2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

赤羽台団地、花吹雪舞う梅公園のメジロにヒヨドリ

Ume_park_04

 風に吹かれて梅の花が散っていました。


Ume_park_02

 梅は見頃です。


Ume_park_06

 メジロが花の蜜を求めて飛び交っていました。


Ume_park_05

 動きが速くて、後姿です。


Ume_park_03

 白い花は、青い空に映えています。


Ume_park_01

 いつも賑やかなヒヨドリが、静かにすましていました。

赤羽宝幢院 節分会・豆まきの舞台が準備されています

Setubun_01

 快晴の良い天気が続いています。
 2月3日(金)に、赤羽宝幢院 節分会・豆まきが行われます。舞台の準備が進んでいました。


Setubun_02

 豆まきは、午後4時から行われます。今日みたいな陽気だと良いですね。

温かな陽ざしがさすの母の庭では

Birds_02

 柿の木の枯れ枝の間にみかんを刺すと、ヒヨドリやってきました。


Birds_01

 上からつついたり。


Birds_04

 下から食べたりと。メジロ、シジュウカラもやってきますが、追いやられてしまいました。


Birds_03

 柔らかな土のところでは、スズメが砂浴びをしています。

赤羽紀行、福島県喜多方市塩川町五合赤羽根丙・常世赤羽根・熊倉町都赤羽をUPしました

 1984年 (昭和59年) 5月、群馬県館林市に赤羽の地名を見つけてから33年が過ぎて、東京都北区赤羽を含めた赤羽・赤羽根の数は、84ヶ所目になりました。


Kitakata_01

 赤羽・赤羽根の地名探し。旅の始まりはJR磐越西線、喜多方駅です。
 

Kitakata_02

 蔵の町を散策しました。

 
Kitakata_03

 塩川町五合、松崎公民館は、今は使われていないようです。


Kitakata_04

 塩川町五合、字赤羽根丙です。松崎公民館の東側で、字仲林の東の林です。人は住んでいません。


Kitakata_05

 塩川町常世、常安寺です。


Kitakata_06

 塩川町常世、字赤羽根です。常安寺の北側で、県道喜多方河東線から東に林道を入ったところにありました。


Kitakata_07

 熊倉町都、諏訪神社です。


Kitakata_08

 リンゴの果樹園の北側の田園地帯に、赤羽の地名がありました。現在は残念ですが無くなっていました。

 赤羽・赤羽根の地名を探す旅 赤羽紀行 と、 福島県喜多方市塩川町五合赤羽根丙・常世赤羽根・熊倉町都赤羽 をご覧ください。


温かな赤羽自然観察公園に

Nature_01

 昼過ぎの赤羽自然観察公園。風さえ治まれば、陽当たりは心地いいです。


Nature_05

 ジャブジャブ池、凍った氷の上ををハクセキレイが滑りながら。


Nature_02

 猫に追われて、カルガモが飛び出してきました。


Nature_03

 精悍なモズの雄です。枯れ枝の間を飛び回っていました。


Nature_04

 野球場を素走りしていたツグミ。

カップ麺のマルタイラーメンです

Marutai_01


 新発売されたマルタイラーメンのカップ麺です。

 麺は細麺で、スープの味は、あっさりとした醤油味でした。

 マルタイと言えば子供の頃から親しんだ懐かしい棒ラーメンです。今でも時々いただきます。

池波正太郎 「殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安」

Books_01

 今日も空っ風が冷たいく吹き抜けていきます。暖かくして、講談社文庫、池波正太郎 「殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安」を読んでいます。

 昨年の12月の中頃、同級生と昼食に行ったのが、目黒不動尊の近く、『八つ目うなぎ にしむら』です。

 開店までに時間があるので目黒不動尊を参拝し、読書好きの仲間から、このあたりは池波正太郎が作品に書いていると、解説を聞くうちに、そう言えば最近読んでいるのは、藤沢周平の「用心棒日月抄」ばかりでしたので、ちょっと池波正太郎を読んでみることにしました。

 「鬼平犯科張」、「剣客商売」、そして「仕掛人」は映画・テレビで何回も放送されていました。

 改めて活字で読むのも楽しみです。

今年の赤羽宝幢院 節分会・豆まきは、2月3日(金)に行われます

Setubun_08

 平成4年に始まった赤羽宝幢院の節分会・豆まきは、今年で26回目になりました。


Setubun_03

 午後3時より本堂にて智山勤行式を行い、お護摩を焚き皆様の除災与薬を祈念します。


Setubun_04

                  .
Setubun_05

 豆まきに先立って、小学生以下の子供達にお菓子をお渡ししています。(大人の間で怪我をしないようにしています。)


