2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

徳島製粉㈱のカップメン、金ちゃんラーメンと金ちゃんラーメン ちゃんぽん

Kinchan-01
徳島製粉㈱のカップメンといえば、金ちゃんヌードルです。
沼津で仕事をしていた時に見つけて、以来ファンになりました。
保温のために容器が二重構造になっていて、思いやりがあります。
残念なのは、関西から静岡県までは普通にありますが、関東ではなかなか見かけないことです。


Kinchan-02
そこで、静岡方面に出かけた時に見つけました。金ちゃんラーメン しょうゆ味。


Kinchan-03
屋台で流すチャルメラ風です。


Kinchan-04
さらに、金ちゃんラーメン ちゃんぽん ( 海鮮じたて )。


Kinchan-05
これも屋台風でいい味わいです。

養老 孟司センセイと猫のまる

ネコメンタリー 猫も、杓子も。「養老センセイと“まる”鎌倉に暮らす」が、
去年の3月と5月に放送されて、その面白さに引き込まれ、うっかりi録画するのを忘れてしまい、再放送される日を楽しみに待っていました。


Neko-01
解剖学者、馬鹿の壁などの作家である養老 孟司先生と猫のまる。
そっとして欲しい時は離れ距離を置いて、声をかけても見向きもしない。
餌が欲しい時、遊んで欲しい時は、そばによって来て、猫なで声をかけてくる。
日常の何気ない風景に癒されてしまいます。


Neko-02
どすこい座りする猫のまる。
よく「犬派ですか、猫派ですか」と聞かれると、それまではどちらかというと犬のほうが好きでしたが、
この放送を見てから猫派に確定してしまったようです。
このシリーズはこの後、何人かの作家を放送していますが、養老 孟司センセイと猫のまるが一番でした。


 

すっきりとしたデザインの真空管ラジオ、Arvin 451-TL

Arvin-451tl-01
1950年代に製造されたアメリカ製の真空管ラジオ、Arvin 451-TLです。電圧117ボルト、中波 ( AM ) 専用です。
保存状態が、良くてきれいでした。

Arvin-451tl-02
向かって左のツマミは、電源のオン・オフと音量調整です。 

Arvin-451tl-03
右のツマミは、周波数の調整用で、放送局を選局します。 

Arvin-451tl-04
裏側。 

Arvin-451tl-05
MT管の真空管が5本 ( 12BE6、12BA6、12AT6、50C5、35W4 ) の 5球スーパーです。
スピーカーのリード線がエナメル線でした。心配なのですぐに取り替えました。

Arvin-451tl-07
真空管の下の方に朱色でJAPANと書かれていました。
製造時からなのか、途中で取り替えられたのかは分かりませんが、日本製の真空管が付いていました。
技術者の方に修理をしていただいて、良い音が出るようになりました。

真空管ラジオの大半は、お世話になった方々にお贈りしています。
この機種も、いつかどなたかの元にあるかも知れません。

早稲田実業学校時代の仲間五人とラインを始めました

Line-01
早稲田実業学校、中等部・高等部で一緒に学んだ仲間五人と、年に数回集まります。
昨日、北は赤羽から南は横浜までの中間地点、大井町で。
アルコールは抜き、ホテルの飲食店で昼食を食べながら語り合いました。
段取りは、ツーリスト勤務だった まとめ役が難なくこなしてくれて、私は時間調整だけで助かっています。
その一人が、連絡をするのにラインが便利だから使おうということになり、
設定をしてもらって、ライン デビューしました。
70歳の いい仲間達です。


 

ヒガンバナが咲く頃、秋の彼岸の入り

Arakawa-01_20190920111101
清々しい秋晴れの荒川に。 

Arakawa-04_20190920111101
土手にヒガンバナ。

Arakawa-05_20190920111001
 モンキチョウと。

Arakawa-02_20190920111101
青水門と空。 

Arakawa-07_20190920111001
タテハチョウの仲間ヒメアカハタテハ 。

Arakawa-06_20190920111001
 キチョウは水分補給中。

Arakawa-03_20190920111101
赤水門と青い空。 

Arakawa-08_20190920111001

菖蒲田辺りで虫取り。

野菜の買い出しに、JA花園 農産物直売所に

Hanazono-01
曇り、時々小雨が降ったり、晴れ間が見えたりとにぎやかな天気です。 

Hanazono-02
新鮮な地元の野菜が欲しくて、道の駅 はなぞの の隣、JA花園 農産物直売所に。
最近は、月に一度のペースで行っています。

Hanazono-03
温室は、この暑さで花が少なく、何も買えなくて。

Hanazono-04
昼食は、JA花園 農協直売食堂で、もりそばを食べました。 

Hanazono-05
食券を買ってテーブル席で待っていると、番号で呼び出しがあります。
時々は食べたくなる素朴な味で、くせになる美味しさです。

 

修理中の REVOX (ルボックス) A77 mk3

Revox-01_20190827104201
長患いしているオープンリールデッキ REVOX (ルボックス) A77 mk3です。
基板がいたんでいたり・・・。集中治療室に入っています。


Revox-02_20190827104201
裏側です。
技術者の方々に、大変お世話になっています。

東京ディズニーランドに

Disneyland-01
雨は、東京ディズニーランドに着く頃までにやんで、晴れたり曇ったりの天気でした。


Disneyland-02
アトラクションは、ウエスターリバー鉄道、スプラッシュマウンテン、マークトゥィン号がリハブ中。
敷地内も改装しているところが多くありましたが、それなりに楽しんできました。


Disneyland-03
プーさんのハニーハント、イッツア・スモールワールド、バズライトイヤー・・・。


Disneyland-04
暗くなる前に、家族で私だけ先に帰りました。


Disneyland-05

真空管ラジオ、ナナオラ ( 七欧通信機 ) 5M-55

Nanola-01
ナナオラ ( 七欧通信機 ) 5M-55です。
大きさは、高さ 約17cm、幅 約35cm、奥行き 約13cmで、ケースはプラスチック製。


Nanola-02
PICCOLOの愛称がありました。
手元にやって来た時は、周波数の針と裏蓋が欠けて、電源も入りませんでしたが、比較的良い状態です。


Nanola-03
パイロットランプの上は、赤色でMW(中波)、下の緑色はSW(短波)の時に点灯します。
ナナオラ ( 七欧通信機 ) は、大正14年に七欧商会という名称でラジオメーカーとして発足しています。
多くのラジオをを作りましたが、昭和32年に東芝の傘下になりました。


Nanola-04
 裏蓋を作っていただきました。


Nanola-05
2バンド(中波、短波) で、真空管は5本、12BE6、12BA6、12AV6、30A5、35W4のトランスレス5球スーパーです。
シンプルなデザインが気に入っています。


 


 

金ちゃんラーメンカップしょうゆ味

Kintyan-031
徳島製粉(株)、金ちゃんラーメン カップ しょうゆ味です。カップ麺タイプは、東京首都圏の店舗で、めったに見かけません。


Kintyan-032
友人が、金ちゃんヌードルファンの私に、買ってきてくれました。


Kintyan-011
そして、 金ちゃん亭 ぶっかけうどんと、


Kintyan-02
金ちゃん亭 焼うどんです。カップ麺タイプのお土産でした。


 

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