2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 母の庭のムクゲと百日紅(サルスベリ) | トップページ | 赤羽宝幢院 盂蘭盆の法会 施餓鬼会が厳修されました »

前方後円墳に魅せられて、埼玉県行田市さきたま古墳群をUPしました

 赤羽・赤羽根の地名を旅している 赤羽紀行 の中に 前方後円墳に魅せられて というジャンルがあります。

 埼玉県行田市さきたま古墳群 に出掛けたのは平成15年12月中旬です。UPが遅れてしまいました。
 

Kofun_05

 埼玉県名発祥之碑です。
 さきたま古墳群は、県名発祥の地、行田市大字埼玉にあり、5世紀後半から7世紀はじめころまでにつくられた9基の大型古墳が群集していました。


Kofun_02

 丸墓山古墳は、日本一大きな円墳です。頂上に上ることができます。
 この古墳から駐車場へ続く道は、戦国時代に忍城を水攻めする時に築いた石田堤の跡といわれています。


Kofun_01

 丸墓山古墳の頂上から見た稲荷山古墳です。前方部から後円部に上れます。
 国宝の金錯銘鉄剣・帯金具・まが玉・鏡をはじめ多くの遺物が出土していました。


Kofun_03

 5世紀末頃に造られた二子山古墳です。
 武蔵国 ( 現在の埼玉県・東京都・神奈川県の一部 ) で、最も大きな前方後円墳です。


Kofun_04

 駐車場の脇にある、小さな愛宕山古墳です。


Bird_01

 用水路にカルガモが集まって賑やかでした。


Flo_03

« 母の庭のムクゲと百日紅(サルスベリ) | トップページ | 赤羽宝幢院 盂蘭盆の法会 施餓鬼会が厳修されました »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/63930634

この記事へのトラックバック一覧です: 前方後円墳に魅せられて、埼玉県行田市さきたま古墳群をUPしました:

« 母の庭のムクゲと百日紅(サルスベリ) | トップページ | 赤羽宝幢院 盂蘭盆の法会 施餓鬼会が厳修されました »

無料ブログはココログ