2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 赤羽一番街商店街、昔懐かしい床屋さん イトウ理容店は、惜しまれながら閉店しました | トップページ | 赤羽自然観察公園、こいのぼりと八重桜 »

平成28年 赤羽宝幢院で大般若会と両界曼荼羅の開眼供養が厳修されました

Houdou_010

 昨晩から降り続いた雨は、昼を過ぎるあたりからやんできました。
 住職夫妻が最近植えられた、八重しだれ桜が境内に咲いていました。


Houdou_056

 平成28年4月14日 (火曜日) 午後2時より、赤羽宝幢院で大般若会が厳修されました。


Houdou_062

 大般若会は、「大般若経」六百巻を転読します。お経をめくる風にあたると諸願成就のご利益に授かるといわれています。


Houdou_024

 続けて、赤羽宝幢院寺庭婦人による、曼荼羅の中心描写完成を開眼供養いたしました。中台八葉印です。


Houdou_023

 一印会です。二つ共に、本堂に向かって左側に掛けられます。


Houdou_042

 客殿の入り口にも寺庭婦人による曼荼羅の中心描写が掛けられていました。

« 赤羽一番街商店街、昔懐かしい床屋さん イトウ理容店は、惜しまれながら閉店しました | トップページ | 赤羽自然観察公園、こいのぼりと八重桜 »

01.赤羽の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/63486082

この記事へのトラックバック一覧です: 平成28年 赤羽宝幢院で大般若会と両界曼荼羅の開眼供養が厳修されました:

« 赤羽一番街商店街、昔懐かしい床屋さん イトウ理容店は、惜しまれながら閉店しました | トップページ | 赤羽自然観察公園、こいのぼりと八重桜 »

無料ブログはココログ