2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2017年9月 | トップページ

日本テレビ ヒルナンデスで、赤羽の町、伊勢屋、種屋が紹介されていました

Akabane_02

 昨日17日、火曜日の放送です。「平野ノラの昭和レトロ散歩」で、赤羽の町、伊勢屋、種屋を訪れていました。

 昭和34年創業、和菓子の伊勢屋です。だんご、いなりずし、赤飯が美味しいです。


Akabane_01

 店頭のショーケースの上に、真空管ラジオが置いてありました。


Akabane_03

 この真空管ラジオに携わっています。ツマミが壊れてしまったようで、修理をしないと。


Akabane_04

 お菓子の種屋は、創業70年。駄菓子が豊富です。赤羽中央街商店街の本店で、奥さんです。


Akabane_05

 店頭に、60年前から現役の10円ゲームが数台並んでいます。平野ノラさんは、夢中で遊んでいました。

雨上がりの母の庭に

Mamas_01

 数日寒さが続いていました。花が無くて殺風景です。


Mamas_04

 でも、僅かにムクゲが。


Mamas_06

 花ではないけど。


Mamas_05

 玄関脇の鉢に。


Mamas_02

 柿は、もう少しで食べられます。鳥はつついていました。


Mamas_03

 みかんは、まだ酸っぱそう。

真空管ラジオ サンヨー SS-70W

Radio_01

 サンヨー SS-70は、昭和33年頃製造の5球mt管トランスレス真空管ラジオです。
 製造後、約60年が過ぎて、入手したラジオは、ケースが大きく割れ、裏蓋も無く、かなり悲惨な姿をしていました。
 それでも、フロントマスク (正面)とツマミは、きれいな姿を残しています。
 そこで、正面以外の部分をバッサリと切り取り、外箱を木製に作り直しました。
 サンヨー SS-70WのWは、Woodで、木を現しています。

 手がけていただいたのは、天使のラジオを修復していただいた技術者の方です。素晴らしい出来栄えでした。


Radio_02

 裏蓋も手作りです。


Radio_06

 大きな丸い表示板と真中のマジックアイのデザインが素敵です。


Radio_04

 木製のケースに収まって、見た目もすっきりしていました。実用本位なので、これも有かなと思います。


Radio_05

 大好きなラジオです。大切にします。

赤羽・赤羽根の地名の旅、埼玉県さいたま市西区指扇赤羽根を更新しました

 全国の赤羽・赤羽根という地名を探して訪ねています。初めて訪れたのは1992年1月、群馬県館林市の赤羽の次に見つけました。 そして、現在は、86ヶ所目になりました。

Hananooka_03

 大宮花の丘農林公苑は、赤いサルビアが鮮やかでした。


Hananooka_02
                       

                        .
Hananooka_04

 青いサルビア。

                   
Hananooka_05

 コスモス。


Hananooka_06


                  .
Hananooka_07

 コスモスにアカタテハチョウ。

 埼玉県さいたま市西区指扇に赤羽根の地名があります。全国の赤羽・赤羽根の地名を旅している 赤羽紀行 と、埼玉県さいたま市西区指扇赤羽根 をご覧ください。

すじ雲が流れる空 荒川に

Ara_01

 朝晩は涼しくなりましたが、昼間は暑さが戻ってきました。


Ara_02

 荒川赤羽桜堤緑地のソメイヨシノは、


Ara_03

 ほんのり、色付いていました。


Ara_04

 白いペンキを、ハケでさっと掃い たようなすじ雲。


Ara_05

 ツツツツ・・・と早足のハクセキレイ。


Ara_06

 セイタカアワダチソウに、タテハチョウ科ツマグロヒョウモン。
 

Ara_07

 水辺にアオサギ。

秋の夜長に 鬼平犯科帳

Books_01

 めっきり日の差す時間が減り、なんとなく寂しさを感じる季節です。

 去年までは、藤沢周平一辺倒でした。光と影、風景の描写が気に入っていました。

 暮れ前に友人から、池波正太郎が面白いと聞き、それ以来、はまっています。

 『仕掛人・藤枝梅安』は、二度読み返し。

 『剣客商売』を読む時は、同じ年齢に達した今に、わが身を当てはめて、身にしみる思いでした。

 『鬼平犯科帳』は、13巻目になり、筋書きが豊富 多種多彩で、読み飽きることがありません。
 悪を懲らしめる火付盗賊改方・長谷川平蔵の心温まる判断を、心地よく読んで、楽しんでいます。

