やかで、気温も上がっていました。

 常設展では、解体新書、マルコポーロ 東方見聞録の年代別 各国版などが見られますが、

 伊能忠敬没後200年&歌川広重没後1560年にあたり、古地図と浮世絵の展示でした。


Toyobunko_05

 ミュージアムショップで、ブック型のケースに入った紅茶を見つけました。

 高さ12cmのケースは、飲んだ後に本棚に飾りたいと思います。

切手の博物館 「フクロウと仲間たち」 展に

Stamps_01

 切手の博物館には、夢中で切手を集めていた時期があって、時々訪れています。

 可愛らしく、親しみが感じられるフクロウは、世界中の切手に、たくさん描かれていました。


Stamps_02

 フクロウ切手 ザ・ ベストテンにも投票してきました。


Stamps_03

 3階で、「切手の博物館のクリスマス」が25日まで開催。

 世界のクリスマス切手やカードの販売、デザイナーがデザインしたクリスマス小型印4種が押印できます。

小春日和に 学習院大学 「学び舎の乃木希典」に

Tokugawa01

 風もなく、空は澄み渡っていました。
 友人の自宅から、紅葉がきれいな尾張徳川邸の前を過ぎて、目白駅に向かって歩いていました。
 目白通りでは、有吉弘行と若槻千夏が散歩の撮影をしていたところ、とすれ違いました。


Gakusyuin_02

 学習院の西門から入り、北2号館1階に。


Gakusyuin_01

 資料館展示室で、平成30年度秋季特別展 「学び舎の乃木希典」 を見てきました。
 今年は、明治が始まってから150年。
 明治40年、明治天皇から深い信頼を得ていた乃木希典が、第10代院長に就任しました。
 乃木希典が、学習院で使用した品、在任中に皇室から下賜された品、旧蔵の書籍、直筆の書などが展示されています。
 誠実な人柄は、司馬遼太郎が 『坂の上の雲』で描かれた、乃木希典とは違っていました。


Gakusyuin_03

 血洗いの池、
 赤穂浪士の一人堀部安兵衛が、高田馬場の決闘で叔父の仇を討った際、この池で刀を洗ったことから名づけられました。


Gakusyuin_04

 木漏れ日の中に、

            
Gakusyuin_05

 池の周りは舗装されていません。
 今の時期は、イチョウ ( 銀杏 ) が落ちていますので、足元に注意してください。

ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 上

Millennium_01


 活字を見ていないと落ち着かないし寂しいし、そこで池波正太郎の歴史小説、『鬼平犯科帳』、『仕掛人・藤枝梅安』、『剣客商売』を、何度もぐるぐると読み返していました。

 推理小説で面白いものを探して、
 『ミレニアム ドラゴン・タトーの女』 の、DVDを見ているうちに、
 『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女 上』 を読んでみる気になりました。

 作家のスティーグ・ラーソンが亡くなって、ミレニアム4は、まったくの別物という書評に、読むことをためらっていましたが、とうとう買ってしまいました。

 リスベット・サランデルも活躍しそうで、楽しみです。

ターシャ・テューダー 「 喜びは創りだすもの 」

Books_01


 バーモント州の山奥に、50代からはじめた庭造り。

 アメリカの著名な絵本作家であり、すばらしい庭を造りあげた、ターシャ・テューダーの本とDVDです。

 NHKで何度か放送されていましたが、未公開映像が付いていました。


 素敵な言葉・・・                 .
 「見応えのある庭にするには、最低でも12年はかかります。」

 「わたしは、たいてい、種子から育てますが、苗を買ったときは、3カ所に植えてみて、
 いちばんよく咲いた所でふやすの。ガーデニングのコツね。」

 「毎年、春は奇跡だと思うわ。」

 そして、 「 喜びは創りだすもの 」

 

日経PB社 「林原家 同族経営への警鐘」

Books_03


 古書店の店頭で見つけ、以前から気になっていた本でしたので、購入しました。

 優良企業と言われていた同族企業が破綻したことは、衝撃的でした。

 医薬品、食品の原料メーカー、岡山県の超優良企業はどのようにして、そうなってしまったのか。

 気を引き締めて読んでいます。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