2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 暖かな先勝の日に赤羽宝幢院 節分会・豆まきが行われました | トップページ | 立春が過ぎた赤羽自然観察公園に »

正文堂の創業から100年目になりました

Books_01

 この本は、吉祥寺で、行列が絶えない「羊羹」と「もなか」を製造販売する「小ざさ」の本です。
 店の成り立ちの苦労を、次の代を任せる長男・次男に読んでもらいたくて買いました。
 
 私の店の成り立ちは、先々代が大正6年に赤羽小学校の正門の近くで個人経営の文房具店、正文堂を始めました。昭和7年には、赤羽小学校の教科書を扱い始めています。

 先代が昭和22年、書籍・雑誌を商う本屋、正文堂書店に業態を変えました。当時はオートバイで神田の取次(問屋)に仕入れに行っていました。

 当代が20年前の平成9年、不動産の賃貸・売買を扱う株式会社沼野商事に、さらに変わりました。

 業種も幾度か変わり、ささやかな店ですが、創業から数えて今年で100年目になります。
 これからも時代にあった、お役にたてる、喜んでいただけるような仕事を心がけて行きたいと考えています。
 ご支援をありがとうございました。

« 暖かな先勝の日に赤羽宝幢院 節分会・豆まきが行われました | トップページ | 立春が過ぎた赤羽自然観察公園に »

10.私の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正文堂の創業から100年目になりました:

« 暖かな先勝の日に赤羽宝幢院 節分会・豆まきが行われました | トップページ | 立春が過ぎた赤羽自然観察公園に »

無料ブログはココログ