2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 雨模様の母の庭の米桜(コメザクラ) | トップページ | 「御衣黄」にちなんだ みどりの桜もち、しっぽも一役本舗 天満屋と、真空管ラジオ E-200 »

赤羽、うなぎの美味しい店「川栄」、真空管ラジオのある風景

Kawaei-07
初代のご主人が元気だった頃から、亡き父に連れられ、家族でうなぎを食べていました。
甘い独特のたれと香ばしく焼いたうなぎ、漬物がまた美味しいです。


Kawaei-06
生ビールと焼き鳥を幾つか注文して、


Kawaei-03
そして、ほろほろ鳥の燻製と、しいたけを、


Kawaei-04
最後にうな重です。我が家にとって懐かしい味です。


Kawaei-05
真空管ラジオは、アールデコデザインの松下電器産業 (ナショナル) A-400です。
昭和26年頃に製造された、真空管はST管で5球スーパーです。
1階奥の上の棚に置いてありました。


※お願いです。
真空管ラジオは、作られてから70年以上経過しています。
メーカー保証はすでに終わり、修理の出来る技術者によって使えるようになりました。
真空管ラジオは、見るだけにして、手を触れないようにお願い致します。
また、お店の営業の邪魔にならないようにしてください。


 

« 雨模様の母の庭の米桜(コメザクラ) | トップページ | 「御衣黄」にちなんだ みどりの桜もち、しっぽも一役本舗 天満屋と、真空管ラジオ E-200 »

02.赤羽 素敵な人と店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨模様の母の庭の米桜(コメザクラ) | トップページ | 「御衣黄」にちなんだ みどりの桜もち、しっぽも一役本舗 天満屋と、真空管ラジオ E-200 »

無料ブログはココログ