2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

快晴の赤羽緑道公園に

Midori_04

 控えめな風が時々吹いて、空は澄み穏やかな晴れの一日でした。

 空にさっと、細い線をずらしながら何度も描いたような雲です。


Midori_02

 青い空に、イチョウの紅葉が映えていました。


Midori_03

 イロハモミジの木の全体に、紅葉が広がっています。


Midori_01

 白いツバキと、


Midori_06

 赤いツバキも一杯に咲いていました。

赤羽八幡神社 新嘗祭が行われました

Hatiman01

 西高東低の冬の気候になってきましたが、風はなく、まずまずの穏やかな日ざしがありました。

 三々五々、七五三参拝の家族連れが訪れていました。今年は大勢来られています。

 新嘗祭 ( にいなめさい) は、神にその年に収穫した新穀を供えて、神恩に感謝する祭りで、赤羽八幡神社の重要な祭事の1つです。

 毎年2月の「祈年祭」で五穀豊穣の祈りを行い、その願いが通じたことに感謝して、収穫した新穀を天神地祗にすすめるとともに、親しくこれを食します。


小山酒造、丸真正宗の新酒が出来て、酒粕も販売されていました

Koyama_01

 寒さが増して風も強く、空はまぎれもなく近づく冬の気配でした。日本酒が出来上がる頃です。

 赤羽一番街商店街 リカースタジオ・清水屋に、小山酒造、丸真正宗の日本酒と酒粕が置いてありました。

 地元の小山酒造株式会社は、東京都内唯一の酒造会社です。

 私は酒粕を甘酒にして飲みます。アルコールがかすかに香って温まります。

 そして母は、酒粕を薄くして、軽く焼いて食べるのが好きです。

全国の赤羽の地名を訪ねている赤羽紀行、神奈川県鎌倉市赤羽を更新しました

Kamakura_04

 参道を歩いて、階段を上がれば鶴岡八幡宮です。


Kamakura_05

 境内でリスが巣作りの材料を口にくわえて運んでいました。


Kamakura_02

 材木座海岸で、ウインドサーフィンが気持ちよさそうです。


Zaimoku_11

 波が寄せる砂浜に一羽のカモメです。


Akabane_06

 「赤羽」の信号の角にイタリアンのガーデンレストラン アマルフィイです。建物は、大きなガラス張り、天井が高く開放感があります。
 

Akabane_01

 パスタ ピッツア ランチをいただきました。前菜は、鎌倉野菜を使った季節の野菜サラダです。
 夏の冷製パスタ”カッペリーニ” 茄子のクリームソースです。料理も美味しく、落ち着いた雰囲気でゆっくり出来ました。


Zaimoku_02

 日蓮宗、石井山 長勝寺です。山門を入ると参道の先に、日蓮聖人像と本堂があります。
 日蓮上人が松葉が谷に来て初めて草庵をむすんだ寺といわれています。領主石井長勝が日蓮に帰依し、1263年に本圀寺を創建しました。
 本圀寺が京都に移された後、日静上人が復興し、石井長勝の名にちなんで長勝寺と名付けたといわれています。


Akabane_05

 沼南モノレール「西鎌倉」駅から、モノレールの下の道を大船に向かって5分ほど歩くと、「赤羽」の信号があります。


Akabane_04

 そして、江ノ電バスの「赤羽」バス停がありました。

 鎌倉市には、かって「赤羽」という地名がありました。西鎌倉に、「赤羽」の信号とバス停が残っています。
 全国の赤羽の地名を訪ねている 赤羽紀行 と、神奈川県鎌倉市赤羽 をご覧ください。

