2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園、赤羽小学校、早稲田実業学校中等部・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津市のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北医療センターで、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 今朝の荒川 | トップページ | 彼岸花の咲く頃 »

さいたま市西区指扇 「アトリエ マド(atelier Mado)」に

Sashiougi_04

 昨日からの雨は上がっても、空は雲に覆われていました。
 大宮駅西口から、西遊馬行、川越グリーンパーク行のバスで、「東五味貝戸」下車して、徒歩約3分。

 「アトリエ マド」は、静かな住宅街の中にありました。


Sashiougi_01

 営業は、日曜、月曜、火曜の週三日なので、会社の休みにあわせて出かけます。


Sashiougi_02

 玄関では、お店の方がお迎えをしていただきました。

 店内はフランスの小物が飾られ、落ち着いた雰囲気です。


Sashiougi_03

 ランチに、野菜がたっぷりのキッチンガーデン。

 もともとのギャラリーを、「食事が出来たら良いのに」と言われて、そうなってしまったようです。

 西区のカラーを、アジサイの青と決められた時の、女性の前市長様と仲良しのようでした。


Sashiougi_05

 食事の後は、庭に。


Sashiougi_06

 良く手入れがされた木々。


Sashiougi_07

 ブランコのようなベンチに。 女性客が足しげく通うお店です。

 埼玉県さいたま市西区指扇には、赤羽根の地名がありました。
 全国の赤羽・赤羽根の地名を旅している 赤羽紀行と、埼玉県さいたま市西区指扇赤羽根 をご覧ください。

« 今朝の荒川 | トップページ | 彼岸花の咲く頃 »

04.全国の赤羽を探して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/67157397

この記事へのトラックバック一覧です: さいたま市西区指扇 「アトリエ マド(atelier Mado)」に:

« 今朝の荒川 | トップページ | 彼岸花の咲く頃 »

無料ブログはココログ