2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 東京都庭園美術館に「ガレの庭」展を見に | トップページ | 埼玉県川口市 赤山城址跡(赤山陣屋敷址)のハナモモ(花桃) »

港区白金台、国立化学博物館附属 自然教育園に

Nature_07

 昨日の続きです。東京都庭園美術館の隣にある、国立化学博物館附属 自然教育園を歩いてきました。
 自然教育園はもともと豪族の館だったのが、江戸時代は高松藩主松平頼重の下屋敷となり、明治時代は陸海軍の火薬庫、大正時代は白金御料地と歴史を重ねてきました。昭和24年に天然記念物および史跡に指定されました。一般の人々が立ち入ることができなかったため、豊かな自然が残されていました。


Nature_01

 園内のスミレの中で、春一番に咲き始めたアオイスミレです。丸い葉が葵の紋に似ています。


Nature_001

 小さな黄色い花は、あぶらちゃんです。雌株に油が取れる大きな実ができるのが名前の由来です。


Nature_04

 カタクリが一輪咲いていました。見ごろはこれからです。


Nature_05

 葉の幅が広く縦に白い筋があるヒロハノアマナです。絶滅危惧種です。


Nature_06

 小さな花は、ウグイスカグラです。晩春の赤い実も人気です。


Nature09

 水生植物園にコサギがいました。


Nature_02

 貝母 (ばいも)です。薬用植物です。

 

« 東京都庭園美術館に「ガレの庭」展を見に | トップページ | 埼玉県川口市 赤山城址跡(赤山陣屋敷址)のハナモモ(花桃) »

08.ガーデニングを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/63349635

この記事へのトラックバック一覧です: 港区白金台、国立化学博物館附属 自然教育園に:

« 東京都庭園美術館に「ガレの庭」展を見に | トップページ | 埼玉県川口市 赤山城址跡(赤山陣屋敷址)のハナモモ(花桃) »

無料ブログはココログ