2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

赤羽紀行、港区増上寺の梅と、芝公園梅林のメジロを更新しました

Minato_01

 港区増上寺に出掛けました。風が吹いていましたが、気温は上がってそれほど寒くはありません。


Minato_02

 三解脱門を入って左に咲いていた紅梅です。


Minato_03

 鐘楼堂のそばに白梅が咲いていました。


Minato_04

 芝公園の梅林、木々の間でメジロが花の蜜を求めていました。

Minato_05


 東京都港区には赤羽の地名がありました。赤羽幼稚園・赤羽小学校が今も残っています。
 赤羽・赤羽根の地名を旅している 赤羽紀行東京都港区赤羽 をご覧ください。

母の庭のクリスマスローズ

Garden_03

 母の庭の花が少ない一角です。いつもは園芸の用具が散らばっています。


Garden_02

 二本のみかんの木の間、日があんまり差さないところに、うつむき加減に咲いていたのはクリスマスローズです。


Garden_01

 白花の花が清楚な印象でした。

赤羽宝幢院の南高梅が見頃です

Houdou01

 冬の寒さが戻ってきましたが、一片の雲が見えないほどのよく晴れた日です。日射しがあれば、暖かさを感じます。


Houdou02

 本堂の屋根の上、右から獅子隅蓋 と蓮の花です。


Houdou03

 南高梅が三部咲きを過ぎたぐらいです。

Houdou04


Houdou05


Houdou06

 今年も美味しい実をつけるのでしょう。

Houdou07

 住職の奥様が、昨年の実で作られた梅ジャムです。酸っぱくて美味しいです。ご馳走さまでした。

全国賃貸住宅新聞の「賃貸住宅業界 情報サロン」で紹介されました

Paper_01


 全国賃貸住宅新聞社が週刊で発行している、全国賃貸住宅新聞 2016.2.22・29合併号の情報サロンで、赤羽・赤羽根を旅している 赤羽紀行 が紹介されました。

 全国賃貸住宅新聞は、マンション経営・賃貸経営のニュースや、土地活用・資産運用セミナーなどの記事が載っている、賃貸住宅仲介会社、大家さん向けの新聞です。

 情報サロンは、経営者の息抜きの場所のようなものです。

 今月の初めごろに、赤羽地区の賃貸住宅の動向を調査しに来られたのですが、こちらの話の方が面白いからと、小一時間ほど話をしました。


 東京都北区赤羽の不動産会社 株式会社沼野商事 です。

二子玉川、ワクワクする蔦屋家電に

Tsutaya

 静嘉堂美術館に行くバスが出たばかり、急ぎではないので二子玉川駅周辺をぶらついていて、偶然蔦屋家電を見つけました。いつか行こうと思っていて、そうだここにあったのだ。

 三年前に訪れた 代官山のカフェ・ミケランジェロと、蔦屋書店に の蔦屋をさらに進化させていました。

 蔦屋家電の家電とは、「生活を豊かにするものを家電と呼ぶ」 ところから、ライフスタイルを提案する店です。

 1階から2階に上がるエレベーターの横の吹き抜けに、竹で編んだ大きなトンボが羽を伸ばしたオブジェ、ここから驚きを感じました。

 建物の中は、本、雑貨、家具と植物の緑が、落ち着いた空間を演出しています。

 若い世代のお客様で溢れていました。誰もがワクワクできる場所です。

静嘉堂美術館に「茶の湯の美、煎茶の美」展を見に

Seikado

 空は、どんよりとした灰色の雲に覆われて、寒々としていました。園内の水辺にコサギとカルガモが群れていました。

 静嘉堂美術館は、岩﨑彌之助と岩﨑小彌太の父子二代によって設立され、国宝7点、重要文化財83点を含む、およそ20万冊の古典籍(漢籍12万冊・和書8万冊)と6,500点の東洋古美術品を収蔵しています。

 国宝 俵屋宗達筆 源氏物語関屋澪標図屏風、重文 住之江蒔絵硯箱 尾形光琳作、重文 橋本雅邦筆 龍虎図屏風などを所蔵しています。

 今回特に見たかったのは、中国福建省建窯で南宋時代につくられた、国宝 曜変天目(稲葉天目)です。

 世界中で現存する曜変天目は日本国内の三点(京都・大徳寺龍光院、大阪・藤田美術館、静嘉堂文庫美術館)で、いずれも国宝に指定されています。

 