Setubun_06

 午後4時より、住職、檀家総代、年男の方々による豆まきです。


Setubun_07

 いつも赤羽警察、消防団による警備のご協力があり、怪我が無く行われています。ありがとうございます。

今日は大寒、昨日の荒川です

Arakawa_01

 今日の寒さは厳しくて、昨日の午後に出掛けた荒川です。赤水門は水門としての役目は終わっていて、小島を結ぶ橋になっています。


Arakawa_02

 赤水門のそばに、過去の台風の時に増量した水面を記録したポールが立っています。かなりの水量があったのです。


Arakawa_03

 現役の青水門です。風が強くて散歩している人はまばらでした。
 水辺では工事が始まっていて、鳥たちに会えませんでした。

ジュンク堂書店池袋本店に

Magazine_01

 新しい年には新しいことを考えようと、ジュンク堂書店池袋本店に、日経ビジネスと散歩の達人のバックナンバーを求めてきました。
 今進めている仕事の方向性に、プラスアルファーになるヒントがありました。

 当社も少しづつですが、見えない部分で変わってきています。

 さらに、喜んでいただけますよう、仕事にまい進していきたいと考えています。

赤羽緑道公園のロウバイ

Green_p_03

 花壇がきれいに手入れされています。


Green_p_01

 高い木々が多く、陽があまり当たっていないせいか、花数も少なく開花もゆっくりとしていました。


Green_p_02

 それでも、青空に黄色いロウバイが映えています。

都市農業公園の白梅と紅梅

Toshi_09

 野菜が少しづつ植えられ、増えてきている都市農業公園。空の雲の動きが早いです。梅の香りが漂っていました。


Toshi_08

 白い一重咲きの中輪、冬至(とうじ) です。


Toshi_05

 花色は青白色で花弁は丸く一重の月影(つきかげ)。


Toshi_06

 小輪、一重咲きの甲州最小(こうしゅうさいしょう)です。小粒で梅干や梅酒に使われることが多いです。


Toshi_04

 梅干にする品種の小梅です。


Toshi_02

 極早咲きで、八重咲き紅色の八重寒紅(ヤエカンコウ)です。紅梅はこの種類だけが咲いていました。


Toshi_03

 池の水で水浴びをして、さっぱりしたツグミ。


Toshi_07

 数羽で飛び回り、賑やかなヒヨドリです。


Toshi_01

 厚い雲の先に薄く富士山が見えました。

カーサ ブルータス 2月号は、住宅特集号です

House_03

 カーサ ブルータス 2月号は、昨年1年間に建てられた住宅の中から時代を反映するベストな住宅を紹介しています。
 今年の2月号は理想の家づくりがメインテーマでした。表紙を飾るのがその中の秀作で、京都、加茂川が望める絵本作家の新居でした。

 今までに表紙を飾った家の中で、心に残っている建物を思い出していました。

House_01

 2006年のカーサ ブルータス 2月号の表紙は、現代美術家荒川修作氏が提唱する、三鷹天命反転住宅です。楽器のように、舞台のようにプレイしながら住む家というコンセプトでした。
 2008年に見る機会があり、訪れました。三鷹天命反転住宅は積み木のおもちゃ箱をご覧ください。(最後の写真はオーナ様と長男と私です。)
 

House_02

 愛嬌がある外観は、2008年のカーサ ブルータス 2月号の表紙。飛び出している部屋がありましたが、これは何だと思いますか。実は茶室なのです。藤森照信氏の名作住宅です。


赤羽台団地、梅公園の紅梅と白梅

Ume_05

 朝から寒さがいっそう増していますが、かわいい梅の花を見ていると、寒いけれども暖かさを感じられます。


Ume_04

 紅梅の方が多く咲いていました。


Ume_01


                      .
Um。_02

 白梅は少しづつ咲いています。


Ume_03


岩淵町 正光寺境内のロウバイ(蝋梅)

Flower_01

 青空を雲が重たそうに漂っていました。空気は一段と冷えています。


Flower_03

 正光寺の境内にロウバイ(蝋梅)が咲いていました。


Flower_05

我家の苺に実がつきました

Strawberry_01

 温かな陽ざしを受けて、形も色づきも良く、苺の実が大きく実って美味しそうです。
 これなら、家族四人で四等分することもありません。


Strawberry_02

 形はいまひとつですが、いくつかふっくらとしてきました。


Strawberry_03

 まだまだ、花が咲いています。今年は豊作になりそうです。

清水坂公園の梅

Simizu_01

 今日も朝から澄んだ青空です。


Simizu_02

 清水坂公園の広場の南西側に梅が咲いていました。


Simizu_03

 空の青さが引き立ちます。

                     
Simizu_04

 春に向かって、一気に咲いていました。


花の便りにさそわれて都市農業公園に

Farm_06

 都市農業公園から、うっすらと富士山が見えました。
 都市農業公園は、赤羽と荒川を挟んで川口市に接する足立区にあります。
 温かな季節はのんびりと荒川の土手沿いに自転車に乗って行きますが、寒い時期はバスを利用しています。


