2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園、赤羽小学校、早稲田実業学校中等部・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津市のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北医療センターで、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 秋の彼岸の荒川に | トップページ | 部屋の中が落ち着いて »

さいたま市西区指扇 古民家カフェ VIAに

Via_007

 曇りの予報でしたが、少し雨が降った後に雲を少し残して、秋晴れになりました。

 埼京線「指扇」駅から、徒歩で16分ぐらいの所でしたが、いつものことで、道に迷って回り道です。


Via_008

 土手の道を通るのは、サイクリングをする人ばかりで、グランドで野球の練習を終えた高校生たちが、私をOBと間違えたのか、「オス」と挨拶するので、私もつられて「オス」と返していました。 
 ここは、北区赤羽岩淵の赤水門から荒川をさかのぼると、約30kmの上流です。


Via_009

 モンシロチョウ。


Via_0092

 彼岸花。


Via_006

 古民家カフェ VIAは、さいたま市荒川サイクリングロードの土手を越えて、野球グランドを南に隣接した森の中にありました。


Via_002

 建物の右側が入り口です。


Via_005

 午前11時半頃に着いて、ロードバイクファンが八人ほど。

 ハンドルを引っ掛けている木を見ていると、小学生だった頃に見ていた「ローハイド」を思い出して、馬の手綱を撒く木のように見えてしまうのは、歳のせいでしょうか。


Via_001

 埼玉産ポークのメンチカツサンドとカフェオレをいただきました。


Via_003

 庭に白い馬。


Via_004

 奥に、本物の馬がいました。

 埼玉県さいたま市西区指扇には、赤羽根の地名がありました。
 全国の赤羽・赤羽根の地名を旅している 赤羽紀行と、埼玉県さいたま市西区指扇赤羽根 をご覧ください。


« 秋の彼岸の荒川に | トップページ | 部屋の中が落ち着いて »

04.全国の赤羽を探して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/67192488

この記事へのトラックバック一覧です: さいたま市西区指扇 古民家カフェ VIAに:

« 秋の彼岸の荒川に | トップページ | 部屋の中が落ち着いて »

無料ブログはココログ