2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 赤羽宝幢院の百日紅 (サルスベリ)と大葉(オオバ) | トップページ | 秋模様の浮間公園に、そしてすずきクリニックに »

赤羽紀行の 「静岡県伊豆市吉奈赤羽根と青羽根」をUPしました

Izusi_07

 伊豆市は伊豆半島の真中にあって、中伊豆と西伊豆にまたがる広いエリアに位置しています。
深い緑の山々、湯けむりににじむ温泉、そして雄大な海。花の咲く春、海水浴の夏、紅葉の秋、そして冬は温泉。
 わさび、しいたけの栽培、修善寺温泉、小説「伊豆の踊子」「天城越え」の舞台となったところです。

 日蓮宗善名寺です。
 旧天城湯ヶ島町吉奈の小字に赤羽根がありました。吉奈の地名は、善名寺の寺号をとったものとつたえられています。古くからの温泉地です。
 赤羽根は、吉奈の入口で赤土山の麓にあります。酸化した粘土質の土地で赤埴(あかはに)の意味です。
 
Izusi_06

 吉奈郵便局です。


Izusi_02

 弘法大師空海が大同2年に開基したと伝わっている修禅寺は、源氏一族の興亡を見守り続けた古刹です。


Izusi_03

 伊豆半島の真ん中を北へ流れる狩野川は、5月下旬の鮎の解禁で長い竿を持つ釣り人がいました。


Izusi_092

 修善寺 虹の郷は、人と自然と文化をテーマにした花と緑の庭園です。バラが見頃でした。


Izusi_093

 300種7000株の花しょうぶがきれいでした。


Izusi_09

 ベーカリー&テーブル 東府やです。プールサイドのカウンター席は、足湯に入れます。


Izusi_05

 青埴神社です。祭神は建御名方命 ( たけみなかたのみこと ) 、むかしは八幡神社と称しました。 青羽根の地名は青埴の転化で、青色をした粘土質の土地の意味です。

Izusi_04

 明るい青の青羽根郵便局です。

 赤羽紀行静岡県伊豆市吉奈赤羽根と青羽根 をご覧ください。

« 赤羽宝幢院の百日紅 (サルスベリ)と大葉(オオバ) | トップページ | 秋模様の浮間公園に、そしてすずきクリニックに »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/64159848

この記事へのトラックバック一覧です: 赤羽紀行の 「静岡県伊豆市吉奈赤羽根と青羽根」をUPしました:

« 赤羽宝幢院の百日紅 (サルスベリ)と大葉(オオバ) | トップページ | 秋模様の浮間公園に、そしてすずきクリニックに »

無料ブログはココログ