2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« アマチュア無線、JA1SHW 様とお会い出来ました | トップページ | 池波正太郎 「剣客商売」を読んでいます »

真空管ラジオ ナショナル BL-620が蘇りました

Bl620_03

 修理に二人、塗装に一人、二年掛かりで修復が終わりました。

 一昨年の夏の暑い頃、寂しげな姿をした大型の真空管ラジオBL-620ですが、落ち着いた雰囲気に惹かれて、どうにかなるさと軽い気持ちで購入しました。

 思っていたより修理がはかどらず、再度の修理までに一年が過ぎていました。


Bl620_01

 さらに一年、最近になって外箱の塗装が完成しました。三人の技術者による成果です。
 マジックアイの輝きがきれいで、往年の姿に戻りました。


Bl620_023

 7インチのスピーカーに、Hi Fi 仕様、ST管6球から出る音は素晴らしいです。
 三人の技術者の方々のお陰です。とても感謝しています。

 この真空管ラジオは、2018年4月、横浜市のコミュニティハウスにお贈りしました。

 ※真空管ラジオの修理でお世話になっているK様より、より詳しく教えていただきました。
 昭和30年の大卒初任給が11,000円。国家公務員が8,700円の時代に、小売価格が19,800円で発売されました。
 Hi-Fi 高感度、高周波1段増幅の6球スーパーです。
 ・・・情報をありがとうございました。


 

 

 

« アマチュア無線、JA1SHW 様とお会い出来ました | トップページ | 池波正太郎 「剣客商売」を読んでいます »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真空管ラジオ ナショナル BL-620が蘇りました:

« アマチュア無線、JA1SHW 様とお会い出来ました | トップページ | 池波正太郎 「剣客商売」を読んでいます »

無料ブログはココログ