2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« リフォームの構想が固まってきています | トップページ | 皆既月食で、お月様が赤くなって »

真空管ラジオ 蘇ったZenith (ゼニス) T825

Zenith_t825_1

 浅草の骨董店で音楽を奏でていたゼニスT825。 円錐形の真ちゅう色のグリルに魅せられていました。60年以上前に作られた真空管ラジオです。


Zenith_t825_2

 やって来たゼニスT825は、動作しませんでした。
 回路は、H725とほとんど変わりませんが、わずかに円錐形の丸みを帯びたスピーカーグリルが使用されています。

 サイズは、約横幅39cm×奥行き22.5cm×高さ24cmで、スーパーヘテロダインで、日本の5球スーパーと同じ方式でした。

 真空管は、6BJ6 6AB4 12AT7 12BA6 12BA6 12AU6 19T8 35C5のMT管8球を使い、AM とFM放送が聴けます。


Zenith_t825_3

 コンデンサー、セレン整流器 (青色 ) などの消耗部品の取り換え、FMの周波数が日本とは違うので、アンテナ線コイルの交換、サビを落としたり、金属部分はメッキしたり、難しい修理でしたが素晴らしい仕事をしていただきました。
 
 大きなスピーカーから良い音が出て、懐かしさを感じさせています。 輝くようなラジオになりました。修理をありがとうございました。 

 

« リフォームの構想が固まってきています | トップページ | 皆既月食で、お月様が赤くなって »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/66312670

この記事へのトラックバック一覧です: 真空管ラジオ 蘇ったZenith (ゼニス) T825:

« リフォームの構想が固まってきています | トップページ | 皆既月食で、お月様が赤くなって »

無料ブログはココログ