2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽・赤羽根の地名の訪問と、赤羽緑道ガーデンコートの庭を造っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« Casa BRUTUS 自然と暮らすスタイルブック | トップページ | 荒川、シラサギとチョウチョ »

真空管ラジオ フィリップス BF101U ( FARANDOLE )

Philips-bf101u-01
1950年 フランスで製造された真空管ラジオ、フィリップス BF101Uです。
アイボリーのケース はベークライト製。
大きさは、幅 22.5cm 高さ 12.5cm 奥行き 13.5cm 。
放送は、長波、中波、短波を受信できますが、中波放送 (AM) 専用にしています。
約70年経過して何度か修理された跡があり、配線が変っていて受信は出来ませんでしたが、
修理の出来る技術者の方に直していただき蘇えりました。 

Philips-bf101u-02
裏側です。アンテナ線をつなぎました。

Philips-bf101u-03
真空管はMT管で、UCH42、UAF42、UBC41、UL41、UY42 の5球です。 

Philips-bf101u-04
左のつまみは電源と音量調節、右のつまみは選局用。
周波数の表示に、フランス各地の地名、PARIS ( パリ ) 、M.CARLO ( モンテカルロ ) 、 NICE ( ニース ) などが書かれていました。 

Philips-bf101u-05
販売当時のチラシ。
この真空管ラジオの愛称は FARANDOLE (ファランドール)、
フランス南部のプロヴァンス地方で踊られる6/8拍子の舞曲のことです。

 

 

« Casa BRUTUS 自然と暮らすスタイルブック | トップページ | 荒川、シラサギとチョウチョ »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Casa BRUTUS 自然と暮らすスタイルブック | トップページ | 荒川、シラサギとチョウチョ »