清水坂公園、ザクロの紅葉と

Simizu_07

 ここ数日は、雨の日が数日おきにやってきます。風が穏やかで、昼間は過ごしやすい気候でした。

 清水坂公園は、広場を囲むように大きな木々が植えられています。今年は比較的暖かく紅葉が遅いです。


Simizu_08

 公園の南側、階段の脇にザクロの黄色い紅葉です。右側のヤマボウシは、紅葉の葉が落ちていました。


Simizu_01

 水が流れる橋の北側に、紅葉が見られました。


Simizu_04

 ツツジです。


Simizu_05

 白いキク。


Simizu_06

 花壇に、コスモスが少しと。

藤沢周平 「隠し剣 孤影抄」を読んでいます

Book_01

 隠し剣シリーズ八編が納められています。

 剣技を極めながらも、武家社会の中で下級武士の暮らしは悲哀があります。

 それでも、

 小気味がよくて、しゃれていて、粋で、着実な・・・、言葉つかいに、浸っています。

母の庭の陽だまりと

Garden_05

 陽は暖かくて、空は清清しい青い空です。午後から、いわし雲がたなびいてきました。


Garden_03

 玄関の横に、赤いシャコバサボテンが咲いていました。他に白色もあります。


Garden_02

 小さなハナキャベツです。これから花が咲いてきます。


Garden_01

 白いシクラメンと、黄色いキクと、ツマグロヒョウモンです。


Garden_04

 パッチワークの合間に、母が作ったふくろうです。


Radio_02

 いただいた真空管ラジオが居間にあります。修理をしましたので、暖かく柔らかな音が聞こえてきます。

貝二種、ナミマガシワと桜貝

Shell_01

 イケアで買ったビンに整理した、ナミマガシワと桜貝です。

 海に出かけた時に、少しづつ集めていました。

 海岸によって拾える貝は違いますので、それがまた楽しみです。

 左のナミマガシワはカキの仲間で、白・黄・赤の光沢がきれいな貝です。

 右の薄くて小さなサクラガイは総称で、種類が幾つかあるようですがあまり気にせずに一緒にしています。

 どちらも小さな貝なので、ゆっくりと落ち着いて見ていないと、見過ごしてしまいそうになります。

 

快晴の赤羽自然観察公園とスポーツの森公園に

Aki_07

 雨を降らした雲は東に去って、昼過ぎる頃から晴天になりました。陽ざしが暖かいです。

 古民家と赤いセンリョウです。


Aki_02

 紅紫色のヤマツツジ、夏葉が咲いていました。


Aki_03

 キツツキの仲間のコゲラです。上を向いています。何しろ動きが早くて、上手く写せなくて。


Aki_04

 一休みしているモンシロチョウです。


Aki_06

 イヌビワの赤い実です。黒く熟してくると食べられるようです。


Aki_05

 スポーツの森公園の色づきです。


Aki_01
 
 赤羽台団地の南傾斜地に、アサガオが咲いていました。

荒川の土手に沿って、冬桜の咲く都市農業公園に

Tosi_03

 風は無く、秋にしては日射しが明るくて暖かい日でした。

 古民家の前は、ドウダンツツジの生垣が紅葉していました。


Tosi_06

 まめざくら群の、フユザクラ (冬桜) が咲いていました。

Tosi_05

 白色~淡紅色、一重咲きです。


Tosi_01

 シロチョウ科、キチョウの秋型です。成虫で冬を越します。


Tosi_07

 花色の濃い、イモカタバミの花にモンシロチョウ。


Tosi_08

 鮮やかなバラです。

Tosi_09

Tosi_02

 橙色。正月飾りに欠かせない縁起木のセンリョウです。

藤沢周平 「よろずや平四郎活人剣 上 」を読んでいます

Fuji_01

 暫く藤沢周平の本にはまっています。

 主人公の神名平四郎は、よろずもめごとの仲裁で身をたてている、知行千石の旗本の子弟。

 しかも、祝福されざる冷や飯食いで、妾腹の子とくれば、武士としての生き方には厳しさがありますが、

 持ち前の人の良さが幸いして、江戸の町の庶民の暮らしの中で、渡世を生き抜く力を付けていく。

 そんな平四郎に、思わず応援してしまいます。

 

平成27年11月15日、赤羽八幡神社の七五三祝祭が行われました

Sitigosan02

 それまで降っていた雨も、午前10時前にはあがって、雲の間から青空が見えてきていました。温かな日和です。

 先週の8日 (日) に続いて、赤羽八幡神社の七五三祝祭が、午前10時から午後3時まで行われました。


Sitigosan05

 七五三は、すこやかな成長を祝って神社に詣でる行事です。


Sitigosan01

 すっきりした日和に、三々五々、着飾った子供を連れた家族連れが参拝に訪れていました。


Sitigosan03

 今日も大勢、お参りの子供達と、家族・親族の方々で賑わっていました。


Sitigosan04

 どんな願いごとを、絵馬に書いたのでしょう。

石神井公園ふるさと文化館の「蝉類博物館」に

Semi_01

 雨がしとしとと降っていました。石神井池の遊歩道、ブナ、コナラ、けやきの落葉をカサカサと踏みながら進んで行くと、三宝寺池の近くに石神井公園ふるさと文化館があります。