Farm_10

 十月桜が、荒川沿いにまだ咲いていました。


Farm_092

 冬桜は、新芝川沿いに。


Farm_08

 冬桜にスズメです。


Farm_02

 いこいの池の周りに水仙が咲いていました。


Farm_04

 梅林に、ロウバイが咲き始めています。


Farm_05

 小梅が元気に咲き出していました。


Farm_07

 ユリカモメは、冬の頭が白い羽毛の方が優しそうに見えます。


Farm_03

 芝生の広場にいたのは、冬鳥のツグミ。


Farm_01

 イソヒヨドリです。精悍そうな風貌です。

赤羽自然観察公園のコゲラ、シジュウカラ、ホシゴイ

Nature_07

 天気は良いけど寒いです。


Nature_01

 古民家の裏手にスイセンが咲いていました。


Nature_02

 公園の大工さんコゲラです。


Nature_03
 
 黒いネクタイが似合うシジュウカラ。


Nature_05


                          .
Nature_06

 水鳥の池にゴイサギの幼鳥、ホシゴイです。

「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 」のDVDを見ています

Book_02

 スティーグ・ラーソン 「ミレニアム」シリーズの1巻目です。

 文庫本は何度か読み返しましたが、あの厚さには目がしぼんでしまって、読み続けるには何となくおっくうになって。
 そこで暮れに、「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」のDVD を買いました。

 ヒロイン・リスベットのずば抜けた能力と、記者ミカエルの活躍に、あの迫力と小気味よさが蘇ってきます。

 スウェーデンとハリウッドで映画化されたのは当然の様です。未知なことに向っていく勇気が湧いてきました。

江戸の出版プロデューサー蔦屋重三郎 「蔦屋」を読んでいます

Book_01


 大晦日に訪れた天狼院書店「東京天狼院」で推薦された本 「蔦屋」。
 歌麿、写楽、黄表紙、浮世絵・・・をヒットさせた江戸の出版プロデューサー蔦屋重三郎の物語です。

 吉原育ちの蔦屋重三郎が日本橋に店を持ち。挿絵が入った狂歌集を出版すると、すぐに売り切れ、波に乗って重版を重ねていく。挿絵は喜多川歌麿の描いた虫・・・。

 江戸っ子の口調が面白く耳に入ってくるようで、また、一日で読み終えてしまうのが惜しくて、三日に分けた今日は二日目。面白い本を紹介していただきました。感謝です。

 つい嬉しくて、三味線を習った時の小唄・端唄・俗曲の中の「今年しゃ何だか」を思い出して、思わず口ずさんでいました。 
 「今年しゃ何だか面白い しかも二日の初夢に 宝船 こぐ 客七人  手を打ちゃ福が寄る
 こいつあ また 妙だ 妙だ 妙でんす  上には鶴が舞い遊ぶ 下には亀が波の上
 黄金の花が咲いた うー咲きやした ええー見事じゃーええー 」 (本調子)

 「そっちの方が おもしろいからに 決まっているでしょう」 一緒にやりましょう。

苺の花が ちらほらと咲いていました

Living_03
 
 我家のリビングの窓際です。水をやるだけですが、時々花を咲かせています。


Living_02

 前に咲いた花には、小さな実が付いていました。

母の庭にメジロ

Lemon_01

 レモンの実だけはすっぱい味がわかるのでしょうか、鳥がつつかないので、まるまる残っていました。


Mejiro_012

 剪定した柿ノ木の枝や支柱にバナナを差すと、メジロがやって来ます。


Mejiro_02

 ヒヨドリや猫もやってくるので、ゆっくりはしていません。


Mejiro_04

 ちょっとつついて少し食べて。


Mejiro_05

 バナナというのが少々気になりますが、母はメジロが写真に撮れたので喜んでいました。

赤羽八幡神社に参拝をして

Hatiman_01


 新年あけまして おめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

 新年のお参りに、赤羽八幡神社に参拝してきました。と言っても深夜に出掛けたのは私以外の家族です。

 寒さの中で並ぶのが体にきついので、私は無理をしないで家にこもっていました。暖かい日になったら参拝をするつもりです。

 今年は、アメリカの大統領が変わって、大きな変化の年になりそうです。その流れに乗れるようにしたいと思っています。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

無料ブログはココログ