2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 飾り棚をいただけることになりました | トップページ | 寒くて訪れることが無理な時期は、資料を集めに »

川越市立美術館に「小村雪岱」を見に

Komura_01

 空が高く澄み渡り、気温も上がっていました。ほんのりとした心地よさです。

 川越生まれの装釘・挿絵の小村雪岱、生誕130年 小村雪岱 「雪岱調」のできるまでを見てきました。

 「おせん」を見ていると、作風が鈴木春信の美人画 『絵本青楼美人合 』 にそっくりでした。
 鈴木春信が生きた江戸時代を描きたかったのでは、と思います。


Komura_02

 色づけした作品より、「おせん」、「おせん 傘」、「お伝地獄」など、黒の単色の方が生き生きと感じられました。素晴らしい作品を見られて、嬉しいです。


Kawagoe_02

 川越市役所までバスに乗って川越市立美術館に行き、帰りは、蔵造りの町並みを歩いていました。時の鐘です。


Kawagoe_01


                     .
Kawagoe_03

« 飾り棚をいただけることになりました | トップページ | 寒くて訪れることが無理な時期は、資料を集めに »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/66407395

この記事へのトラックバック一覧です: 川越市立美術館に「小村雪岱」を見に:

« 飾り棚をいただけることになりました | トップページ | 寒くて訪れることが無理な時期は、資料を集めに »

無料ブログはココログ