 現在開催中の、東京大学総合研究博物館モバイルミュージアム特別展、「蝉類博物館-昆虫黄金期を築いた天才・加藤正世博士の世界」 を見て来ました。

 昆虫博士とよばれた加藤正世博士が収集した昆虫標本・コレクションの展示です。

 セミ、チョウ、トンボ、クワガタ、コガネムシ、ハチ、バッタ、ナナフシ、ゴキブリなど、約5万点の昆虫コレクションの中から選りすぐりの、小型のかわいらしい標本・資料がありました。

 私は子供の頃少年で、田圃、荒川、ジーゼル池などに出掛けて虫を探していたのを思い出しています。

 将来は生物の研究をしたいと考えていましたが、その思いは叶いませんでした。

 せめて、標本を見て、その頃の感慨にふけっていました。
 

赤羽緑道公園 タチカンツバキとイチョウの紅葉

Midori_07

 朝晩が日増しに冷えてきました。風がやんで、曇り空に薄日が差してきた昼時に散歩してきました。


Midori_01

 カンツバキ系の品種、タチカンツバキです。サザンカとの区別が難しいです。

Midori_02

 濃紅色の花は、11月から2月頃まで咲き続けます。


Midori_03

 寒くなってきてイチョウに黄色く色づきが出ていました。

Midori_04


Midori_06

 ニシキギの葉は鮮やかな赤色です。小さな木ですが良く目立ってました。


Midori_05

 桜の枝に残った葉の紅葉です。

埼玉県入間市、平屋のアメリカン古民家が立ち並ぶジョンソンタウンに

Johon_07

 ジョンソンタウンは、西武池袋線入間市駅から、けやき通りを、カサカサと落ち葉を踏みしめながら歩いて、15分ぐらいのところ、入間市東町1丁目の国道463号沿いにあります。


Joho_01

 元米軍のジョンソン基地(現航空自衛隊入間基地)に、勤務していた軍人が住んでいた区画で、平屋のアメリカン古民家が立ち並び、米国風の街並みでした。


Johon_03_2

 そこに、平成ハウスと呼ばれる現代的低層新築住宅が造られ、雑貨店、カフェ、レストランが営業をしています。


Johon_09

 ゆったりとした時間が通り過ぎていきます。


Johon_08


Joho_02


Joho_03_2

 
Joho_04

 富士見公園に隣接する区画は住居になっていました。静かな住環境でのんびりと過ごすには最適でした。


Kou_02

 もう一つ隣接した、彩の森入間公園は秋の景色です。紅葉がきれいでした。


Kou_05

 水辺に、大輪のシュウメイギクが咲いていました。

埼玉県入間市、彩の森入間公園の紅葉とシュウメイギクと水鳥と

Iruma_03

 午前中は曇って冷えていました。カサカサとけやきの落葉を踏みながら歩いています。
 彩の森入間公園は、西武池袋線入間市駅から15分ぐらいの所、二つの池とせせらぎ、芝生広場、大きな木々があります。

Kou_03

 都心よりも気温が2・3度低いのでしよう。紅葉の深みが増していました。昭和48年に米軍から返還された基地跡地を活用した公園です。


Iruma_05

 水辺にシュウメイギクがきれいです。

Iruma_07

 大輪の花です。

Iruma_06

 キクとは言っても、アネモネの仲間。

Iruma_08

 ハクセキレイがそばにやってきました。


Iruma_01

 オナガガモです。尾が長くて、白い首と胸が特徴です。


Iruma_02

 大型のサギ、アオサギです。

 アメリカン古民家が立ち並ぶジョンソンタウンが隣接しています。その帰りに寄りました。

埼玉県入間市、アメリカン古民家が残っているジョンソンタウンに

Johon_01_2

 今から、もう35年ぐらい前のことです。仕事は書店を営んでいました。
埼玉県狭山市、ダイエーに吸収された旧忠実屋狭山店に、正文堂書店狭山店として出店していた頃になります。

