2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2017年11月 | トップページ

真空管ラジオ Admiral (アドミラル) 5X13 N

Admiral_01

 アメリカ製、 Admiral (アドミラル) の真空管ラジオです。プラスチィックケースで1949-1951年頃に作られました。

  電源は、117ボルト、周波数帯はMW (現在のAM)です。


Admiral_02

 真空管はGT管で、12SA7 12SK7 12SQ7 50L6GT 35Z5GTの5本を使用しています。

 サイズは、幅約28.5cm 奥行約16cm 高さ約17cm、コンパクトで可愛いラジオです。

 コンデンサー、配線、電球、プラグなどの消耗品を交換し、ヒューズも取り付けて、使える状態になりました。


Admiral_03

 唯一変更したのは、周波数盤の針が見にくいので、青いLED電球で光らせました。実用本位です。

 日本と電流の規格が違うので、真空管が温まるのに時間が掛かりますが、温まれば普通に良い音が出ていました。

 真空管ラジオへの思い。
 昭和30年前後から生産された普及型の真空管ラジオは、すでに50年の年月をを越えています。
 使わなくなってから、押入れや倉庫の隅で過ごしてきた時間の方が、長くなっていたのではないでしょうか。
 たまたま手にした真空管ラジオは、そのデザインや、真空管が温まって音が出るまでの数秒間が、のんびりとした良き時代を思い起こしてくれました。
 すべて使えるように修理して、生かし復活させることが私の役目かなと考えています。
 そして、そのほとんどは手元を離れて、今までお世話になった方々の所にあります。


不忍池あたりに

Sinobazunoike_02

 仕事を済ましてから、不忍池を歩きました。気温は冷たいのですが、穏やかで暖かく感じました。


Sinobazunoike_01

 ユリカモメの群れが一休みです。


Sinobazunoike_06

 不忍池弁天堂のそばに、冬桜が咲いていました。


Sinobazunoike_04

 ヒドリガモ(緋鳥鴨)です。


Sinobazunoike_05


                 .
Sinobazunoike_03

風が穏やかな荒川に

Arakawa_06

 澄み渡る空に、午後の陽射しは暖かく、小春日和でした。


Arakawa_07

 桜の最後の紅葉は、妹背(イモセ)桜です。京都、平野神社にある桜が発祥です。


Arakawa_01

 葦の向こうに鉄道の橋。


Arakawa_02

 オオバンです。休んでいたところを起こしてしまったようです。


Arakawa_03

 川向こうの川口市。


Arakawa_04


                .
Arakawa_05


休憩をしていたら、ジョウビタキが飛んで来ました

Garden_01

 家を覆うように長く伸びた木の枝、残りを切り落として、すっきりとしました。
 枝を乾燥させてから、さらに細かく切ります。


Birds_01

 一休みしていた時に、ジョウビタキが飛んで来ました。
 いつものカメラを持ってこなかったので、スマートフォンで撮りましたが、写りはそれなりです。


Birds_02

 羽に白い斑点がありましたので、雄です。

清水屋酒店に小山酒造・丸眞正宗の酒粕が入荷していました

Sake_01


 楽しみに待っていました。丸眞正宗、酒粕の販売は、少し遅くなったようです。

 母は、酒粕を火であぶって食べるのが好きで、私は甘酒にして飲むのが好きです。


 

 

 

スーパームーン

Moon_01


 月が大きくて明るく輝いていました。夜中の0時頃は空の真上でした。

小春日和の、赤羽自然観察公園とスポーツの森公園に

Nature_park_01

 午後2時過ぎです。風がないと日射しは暖かでした。そして、日が陰り、暗くなるのも早いです。


Nature_park_07_2

 モミジの紅葉です。

Nature_park_02

 暖かな色合いです。
                

Nature_park_03


.
Nature_park_04


.
Nature_park_05


.
Nature_park_06

 丸いドングリは、子供達が遊んだ名残りです。


誠文堂新光社 「おとなの工作読本 ラジオ少年の時代」

Radio_books_01


 2002年10月発行。電気製品の修理に詳しい方からいただいたきました。

 誠文堂新光社、科学教材社、「子供の科学」、「初歩のラジオ」・・・、懐かしい名前がありました。

 鉱石ラジオ、トランジスタラジオなどのキットを買うのに小遣いを貯め、何度も直しながら、アンテナの指向性を考えたり伸ばしたり、放送が聞こえてくるのを楽しみにしていた時です。

 詩人、翻訳家の谷川俊太郎さん、真空管ラジオのコレクションに目を見張りました。自宅の棚一面にアメリカ製のカラフルなプラスチックラジオが並んでいました。

 泉 弘志先生の中綴じ、絵と文による 「1ーic・1トラ AMバラック・ラジオ」の回路図は、嬉しさがこみあげてきました。
 月刊誌の「子供の科学」、「初歩のラジオ」には、泉 弘志先生の中綴じが付いていて、そのいくつかを作って楽しみ、大事にしまってありました。

 昭和の時代に、工作に夢中になっていた自分がありました。それを思い起こしてくれた一冊でした。ありがとうございました。
 
 その当時のラジオの深夜放送に、TBSラジオの『パックインミュージック』。
木曜担当、野沢那智と白石冬美の二人。面白くて必ず聞いたり、共に泣いたりしたり、ラジオが全盛の良い時代でした。

« 2017年11月 | トップページ

無料ブログはココログ