2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 地元 北区豊島の江戸玉川屋 | トップページ | 赤羽幢院の南高梅の花 »

真空管ラジオ シャープ SR-280M

Sr280m_01

 一目見てデザインが気に入ってしまいました。シャープ製SR-280M、丸い周波数表示に一目ぼれです。


Sr280m_02

 昭和27~28年頃の製造で、真空管は味わいのある形のST管です。6WC5、UZ6D6、6ZDH3A、UZ42、KX80HKとマジックアイ・EZ-6E5を使っています。


 入手したラジオは、配線がボロボロになって、ツマミは真っ黄色に変色していました。
 それを、こんなにもきれいにしていただきました。素晴らしい修理をありがとうございました。

 修理をお願いした方は、1台目を修理済みで販売されていたのを譲っていただいた時からで、それからこれで3台目になりました。充分過ぎる位に注意を払ってしていただいている修理は安心です。


Sr280m_03

 電源を入れて、真空管が温まるまで待ちながら、周波数を合わせ、音量を調節する。
 緑色に輝きだすマジックアイと心地いい音が心に響いてきました。

 手元に残すのは1台だけで、それ以外はお世話になった方々に、お礼としてお贈りしてしまいます。

« 地元 北区豊島の江戸玉川屋 | トップページ | 赤羽幢院の南高梅の花 »

12.真空管ラジオの愉しみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/65018392

この記事へのトラックバック一覧です: 真空管ラジオ シャープ SR-280M:

« 地元 北区豊島の江戸玉川屋 | トップページ | 赤羽幢院の南高梅の花 »

無料ブログはココログ