2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 温かな赤羽自然観察公園に | トップページ | 温かな陽ざしがさすの母の庭では »

赤羽紀行、福島県喜多方市塩川町五合赤羽根丙・常世赤羽根・熊倉町都赤羽をUPしました

 1984年 (昭和59年) 5月、群馬県館林市に赤羽の地名を見つけてから33年が過ぎて、東京都北区赤羽を含めた赤羽・赤羽根の数は、84ヶ所目になりました。


Kitakata_01

 赤羽・赤羽根の地名探し。旅の始まりはJR磐越西線、喜多方駅です。
 

Kitakata_02

 蔵の町を散策しました。

 
Kitakata_03

 塩川町五合、松崎公民館は、今は使われていないようです。


Kitakata_04

 塩川町五合、字赤羽根丙です。松崎公民館の東側で、字仲林の東の林です。人は住んでいません。


Kitakata_05

 塩川町常世、常安寺です。


Kitakata_06

 塩川町常世、字赤羽根です。常安寺の北側で、県道喜多方河東線から東に林道を入ったところにありました。


Kitakata_07

 熊倉町都、諏訪神社です。


Kitakata_08

 リンゴの果樹園の北側の田園地帯に、赤羽の地名がありました。現在は残念ですが無くなっていました。

 赤羽・赤羽根の地名を探す旅 赤羽紀行 と、 福島県喜多方市塩川町五合赤羽根丙・常世赤羽根・熊倉町都赤羽 をご覧ください。


« 温かな赤羽自然観察公園に | トップページ | 温かな陽ざしがさすの母の庭では »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/64813396

この記事へのトラックバック一覧です: 赤羽紀行、福島県喜多方市塩川町五合赤羽根丙・常世赤羽根・熊倉町都赤羽をUPしました:

« 温かな赤羽自然観察公園に | トップページ | 温かな陽ざしがさすの母の庭では »

無料ブログはココログ