2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽・赤羽根の地名の訪問と、赤羽緑道ガーデンコートの庭を造っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 正文堂書店時代の思い出 谷内六郎さんと沼津市マルサン書店のしおり | トップページ | 都市農業公園のキバナコスモスとモミジアオイ »

中村好文 普通の住宅、普通の別荘 手掛けた住宅を引き渡すのが惜しくなる

Photo_20230906175601

庭の雑草取りがうっとうしくなり、雑草よけのグランドカバープランツを探していて、棚から手に取った本。
中村好文 普通の住宅、普通の別荘。

建築家中村好文氏は、
自分で手掛けた住宅が完成したとき、その家をクライアントに引き渡すのが惜しくなって
そのまま自分自身が住みたいと思うことがあるそうです。
「もしも家を手放すことになったときは、いの一番に僕に声をかけてください」と本気です。
ひょんなことから十八年前に設計した住宅を、クライアントから買い戻し所有することになった。
そんなことが書いてありました。

クライアントが雑草取りから解放される仕組みと庭造りの楽しいポイントが見つかりました。

 

 

 

« 正文堂書店時代の思い出 谷内六郎さんと沼津市マルサン書店のしおり | トップページ | 都市農業公園のキバナコスモスとモミジアオイ »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正文堂書店時代の思い出 谷内六郎さんと沼津市マルサン書店のしおり | トップページ | 都市農業公園のキバナコスモスとモミジアオイ »

無料ブログはココログ