2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 喫茶店ブラジルで使っていた、思い出のレジスターが修理を終えて戻ってきました | トップページ | 赤羽自然観察公園の田んぼで稲を植えていました »

国立科学博物館「恐竜博2016」と、国際子ども図書館と

National_01
 
 朝方まで雨が降って、その後も曇り空の一日でした。

 国立科学博物館の「恐竜博2016」を見てきました。
 ティラノサウルスをはるかに超える、全長約15mの肉食恐竜スピノサウルスは、水中でも活動し、四足歩行をしました。初めて聞く恐竜です。さらに、新しい恐竜が、年に30頭ぐらい発見されているとは驚きでした。
 ミュージアムショップも商品が充実して、面白いです。

 その後、隣接の国際子ども図書館の展示を見た後、カフェ ベルで昼食にしました。

 腹が落ち着いてから、上野公園を南に向かうと、東京都美術館は平日なのに、長い行列が続いていました。
今日の本当の予定は、「若沖展」を見に行くつもりでした。待ち時間の長さにうんざりして諦めたのです。

 アメ横はいつものように混雑していました。最後の目的地の吉池で、鮮魚と生鮮食品を買って上野公園界隈を後にしました。

 
 

« 喫茶店ブラジルで使っていた、思い出のレジスターが修理を終えて戻ってきました | トップページ | 赤羽自然観察公園の田んぼで稲を植えていました »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/63607371

この記事へのトラックバック一覧です: 国立科学博物館「恐竜博2016」と、国際子ども図書館と:

« 喫茶店ブラジルで使っていた、思い出のレジスターが修理を終えて戻ってきました | トップページ | 赤羽自然観察公園の田んぼで稲を植えていました »

無料ブログはココログ