2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 裾野市の友人宅 裏庭で たけのこ掘りに | トップページ | 赤羽自然観察公園に鯉のぼり »

センチュリー21の研修でいただいたバッチの思い出

Centry21

 先日、「センチュリー21のフランチャイズに加盟しませんか」と店にたずねて来られて、思い出しました。
 センチュリー21の加盟店に勤めていた20数年前の頃です。

 株式会社センチュリー21・ジャパンの元代表取締役社長 三津川 一成氏が、伊藤忠商事株式会社から出向して担当をしていました。

 24~5名が、四つのグループに分かれて、不動産業の法律、業務、営業などの教育・訓練(トレーニング)、週5日、半日の研修を受けて、その日の最後に試験がありました。 合格点を取るとテレホンカードが貰えました。

 そして最終日、総合の最高点を取った人に与えられたのが、No.1バッチでした。
 Put Number1 to work for you.. CENTURY・21 と読めます。
 それから数年を経て独立しました。

 直前に受けた宅建の試験勉強の成果が反映してか、研修では高得点を取れました。
 しかしそれは、イコール仕事が出来ることではありません。 そのあたりは重々理解をしています。
 頑張れば、私にでも出来る。その体験を忘れずにいたいと思っています。

« 裾野市の友人宅 裏庭で たけのこ掘りに | トップページ | 赤羽自然観察公園に鯉のぼり »

11.私の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/65156430

この記事へのトラックバック一覧です: センチュリー21の研修でいただいたバッチの思い出:

« 裾野市の友人宅 裏庭で たけのこ掘りに | トップページ | 赤羽自然観察公園に鯉のぼり »

無料ブログはココログ