2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 埼玉県さいたま市西区指扇の氷川神社とcafe upperwest に | トップページ | 春を思わせる暖かさの荒川に »

宝石箱のような真空管ラジオ Crosley 10-135

Crosley_01

 1950年頃の ダッシュボード スタイル、ベークライトケースの真空管ラジオ、 Crosley 10-135です。磨かれた宝石箱のようなアールデコデザインです。
 スーパーヘテロダイン、5球スーパーで、バンドは、MW ( 現在のAM )。
  左のツマミが、オン・オフとボリュームで、右が周波数用です。


Crosley_02

 真空管はST管、12BE6 12BA6 12AV6 50C5 35W4の5球です。
 ヒューズが付いていませんでした。
 ( この時代の真空管ラジオの中には、仕様でヒューズが付いていものがありました。)

 修理を終えて、現在は素敵な音が出ています。


Crosley_03

 スイッチをオンにしても、電源が入っているのか音が出てくるまで分からないので、青色のLEDをつけました。


« 埼玉県さいたま市西区指扇の氷川神社とcafe upperwest に | トップページ | 春を思わせる暖かさの荒川に »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/66371821

この記事へのトラックバック一覧です: 宝石箱のような真空管ラジオ Crosley 10-135:

« 埼玉県さいたま市西区指扇の氷川神社とcafe upperwest に | トップページ | 春を思わせる暖かさの荒川に »