2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2020年1月 | トップページ

銘菓處 越村、真空管ラジオのある風景

Koshimura-01
赤羽駅東口から赤羽一番街商店街に入って、中程辺り左側のお菓子屋さん銘菓處 越村。
創業は昭和2年 ( 1927年 ) に先代が始められました。
最近改装されて、左手に息子さんが経営しているダイビングスクールVELETA DIVING SCHOOLがあります。


Koshimura-02
粋な味のお菓子が並んでいます。


Koshimura-03
二代目のご主人様と奥様です。


Koshimura-04
素敵なお店には素敵な真空管ラジオがあります。
1950年頃に作られたMT管5球スーパー、Crosley 10-135です。
アールデコ調のシンプルなデザインです。当時の車のダッシュボードに似ていたので、ダッシュボードラジオの愛称もあります。


※お願いです。
真空管ラジオは、作られてから70年以上経過しています。
メーカー保証はすでに終わり、修理の出来る技術者によって使えるようになりました。
真空管ラジオは、見るだけにして、手を触れないようにお願い致します。
また、お店の営業の邪魔にならないようにしてください。


 

早咲きで花色が美しい河津桜にしました

Ryokudo-park-01_20200221125801
赤羽緑道公園は、散歩日和です。


Ryokudo-park-02_20200221125801
3月の初め、赤羽緑道公園ガーデンコートの庭に河津桜を植えます。
幹の直径20cm、高さ約4m。埼玉県川口市安行の園芸農家さんにお願いしました。


Ryokudo-park-03_20200221125801
庭の建物寄りに植えて、
河津桜は赤い色が濃く長く咲きます。木も大きく伸びていくのが楽しみです。
野生種の桜が、この庭に似合っていると思います。


 


 

荒川、のんびりとした昼下がり

Arakawa-01_20200218173901
晴れ間に雲が浮かんで、風は少し冷たくて、 


Arakawa-02_20200218173901
新河岸川の岩淵橋の欄干に、ユリカモメが並んで、 


Arakawa-03_20200218173901
両側に休んでいました。 


Arakawa-04_20200218173801
川向こうは埼玉県川口市。 


Arakawa-05_20200218173801
ハクセキレイのつがい。 


Arakawa-06_20200218173801
荒川にオオバン。 


Arakawa-07_20200218173801
そして、カワウ。

埼玉県川口市赤山城址に

足の不調でしばらく歩くことが出来ませんでしたが、少しづつ出かけられるようになりました。


Akayama-001
赤山日枝神社です。園芸店しばみち本店との間の細い道を入って行って、


Akayama-02
空堀の先に、赤山城址がありました。


Akayama-03
この辺りは園芸の町、安行の隣です。 


Akayama-04
梅の花が周り中で咲いていて、 


Akayama-05
紅梅と、 


Akayama-06
白梅。

気功と整体の赤羽療術センター、真空管ラジオのある風景

Yagihara-0001
時々 鳥のさえずりが聞こえてくる荒川と新河岸川の近く、赤羽三丁目の静かな住宅街に、気功と整体の赤羽療術センターがあります。


Yagihara-01
テニススクールのコーチを長年にわたって務めてきた八木原 暢泰(ヤギハラ ノブヒロ)さんが施術をしています。
関節と筋肉のつながりに精通され、スポーツ選手も通っていました。
私は、体の疲れのもみほぐしと、偏平足からくる膝の痛みで治療を受けています。


Yagihara-02
真空管ラジオは、昭和26~27年頃のシャープ( 早川電機工業 ) SR-280Mです。
真空管はST管で、6W-C5、UZ-6D6、6Z-DH3A、UZ-42、KX-80BKの5球と、マジックアイEZ-6E5です。
素敵なデザインで、昭和の三大名機の一つといわれています。


※お願いです。
真空管ラジオは、作られてから50年以上経過しています。
メーカー保証はすでに終わり、修理の出来る技術者によって使えるようになりました。
真空管ラジオは、見るだけにして、手を触れないようにお願い致します。
また、お店の営業の邪魔にならないように気をつけてください。

立春の赤羽自然観察公園に

Akabane-nature-park-01
曇りがちの空、肌寒いです。 古民家の周りを散歩しました。 


Akabane-nature-park-02
ふるさと農家体験館の中に大勢集まって、何かにぎやかです。 


Akabane-nature-park-05
古民家の裏手のスイセンが、待ち焦がれる春を感じさせていました。 


Akabane-nature-park-03
カルガモのつがい。 


Akabane-nature-park-06
ヒヨドリの若鳥のようです。 


Akabane-nature-park-04

やわらかな光が降りそそぐ荒川に

Arakawa-03_20200201131801
新荒川大橋。


Arakawa-02_20200201131801
その橋の上から富士山が見えて、 


Arakawa-01_20200201131801
荒川は川を抜ける風がありますが、穏やかです。


Arakawa-04_20200201131801
カワウがいて、


Arakawa-05_20200201131801
葦の中でにぎわかなスズメ。 


Arakawa-06_20200201131801


Arakawa-07_20200201131801
荒川をゆっくり進んでいたボート。 


Arakawa-08_20200201131701
新河岸川を上がっていくカヌー。
どこからやってきたので・・・しょう。

« 2020年1月 | トップページ

無料ブログはココログ