2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 桜の紅葉・桜もみじとイチョウ | トップページ | 赤羽会館で、吟亮流吟風会 吟詠発表大会と「阿倍仲麻呂の見た月」が行われていました »

荒川土手 妹背(イモセ)桜の紅葉と、淡墨桜(ウスズミザクラ)と紅彼岸( ベニヒガン)の押し葉

Ara_01

 寒さがきつくなってから、外出は抑え気味でした。

 朝から小春日和の空に、荒川に出かけましたが、川沿いはさえぎるもの無いのでかなり風か強く、川面が波だっていました。


Ara_02

 新荒川大橋の東側、新河岸川沿いの北側の土手です。荒川さくら街 桜守には、数種の桜が植えられていました。
 珍しい品種の桜、妹背(イモセ)桜の紅葉が、青空に映えていました。妹背桜は、花や実を一対でつけるので、縁結びの桜ともいわれています。

Ara_03

 落ち葉を、押し葉にしました。妹背(イモセ)桜は、黄色がかっていました。


Ara_04

 淡墨桜(ウスズミザクラ)の押し葉です。


Ara_05

 紅彼岸( ベニヒガン)の押し葉です。赤みがかなり強いです。

« 桜の紅葉・桜もみじとイチョウ | トップページ | 赤羽会館で、吟亮流吟風会 吟詠発表大会と「阿倍仲麻呂の見た月」が行われていました »

03.ぶらり散歩道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/64571775

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川土手 妹背(イモセ)桜の紅葉と、淡墨桜(ウスズミザクラ)と紅彼岸( ベニヒガン)の押し葉:

« 桜の紅葉・桜もみじとイチョウ | トップページ | 赤羽会館で、吟亮流吟風会 吟詠発表大会と「阿倍仲麻呂の見た月」が行われていました »

無料ブログはココログ