2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 苺の花が ちらほらと咲いていました | トップページ | 「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 」のDVDを見ています »

江戸の出版プロデューサー蔦屋重三郎 「蔦屋」を読んでいます

Book_01


 大晦日に訪れた天狼院書店「東京天狼院」で推薦された本 「蔦屋」。
 歌麿、写楽、黄表紙、浮世絵・・・をヒットさせた江戸の出版プロデューサー蔦屋重三郎の物語です。

 吉原育ちの蔦屋重三郎が日本橋に店を持ち。挿絵が入った狂歌集を出版すると、すぐに売り切れ、波に乗って重版を重ねていく。挿絵は喜多川歌麿の描いた虫・・・。

 江戸っ子の口調が面白く耳に入ってくるようで、また、一日で読み終えてしまうのが惜しくて、三日に分けた今日は二日目。面白い本を紹介していただきました。感謝です。

 つい嬉しくて、三味線を習った時の小唄・端唄・俗曲の中の「今年しゃ何だか」を思い出して、思わず口ずさんでいました。 
 「今年しゃ何だか面白い しかも二日の初夢に 宝船 こぐ 客七人  手を打ちゃ福が寄る
 こいつあ また 妙だ 妙だ 妙でんす  上には鶴が舞い遊ぶ 下には亀が波の上
 黄金の花が咲いた うー咲きやした ええー見事じゃーええー 」 (本調子)

 「そっちの方が おもしろいからに 決まっているでしょう」 一緒にやりましょう。

« 苺の花が ちらほらと咲いていました | トップページ | 「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 」のDVDを見ています »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/64705692

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸の出版プロデューサー蔦屋重三郎 「蔦屋」を読んでいます:

« 苺の花が ちらほらと咲いていました | トップページ | 「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 」のDVDを見ています »

無料ブログはココログ