ひょっこりと友人が顔を出して

Olive_01

 上野池之端に住む友人が歩いて3時間、常盤台の湯屋に行った帰りにバスで赤羽に寄ってくれました。

 湯屋の近くで買い求めたオリーブオイルを、体に良いからと置き土産です。

 中学、高校と共に学んだ仲間は、何事にも気兼ねなく付き合える友です。

 赤羽から上野に行くのに、乗り換えなしで行けるからとひょっこりと訪ねてきて、一時話をして帰って行きました。

 なんとなく、良い気持ちのする日でした。

藤沢周平「橋ものがたり」を読んでいます

Hasi_01

 雨の降る昨晩から読み出しています。

 用心棒日月抄のシリーズを読み返し、武士の殺伐とした世界を少し離れて、江戸の町の庶民の風情に浸ってみたいと思ったのです。

 江戸時代、橋は駅のようなもので、人々は橋を待ち合わせ場所にしていました。橋を目あてに集まり、そして去って行きます。

 「約束」は、5年後に小名木川に架かる萬年橋の上で待ち合わせを約束した二人のお話でした。

 藤沢周平の奥深い情景描写が色鮮やかに映りだされてます。


 

 

 

赤羽宝幢院の南高梅とハーデンベルギアと寒椿

Houdou_01

 春先取りの陽気で、4月上旬の暖かさでした。赤羽宝幢院の境内に、ちらほらと花が咲いています。


Houdou_02

 今朝まで蕾だった南高梅は、温かな陽ざしを受けて、午後には花が一輪咲いていました。

 実がなってから、梅干しにしたり、ジャムにしたりと住職の奥様は楽しみにしているそうです。


Houdou_03

 玄関の横にハーデンベルギアのかわいい花が咲いています。まるで小さな胡蝶蘭のようです。

Houdou_04

 近所のホームセンターで買った鉢から、たくさん増えていました。


Houdou_05

 庭の奥の方には、寒椿です。

ももやまの白酒が入荷していました

Sirozake_01


 酒屋の清水屋さんの女将さんから、「入荷して取ってありますよ」と連絡をいただいて、2本買ってきました。

 雛人形を飾る子供は居ませんが、季節のものの風流なガラスビンに魅せられるようにして、毎年買っています。

 どろっとした触感が、口当たりにいいのです。

 でもちょっと、酒には小さい頃のトラウマがあって、外で深酔いすることは避けています。

 そうであっても、自宅で楽しむ酒は美味しいです。

赤羽八幡神社の五穀豊穣を願う祈念祭と梅の花

Hati_01

 寒い日と暖かな日が交互にやって来ています。午後から雨も降り出してきました。

 春の農耕が始められるにあたって、その年の五穀豊穣を祈るお祭り、「祈念祭」が行われました。

 この祈年祭に対応するのが、秋の収穫を喜び、農作物の恵みに感謝する、11月に斎行される「新嘗祭」になります。


Hati_02


Hati_03


 境内に白梅と紅梅が咲いていました。


Hati_04


Hati_05

 そろそろ春の訪れでしょうか。

赤羽一番街商店街で美味しい店の撮影が行われていました

Jyun_01


 晴れ間に雲が覆う昼下がり、テレビ朝日系 じゅん散歩・高田順次さんが、赤羽の町を歩いていました。

 赤羽一番街商店街、鯉とうなぎの まるます家の前で、林家ぺーと話をしていました。

 そして、まるます家のママさんとも少しおしゃべりをして、次に向かったのは、だんごの伊勢屋さんです。

 甘党のようで、塩大福を美味しそうに食べていました。香りの良い桜餅に見とれていました。

 昨日は、サヘルとアランが同じく塩大福を食べました。これは、スーパーJチャンネルで23日に放送される予定です。

 じゅん散歩の方は、もう少し先で、春になってからの放送になります。

建国記念日 母の庭に

Garden_01

 ポツンと咲いていた淡いピンク色の四季咲きのハラです。


Garden_02

 ハナキャベツの花は持ちがいいです。


Garden_03

 柿やみかんは、鳥にすっかり食べられてしまいましたが、レモンだけは残っています。酸っぱさが分かるのでしょうか。


Garden_04

 胸に黒色のうろこ模様があるツグミが、静かに地面で虫を探していました。

Garden_07

 母によると、「長い時は2時間近くも居る」 そうです。


東京都港区増上寺の梅とメジロと

Minato_01

 そろそろ梅が咲いているはずと思って、港区の増上寺に出掛けました。風が吹いていましたが、気温は上がっていました。


Minato_02

 三解脱門を入って左に紅梅の木があります。


Minato_03

 鐘楼堂のそばに白梅が咲いていました。


