2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園、赤羽小学校、早稲田実業学校中等部・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津市のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北医療センターで、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2018年9月 | トップページ

埼玉県北足立郡伊奈町 「紡ぎの家 大島 cafe BLANCO」 に

 曇り空に、時折薄日が差していました。

 現在、古い民家の再生をしていますので、規模は違っても参考になることがあるのではと、出掛けました。


Cafe_blanco_01

 JR.「大宮」駅から、ニューシャトルに乗って「羽貫」駅で下車。徒歩15分とのことですが、少しオーバーして。
 今日は道に迷うことはありませんでした。


Cafe_blanco_02

 郊外の住宅と畑の中を歩いて、この辺かなと見ながら、入り口の看板です。


Cafe_blanco_03

 大きな敷地の中に、母屋。
 ここは、NHKテレビ「ふるカフェ系 ハルさんの休日」で、放送されていました。


Cafe_blanco_04

 入り口は、母屋の少し先の井戸の横から。


Cafe_blanco_05

 お昼ちょっと前です。店内は女性客でいっぱいです。
 豚しゃぶと豆腐のサラダうどんと、コーヒーをいただきました。


Cafe_blanco_06

 庭を見て。


Cafe_blanco_07

 帰りは、「伊奈中央」駅に向かいました。

じゅうたんのクリーニングが終わりました

Living_01

 1月半掛かって、じゅうたんのクリーニングが終わり、戻ってきました。


Living_02

 居間に敷き詰めると、趣が増して、落ち着いた雰囲気になりました。

 この部屋の、飾り棚、テーブル、イス、そしてじゅうたんも頂き物です。

 古い民家の再生・リフォームで、多くの方々のご厚意を受けていました。

 大切に使わせていただきます。ありがとうございました。

荒川のセセリチョウとシジミチョウ

Arakawa_011

 今日も荒川に。


Arakawa_012

 うららかな日です。


Arakawa_015

 新荒川大橋近くの花壇です。


Arakawa_014

 セセリチョウ。


Arakawa_013

 良く見るとジェット機のような羽をしていますが、近場をちょこちょこと飛びます。
    

Arakawa_016

 シジミチョウ。

秋色に変わり始めた荒川の桜、チュウサギ、モズ

Arakawa_001

 青空に雲が低く漂っていました。荒川赤羽桜堤緑地、ソメイヨシノの桜並木です。


Arakawa_002

 秋の陽ざしに桜の葉が色づいていました。


Arakawa_003

 荒川から水を引き込んでいる浅瀬で、くちばしが黄色いチュウサギが水の中をのぞいています。


Arakawa_004

 足で土をゴソゴソとして。


Arakawa_005

 クチバシを水の中に一気に差し込んで、小魚のようです。口にくわえていました。


Arakawa_006

 行ったり来たりしていた、落ち着かないモズ。

赤羽の地名を訪ねている赤羽紀行、埼玉県さいたま市西区指扇を更新しました

 古民家カフェ VIA と、atelier Mado (アトリエ マド) を追加しました。


Via_002

 古民家カフェ VIA は、さいたま市荒川サイクリングロードの土手を越えて、野球グランドを南に隣接した森の中にありました。 


Via_005

 ロードバイクファンが集まるカフェです。


Via_001

 埼玉産ポークのメンチカツサンドとカフェオレをいただきました。


Sashiougi_01

 atelier Mado (アトリエ マド )は、静かな住宅街の中にありました。営業は、日曜、月曜、火曜の週三日です。


Sashiougi_02

 玄関では、お店の方にお迎えをしていただきました。 店内はフランスの小物が飾られ、落ち着いた雰囲気です。


Sashiougi_03

 ランチに、野菜がたっぷりのキッチンガーデン。
 もともとのギャラリーを、「食事が出来たら良いのに」と言われて、そうなってしまったようです。
 西区のカラーを、アジサイの青と決められた時の、女性の前市長様と仲良しのようでした。

 埼玉県さいたま市西区指扇には、赤羽根の地名がありました。
 全国の赤羽・赤羽根の地名を旅している 赤羽紀行と、埼玉県さいたま市西区指扇赤羽根 をご覧ください。


真空管ラジオの講演の準備で、自由が丘のカフェ ラジオプラントに

Radio_001

 2018年10月27日(土) 午後1時~2時
 横浜市栄区、庄戸中学校コミュニティハウス の図書室で
 「~見て楽しみ、聴いて楽しむ~ 懐かしの真空管ラジオのお話」
 と題した講演を、させていただくことになりました。
 会費は無料で、先着20名様です。どうぞ、ご参加してください。
 お待ちしています。
 詳しくは、 コミュニティハウス便り 89号 をご覧ください。

Radio_plant_01

 その準備として、昼過ぎ頃に、自由が丘のカフェ ラジオプラントに再度訪れました。
 音楽好きのお客様が先客として食事をとりながら聴き入っています。

Radio_plant_02

 オーディオ好きのご主人様と奥様で切り盛りしているカフェです。
 音楽関係の本と、オールディーズが流行っていた頃のラジオが棚に並んでいました。


Radio_plant_03

 ランチにホットサンドをいただいてから、
 音楽を真空管ラジオに飛ばすAMトランスミッタについての話をお聞きしました。
 仕組みは理解出来ましたが、製作するには講演までには間に合いそうにありません。
 音の温かさには少し欠けますが、今回はスマホからイヤホンコードを接続することにしました。

 いろいろなアドバイスいただきまして、ありがとうございました。

赤羽緑道公園 ガーデン コート、建物の塗装は

 塗装した建物の水色と白い縁取りは、とても気に入っていますが、当初考えていた色とは違っていました。

 散歩道の両側に高い木々が続く赤羽緑道公園に合わせて、壁面は木肌の色、縁取りは、濃い緑色でした。その方が落ち着くと考えていました。


Sand_cafe_01

 建物の水色と白い縁取りは、5年ほど前に出かけた、千葉県南房総市千倉町の「サンドカフェ」と同じ色でした。


Sand_cafe_02

 ゴールデンウイークに、家族四人で行った時の清々しい記憶が、心の片隅に残っていたんだと思います。


Sand_cafe_03

 カレーを食べて、隣のデッキシューズで、ガラスの浮きを買いました。


Sand_cafe_04

 「道の駅道の駅ちくら 潮風王国」の「散歩カフェ」も見てきました。濃い水色が素敵でした。


Sand_cafe_05

 タイドプールの海岸に立って、遠くを見ていました。

 その頃から、こんな色合いが望みだったのでしょう。


« 2018年9月 | トップページ

無料ブログはココログ