2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 埼玉県さいたま市、大宮花の丘農林公苑 カワヅザクラとラモフィネとシダレ梅 | トップページ | 近所で見つけた、野いちごの白い花 »

記事数が2,500を超えて

Kouraku_03


 赤羽ほっとcafeを書き始めたのは、2004年8月18日でした。 タイトルは、アバのイーグルを見つけてです。

 スウェーデンのポップスグループ、アバの曲の中でイーグルはリズムと詩が気に入っていました。その曲が収められたCDを買った時のことを書いています。

 その頃のサブタイトルは、「あなたの思いを赤羽で熱く語り合いませんか。 あなたの夢を聞いてみたい。 あなたの元気の元を知りたい。 赤羽でお茶しませんか」でした。

 それから12年の時が過ぎて、途中で急性心筋梗塞で倒れたりしましたが、今も書き綴けられています。

 急性心筋梗塞になりながらも生還できたのは、幸運としか思えません。
父も中国に出兵して、1.000人規模の大隊がほぼ全滅した中で生き返ってきました。運の強さは父ゆずりなのでしょう。

 私の家業は先代から続いていた本屋でした。現在の不動産業よりも長くて、生まれてから40年余り本に囲まれていました。

 書店から業態を変えたのは、今となれば時代の波に上手く乗れたのだと思いますが、当時としてはかなりの決心がありました。

 本に携わる仕事をしたいと言う気持ちは、今も持ち続けています。読書も続けています。

 紙の手ざわり、読み返したいところにすぐに戻れる便利さ、好きなところで好きなように読める楽しさ。

 本は想像力を刺激します。本への思いが蘇ってきていました。
 

« 埼玉県さいたま市、大宮花の丘農林公苑 カワヅザクラとラモフィネとシダレ梅 | トップページ | 近所で見つけた、野いちごの白い花 »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/63365561

この記事へのトラックバック一覧です: 記事数が2,500を超えて:

« 埼玉県さいたま市、大宮花の丘農林公苑 カワヅザクラとラモフィネとシダレ梅 | トップページ | 近所で見つけた、野いちごの白い花 »

無料ブログはココログ