2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 「道の駅 はなぞの」に、野菜の買出し、花と植木を見に | トップページ | 梅雨が明けた荒川に、モンシロチョウとネムノキ »

真空管ラジオ、もうひとつのシャープSR-280

Sr280_01


 昭和のラジオの名機と言われている、シャープSR-280型は、マジックアイの付くSR-280Mと、付かないSR-280があります。

 さらにSR-280Mは、フロントマスクを編んだ模様の金属で覆われています。

 このラジオは、SR-280で、編んだ模様の金属の替わりに、サランネットと呼ばれる生地で覆われていました。

Sr280_02


 サランネットの状態が悪くて、いろいろと探して、紺色 大島紬の生地に取り替えたら、

 意外と合って、落ち着いた雰囲気になりました。


« 「道の駅 はなぞの」に、野菜の買出し、花と植木を見に | トップページ | 梅雨が明けた荒川に、モンシロチョウとネムノキ »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/66882269

この記事へのトラックバック一覧です: 真空管ラジオ、もうひとつのシャープSR-280:

« 「道の駅 はなぞの」に、野菜の買出し、花と植木を見に | トップページ | 梅雨が明けた荒川に、モンシロチョウとネムノキ »

無料ブログはココログ