2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

サルビアとコスモスとバラ、埼玉県大宮市西区「大宮花の丘農林公苑」に

Hananooka_01

 秋らしい、さわやかな気候になりました。鉢で作られた人形がお迎えしています。


Hananooka_02

 赤いサルビアが鮮やかでした。


Hananooka_03

 見頃です。
                       

Hananooka_04

 青いサルビアも。

                   
Hananooka_05

 そしてコスモス。


Hananooka_06


                  .
Hananooka_07

 コスモスにアカタテハチョウ。


Hananooka_09

 バラ園で、ぽちぽち咲いていました。


Hananooka_08

 カルガモ。

 埼玉県さいたま市西区指扇に赤羽根の地名があります。全国の赤羽・赤羽根の地名を旅している 赤羽紀行 と、埼玉県さいたま市西区指扇赤羽根 をご覧ください。

キンモクセイ (金木犀) の香る清水坂公園

Simizu_01

 曇り空です。清水坂公園の南側に甘い香りが漂っています。


Simizu_02

 オレンジ色の花びらと濃い緑色の葉っぱ、キンモクセイでした。


Simizu_03

 ニシキギの赤い紅葉。


Simizu_04

 広場は、元気な子供たちでいっぱいです。
 そろそろ、運動会の季節です。


猪苗代湖畔からの贈り物

Fukusima_01


 花を育て、土を耕すことが大好きな、ペンションのオーナー H 様から大きなダリアが届きました。

 ほとんど一人で、ペンションを切り盛りしています。

 磐梯山の麓に移り住んで、何年も経ちました。

 海外のミステリー系出版社の役員から心機一転、自然の中で暮らす夢を実現した方です。

 最近出掛けたのは、およそ1年前の青い空がきれいな秋。

 美味しいワインを用意して、迎えていただきました。

 その時にお贈りした、古い時代のラジオが、「宿泊されたお客様に、良い音が出るので、とても感激されました」と、ご報告いただきました。 とても、嬉しいです。

 

 

 

 

秋の彼岸、赤羽宝幢院で 写経の会が行われました

Houdou_01

 雨は朝方早くに上がりました。薄日が少し射すぐらいの曇り空で、秋らしい気候です。


Houdou_02

 午前10時、客殿で、彼岸に慰霊と復興に向けての写経の会が行われました。ご住職と共に「般若心経」を唱和して、写経が始まりました。


Houdou_03

 書いた写経は、赤羽宝幢院の総本山、京都 智積院に納経されます。


青い空に白い雲 赤羽スポーツの森公園、田圃で稲刈りをしている赤羽自然観察公園に

Nature_p_01

 赤羽スポーツの森公園。空が高く澄み渡り、箒で掃いたような白い雲が流れていました。


Nature_p_02

 青い空に白いムクゲ。


Nature_p_03

 サッカー練習場です。 
 

Nature_p_04

 赤羽自然観察公園の古民家前の田圃で稲刈りをしていました。


Nature_p_05

 それぞれの小学校が自分たちで、植え育てた稲です。


Nature_p_06


                          .
Nature_p_07

 彼岸花 (曼珠沙華) です。

本に囲まれて、紫陽花が咲く庭に

 本に囲まれた家が理想です。庭には、青い紫陽花を植えます。

House_01

 玄関を入ると台所に、その奥は浴室です。壁紙を交換して、床をフローリングにして・・・。


House_02

 和室の畳もフローリングにして・・・。


House_03

 少し見上げる位置に、紫陽花を植えて・・・。

 今やることは、こつこつと雑草を刈ることです。

青空が戻って、荒川から富士山が見えます

Ara_01

 台風18号に影響された秋雨前線の雨も、朝早くにはあがって、気温が30度を超える陽気になりそうです。 朝八時台の荒川です。


Ara_02

 JRの橋りょうの遠くに、秩父連峰の山々が望めました。


Ara_03

 ほんのりと赤富士ならぬ黒富士です。風が吹き抜けていたので、新荒川大橋の上から見えました。


Ara_06

 グランドで野球。


Ara_04

 荒川から引き込んだ池の辺りに、カニがいました。ベンケイガニのよう。


Ara_05

 いつもの所で小魚を探しているシラサギです。

池波正太郎 「剣客商売 十五 二十番斬り」

Ikenami_01

 めまいが襲ってきて、意識がはっきりしているのに、体が言うことを利かなくなっている。

 体を鍛錬してきた小兵衛にも、体の変化が訪れてきた。歳をとったということ。

 しかしこの後、剣客にとって二十番斬り、になる大きく長い仕事が、やってくることになります。

 時代が大きく変わる時、読み応えのある長編でした。 


 あと一巻で、「剣客商売」を読み終えます。

 そして、途中まで読み進んだ、『鬼平犯科帳』に戻ります。
 
  