 休日に近隣をドライブして、道に迷い入り込んてしまった場所が、ジョンソンタウンでした。


Johon_06


 元米軍のジョンソン基地(現航空自衛隊入間基地)に、勤務していた軍人が住んでいた区画で、平屋のアメリカン古民家が立ち並び、米国風の街並みでした。

Johon_091


Johon_05


Johon_02_2

 そこに、平成ハウスと呼ばれる現代的低層新築住宅が造られ、雑貨店、カフェ、レストランがテナントとして営業をしていました。


Johoson_008

 その町並み、環境づくりに関心があったことと、懐かしく思っていた思い出の場所に戻ってきました。


Johoson_003
 
 隣接して二つの公園、富士見公園と彩の森入間公園があります。静かな住環境が整っていました。


Kou_01

 秋の盛りでした。彩の森入間公園の紅葉が鮮やかです。

Kou_04

 水辺にシュウメイギクの大輪が咲いていました。


 東京都北区赤羽の不動産会社 株式会社沼野商事 です。

赤羽自然観察公園のセンダンの紅葉と

Sizen_03

 昨日一日降り続けた雨が上がって、清清しい青い空に、赤羽自然観察公園・赤羽スポーツの森公園の紅葉です。


Sizen_05

 管理棟のそばのセンダンが黄色く紅葉していました。


Sizen_04

 センダンの実です。


Sizen_02

 古民家の田んぼに、白いサザンカ。


Sizen_01

 水辺にアカトンボ。


赤羽八幡神社、立冬の大安に七五三祝祭が行われました

Hati_03

 今日は風はやんでいましたが、雨が降り続けて、すこし肌寒い日でした。季節は立冬、大安吉日です。

 赤羽八幡神社の七五三祝祭が、午前10時から午後3時まで行われました。


Hati_07

 七五三は、すこやかな成長を祝って神社に詣でる行事です。


Hati_01

 雨の降る日でしたが、50人を超えるお参りの子供達と、家族・親族の方々で賑わっていました。


Hati_09

 赤羽八幡神社では、平成27年 11月15日(日)も 、午前10時から午後3時まで行われます。


Hati_08

 佐野様からいただいた写真です。ありがとうございました。

母の庭、涼しさと暖かさと

Mama_01

 雲の間から差す薄日に、暖かさがありました。母の庭の玄関横に、四季咲きのバラです。


Mama_04

 黄色いキク。

Mama_02

 ヤマトシジミです。


Mama_05

 千日紅。


Mama_06

 踏み石の間にクロッカス。

赤羽一番街商店街で撮影がありました

Iti_01


 今週の初めから何日か、赤羽一番街商店街、周辺商店街のあちこちで撮影がありました。

 今日は昼間と、夜の撮影でした。この後、屋台がもっと増えて撮影が始まりました。

 左手奥が、赤羽小学校の正門で、右手がシルクロード通りです。

 平成28年の初夏、TBS系テレビ局放送予定のドラマ 「ディアポリス」ということらしいです。

 撮影の協力で知らされているのはここまでです。

 

荒川赤羽桜堤緑地、桜の紅葉と

Arakawa_06

 よく晴れて、陽が明るく照り映えていました。
 暖かで、暖かな日が続いています。荒川赤羽桜堤緑地の紅葉です。


Arakawa_05

 桜の紅葉の散歩道。色づかない緑の葉が、わずかに混じっているのが、紅葉を引き立てていました。


Arakawa_01

 赤水門を行き来するポンポン船。


Arakawa_07

 サギ類の中で最も大きな、アオサギです。


Arakawa_04

 9~16mmの小さなシジミチョウ。ヤマトシジミです。


Arakawa_03

 対岸の川口市。青空の下に、高層マンションと南中学校。
 岸寄りの水辺に、小魚が飛びはねていました。

秋の気配の浮間公園に

Ukima_03

 昨日は池袋に友人を訪ねた後で、旧中山道、石神井川を通り、王子駅まで歩き、万歩計は15,000歩を超えました。
 しかし、写真を撮らなかったのでブログには、UPしていません。

 寒くなってきましたので、外出することが辛くなりました。寒い間は、更新の間隔が多くなります。

  日の色の白さに秋を感じます。荒川の土手沿いに電動自転車で出かけました。

Ukima_04

 秋色に染まっている浮間公園です。


Ukima_01

 数本のヒマワリが、まだ残っていました。


Ukima_02

 冬鳥として渡来した、ヒドリガモ ( 緋鳥鴨 ) です。独特の頭部の形と、短めのくちばしが特徴です。


Ukima_05

 シジミチョウ科のベニシジミです。普通に見られる種類です。


Ukima_06

 モンシロチョウです。

秋色の赤羽緑道公園、さざんかとツツジの花

Midorino_01

 筋雲が空高く流れ、澄んだ空気に寒さを感じます。ただ、陽当たりは暖かいです。


Midorino_06

 赤羽緑道公園が秋色に染まりつつ。


Midori_04

 さざんか さざんか さいたみち。


Midori_02

 大きな木々の下で、季節違いのツツジが咲いていました。


Midori_03

 秋に咲くツツジ、小春日は、気温や日照時間が春と似て花を咲かせるようです。

 返り咲き、二度咲きと言われています。


« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

無料ブログはココログ