2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽・赤羽根の地名の訪問と、赤羽緑道ガーデンコートの庭を造っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 赤羽緑道公園ガーデンコート、 庭の秘密のドアが完成です | トップページ | 友人と会う時は、お菓子の種屋の駄菓子の詰め合わせを持って »

池波正太郎 『雲霧仁左衛門』前編後編

Kumokiri-01
ほっと時間が空いた時や気分転換に、池波正太郎の『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』を順繰りに読み返して、今は『剣客商売』の十一巻を読んでいます。


最近は新しい本を買っていなかったのですが、NHKテレビで雲霧仁左衛門の再放送を見るにつけ、読んでみたくなり、文庫本『雲霧仁左衛門』前編後編の二冊を買いました。


神出鬼没で変幻自在の怪盗、雲霧仁左衛門。江戸市中で一人の殺傷もなく多額の金をを盗み出す雲霧一味。
ただ、盗賊は庶民の味方とはとても言えず。『仕掛人・藤枝梅安』よりも巻数が少ないのです。
人を殺めずに盗人をする物語を読み始めます。

« 赤羽緑道公園ガーデンコート、 庭の秘密のドアが完成です | トップページ | 友人と会う時は、お菓子の種屋の駄菓子の詰め合わせを持って »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤羽緑道公園ガーデンコート、 庭の秘密のドアが完成です | トップページ | 友人と会う時は、お菓子の種屋の駄菓子の詰め合わせを持って »

無料ブログはココログ