都市農業公園、日本綿の花と実と蝶々

Toshi_01

 足立区 都市農業公園の入り口の前に、コスモスが咲いていました。


Toshi_09

 荒川を行きかう船。


Toshi_03

 日本綿の花です。


Toshi_04

 そして、白い日本綿の実がなっていました。


Toshi_02

 タテハチョウ科のヒメアカタテハ。


Toshi_05

 シオカラトンボ。


Toshi_06

 キタテハチョウ。


Toshi_07

 モンシロチョウです。


Toshi_08

 古代米の稲穂が、黄金色でした。


夏が戻った荒川、白い雲と彼岸花(曼珠沙華)とシラサギと

Arakawa_02

 暑さが戻った荒川です。


Arakawa_01

 青空の下は、ヨメイヨシノの桜堤です。葉が青々としています。


Arakawa_03

 土手に、彼岸花(曼珠沙華) が咲いていました。


Arakawa_05

 少しですが、白花曼珠沙華もありました。


Arakawa_06

 揃って。
                       
Arakawa_07

 白い夏雲が湧いている赤水門と手前の桟橋に、
 釣り糸をたらして、東京湾から隅田川を上ってくるハゼを待っています。


Arakawa_08

 対岸の川口市のゴルフ場です。 青い空に白い雲、ヒマラヤスギ、素敵な風景です。


Arakawa_09

 シラサギの仲間のダイサギです。クチバシも羽もすっかり冬模様です。
 小魚を上手く捕まえていました。

ドライブは懐かしい曲を、庄野真代と徳永英明

Skyline_001

 日産自動車スカイライン200GT 平成13年式のテールランプです。
 モデルチェンジの車がすでに発表されていましたが、最後期の車が、僅かに残っていました。
 すっきりとしたデザインが気に入っています。以来、大きな故障、事故も無くて・・・重宝しています。 

 将来、買い換えるとすれば、電気自動車の走行距離がさらに伸びてからにするか、
 あるいは、エンジンを外し、モーターを取り付けて電気自動車に改造する手もあります。


Songs_02

 庄野真代、「飛んでイスタンブール」、「モンテカルロで乾杯」・・・など、十八番にしていた曲でした。


Songs_01

 徳永英明のボーカリスト3です。

 「恋におちて」、「桃色吐息」、「わかれうた」・・・、気になる曲、「まちぶせ」が入っています。

 女性が歌う曲ですが、歌ってみたい曲がありました。

 窓をしっかり閉めて、車の中で歌の練習です。

赤羽の地名探しの旅、宮城県石巻市月浦赤羽根 前谷地赤羽根をUPしました

Isinomaki_01

 訪れた季節は梅雨、重い雲が立ち込めていましたが、一時は晴れ間も見えました。その後は、小雨が降ったりやんだりの天気でした。


Isinomaki_05

 旧萩浜小学校の周辺で、リボーンアート・フェスティバル 2017が開催されていました。


Isinomaki_03

 月浦、旧萩浜小学校のバス停から先の主要地方道石巻鮎川線を挟むように赤羽根の地名がありました。ほぼ山林です。


Isinomaki_06

 主要地方道石巻鮎川線沿いに、素適なツリーハウスがありました。


Isinomaki_07

 前谷地にミヤコーバスのバス停、赤羽根です。仮設の赤羽根団地がありました。


Isinomaki_08

 シラサギを田んぼで見ました。


Isinomaki_02

 パンセ石巻本店は、人気のパン屋さんです。


Isinomaki_09

 夏季限定のニクキュウパン (上の二個) です。

 赤羽・赤羽根の地名を訪れている赤羽紀行の、宮城県石巻市月浦赤羽根 前谷地赤羽根 をご覧ください。

荒川と新河岸川が交わる 隅田川の始まる辺り

Arakawa_01

 荒川 (右手) が青水門を越えて、新河岸川 (左手) と交わる所から、隅田川 (手前) となって東京湾に流れて行きます。


Arakawa_02

 この辺りは、海までおおよそ20Kmの地点です。


Arakawa_03

 マメ科の多年草、ムラサキツメクサにキタテハチョウ。


Arakawa_04

 モンキチョウです。


Arakawa_05

 ヒメアカタテハ。


Arakawa_06

 セセリチョウの仲間、チャバネセセリです。

少し遅いアサガオの開花

09072

 我家のベランダのアカガオに花が咲きました。
 去年の朝顔市でいただいた鉢から種を取っておき、蒔いたのが7月の終りでした。


09071

 ジャパンブルーといわれる、標準的な藍色です。素朴な色が気に入っています。

暑さも一段落しましたので、様子を見てきました

House_01

 一日降ったりやんだりで、小雨が落ち着いたのを見計らって出掛けたのですが、帰りに少し降られてしまいました。

 2年ほど空家状態でしたが、時々は換気に来たりしています。


House_012

 雑草はありましたが、隣に住む元気で良く気が付く方が、時々雑草などを刈ってくれていましたので、なんとかきれいでいられました。

 「蚊がまだいるので、そのうちに片付けてあげるよ」と言われて、嬉しいです。大変感謝しています。

真空管ラジオ、ナショナル BX-730

Bx73001

 昭和28~29年頃に製造された、ナショナルの真空管ラジオです。トランス式、MT管5本で構成されています。


Bx73002

 コンパクトにまとめられた、扇形の周波数のパネルがシンプルで魅力的です。


Bx73003

 60年近く経過した真空管ラジオは、コンデンサー、ゴム部品、コード、配線などが傷んでいました。
 修理をしていただいて、良い音で音楽を聴けるようになりました。
 お気に入りの1台です。


のどかな陽の荒川に

Ara_01

 午前8時頃の荒川の土手です。爽やかな風が吹いていました。
 ランニング、スポーツ自転車が行きかっています。


Ara_02

 荒川赤羽桜堤緑地の桜ソメイヨシノ、左に新河岸川が流れています。


Ara_03

 この時間に、グランドで野球が始まっていました。


Ara_05

 青水門。一瞬、モアイ像に見えたりして・・・。


Ara_06

 ツメクサにモンキチョウ。


Ara_07

 きれいな迷彩柄のようなツマグロヒョウモンです。


Ara_04

 そして、赤水門です。


 

母の庭のムクゲと、大人のぬり絵ブック

Mothers_01

 秋めいて涼しくなってきました。風が心地よく吹いています。
 母の庭に、花は少なくなっていました。


Mothers_03

 ムクゲです。長く咲いています。


Mothers_02


                 .
Mothers_05

 母は色鉛筆とサインペンで、大人のぬり絵に色付けをしていました。花の模様や。


Mothers_04

 幾何学模様に。上手く描けていました。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

無料ブログはココログ