 おりしも、浅田次郎 『プリズン・ホテル』が、テレビ放送が始まりました。しかし、本で読むほうが想像力が深くなるので、活字が好きです。

旧古河庭園の秋バラ 2

Rose_garden_011

 昨日の続きです。


Rose_garden_012

 貫禄のある美しさ、クレオパトラです。


Rose_garden_010

 鮮やかなオレンジ色が変化する、リオ・サンバ。


Rose_garden_014

 上品なオレンジ色、カトリーヌ・ドゥヌーブです。


Rose_garden_016

 クリスチャン・ディオール。ゴージャスな赤色が魅力的です。


Rose_garden_015

 万葉。オレンジがかった淡い杏色です。


Rose_garden_013


               .
Rose_garden_008

 紅色の花の縁にローズピンクが広がる、朝雲。
 見頃は続いています。


旧古河庭園の秋バラ 1

Rose_garden_005

 「秋のバラフェスティバル」が始まりました。バラの開花状況は、五部咲きぐらい。しばらく楽しめます。
 洋館の手前に、白い、ヨハネ・パウロ2世。


Rose_garden_007

 スヴニール・ドウ・アンネフランク。オレンジ色の花が、モモ色や黄色に変化していきます。


Rose_garden_006

 サーモンオレンジからサーモンピンクに色が変わる、ソニア。


Rose_garden_001

 クリームイエローのガーデン・パーティ。優しさがただよっています。


Rose_garden_003

 強い香りのある、カリフォルニア・ドリーミング。


Rose_garden_004

 鮮やかなオレンジ色のローラ。


Rose_garden_002

 クリームイエローのバニラ・パヒューム。落ち着いた雰囲気です。


Rose_garden_009

 きらり。鮮やかな朱赤の絞りが、ローズピンクとクリーム色に変化します。

 明日に続きます。

母の庭のバラ、柿、みかん、レモン

Mathers_garden_01

 昨日の夜から降り出した雨は、今朝までにはやみました。空は雲が覆っています。

 玄関脇のバラです。3本咲いていました。


Mathers_garden_02

 シジミチョウです。


Mathers_garden_03

 柿が色付いて。


Mathers_garden_04

 みかんは、まだ青く、雨のしずくが残っています。


Mathers_garden_05

 すっぱそうな レモンです。

うろこ雲が空高く

Sora_01

 うろこ雲が空高く、浮かんでいました。


Sora_02

 この雲の見える次の日は、雨模様になるそうです。


Sora_03

 赤羽緑道公園の、イチョウの葉が黄色く色付いていました。
 


今日は 中秋の名月

Moon_01

 今日は中秋の名月 (十五夜)です。南の空高くに、雲の隙間から見えました。

 まだ少し欠けています。満月は、六日です。

平成29年 赤羽八幡神社の七五三祝祭は、11月5日 ・12日です

Hatiman_01

 赤羽八幡神社の七五三祝祭は、11月5日(日) ・12日(日) 午前10時から午後3時まで行われます。
 当日は予約なしで、お申込み順に本堂の右手で受け付けます。この日以外の日を予定している方は、赤羽八幡神社社務所に予約をしてください。
 駐車場は、坂を上がった境内にあります。10台位駐車できます。


Hatiman_003
 

                      . .
7_5_3_02

 みんな揃ったら記念撮影です。

Hatiman_03


                    .
Hatiman_02
             .                    .

             .
7_5_3_04

 絵馬に願い事を書いて。

秋の陽の荒川に

Arakawa_01

 朝晩がめっきり涼しくなってきて、日が陰ると上着が欲しくなりました。朝8時台の荒川です。


Arakawa_02

 荒川を川上からカヤックが下ってきました。


Arakawa_03

 そばをボートが通り抜けて、波は大丈夫。


Arakawa_04

 いつもの浅瀬にシラサギです。


Arakawa_05

 赤ツメクサにタテハチョウ科のツマグロヒョウモンの雄です。


Arakawa_06

 シジミチョウ科のヤマトシジミ。


Arakawa_07
 
 セセリチョウ科のチャバネセセリです。


Arakawa_08

 赤水門の近くの桟橋。

« 2017年9月 | トップページ

無料ブログはココログ