Minato_04

 梅の木の間にはメジロが。

Minato_05

 ヒヨドリが邪魔していましたが、メジロも負けていませんでした。


Minato_06

 スズメも一緒です。

 東京都港区には赤羽の地名がありました。赤羽幼稚園・赤羽小学校が残っています。
 赤羽・赤羽根の地名を旅している 赤羽紀行東京都港区赤羽 をご覧ください。

急性心筋梗塞を発症してから9年が過ぎました

Sky_01

 しばらくぶりでお会いする方から 「元気そうですね」と言われてとても嬉しいのですが、さっそく飲み会や会合に誘われたりするので困ったりもしています。

 急性心筋梗塞を発症した時、カテーテル手術で環動脈のつまりを取り除き、血が流れるようになって一旦手術は終わったのですが、1週間後にもう一度カテーテル手術で、別の狭窄していたところを直しました。

 最初の手術だけでは、助かる確率は五分五分以下だったようです。この頃のBNP数値は70で、 通常の上限18をはるかに越えていました。

 昨年の検査で、BNPの数値は45ぐらいに下がっていますが、心筋の一部は壊死していて、健常な体に戻れることはありません。

 大寒から立春を過ぎるまで、冬の寒い気候が一番体に厳しいです。寒気を吸い込んだ肺が、心臓に影響を与えて血圧をあげてしまい、上が150でもドキドキしたりと私には辛いです。

 無理のきかない体なので、アルコール関係は固くご遠慮しています。

 私は素晴らしい病院と医師の先生方に助けていただきましたが、そんな幸運はめったにあるものではありません。

 病気が気になる中高年の方々に、私になりに予防をお伝えしたいと思います。
 最も大きな要素は食生活です。油っこいもの、塩辛いものは避けてください。

 味付けは薄めで、お酒を飲む機会も減らしてください。飲みながら濃い味のつまみや、唐揚げなどを食べてしまうからです。
 アルコールの飲みすぎも良くはありません。もしも私が糖尿病であったら、助からなかったようです。

 何とか生き長られて、これからはお世話になった方々に、今までのお礼をしたいと思っています。
 微力ながら、喜んでいただけることをしていきたいと考えています。


 

冬晴れの赤羽緑道公園に

Green_01

 いつに間にか日足がのびてきています。朝起きると、わずかに雨が降った跡が残っていました。

 冬晴れの赤羽緑道公園は、冷たい風が時折り抜けています。


Green_02

 それでも、白梅の花が陽を受けて暖かでした。

Green_03

Green_04

 ロウバイの黄色く抜けるような花びらが、春を待っているようです。

Green_05


Green_06

 小さなスイセンがポツリと咲いていました。

 早く暖かくなることを待ち望んでいます。

平成28年2月3日 赤羽宝幢院 節分会・豆まきが行われました

Setubun_01

 良い天気に恵まれました。赤羽宝幢院の節分会・豆まきは平成4年に始まり、今年で25回目になりました。


Setubun_03

 午後3時より本堂にて智山勤行式を行い、お護摩を焚き皆様の除災与薬を祈念しました。

Setubun_04

Setubun_05

 豆まきに先立って、小さな子どもたちにお菓子をお渡ししています。大人の間で怪我をしないようにしています。


Setubun_06

 午後4時より、住職、檀家総代、年男の方々による豆まきでした。

Setubun_07


Setubun_08


Setubun_09

 檀家総代、年男の方々の記念写真です。お疲れさまでした。

 今年は、迷子が二人でた程の盛況でした。

 赤羽警察、消防団による警備に守られて、けが人はありませんでした。ご協力をありがとうございました。

赤羽宝幢院 節分会・豆まきの準備でした

Setubun00

 入り口に赤羽宝幢院節分会の提灯が付けられて。


Setubun01

 豆まきの舞台もほぼ出来上がりです。


Setubun02

 テントでは味噌おでんと甘酒が用意されます。体を温めてください。

 節分は、立春・立夏・立秋・立冬の季節が変わる節日の前日のことで、年に4回ありましたが、いつか1年のはじまりの春の節分だけが残ったようです。

 豆まきは、中国の習俗が伝わったといわれています。豆は「魔滅(まめ)」につうじて、無病息災を祈る意味があります。

 赤羽宝幢院の住職、年男、檀家の代表による豆まきは、明日、2月3日の午後4時より行なわれます。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

無料ブログはココログ