2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 神奈川県鎌倉市西鎌倉、ガーデンレストラン アマルフィイに | トップページ | 日比谷公園、第一花壇のバラ »

平成27年 日比谷公園の変化朝顔展示会に

Hibiya_08

 霧雨と時々吹く風に、傘を差そうか、たたもうかと思案しながら歩いて、

 花びらがよじれたり、裂けたり、縮れたり、これが朝顔ですかと疑いたくなる変化朝顔の最盛期は、8月の終わり頃です。
 朝顔は、奈良時代に薬草として渡来して、江戸時代に観賞用として紅色、白,紫などの色が出るように改良されてきました。


Hibiya_02

 一番好きな、撫子咲牡丹です。

Hibiya_06

 葉や花びらが細く切れてます。
 
Hibiya_03

 青采咲牡丹です。

Hibiya_04
 
 金屏風の前に置かれていた白撫子采咲牡丹です。きれいです。


Hibiya_07

 獅子咲牡丹です。

Hibiya_01


Hibiya_05

 きれいに咲いている変化朝顔を、見るのは嬉しいです。
 展示会に合わせて育てるのは、相当苦心されていると思います。

 帰り道は、東京駅まで、丸の内 仲通りを歩きました。
 レンガが敷き詰められた歩道はゆったりとして、車道より広く、並木の木陰が涼しそうで、海外の有名店の大きなショーウインドウが続いている素敵な散歩道です。

« 神奈川県鎌倉市西鎌倉、ガーデンレストラン アマルフィイに | トップページ | 日比谷公園、第一花壇のバラ »

08.ガーデニングを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/62173233

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年 日比谷公園の変化朝顔展示会に:

« 神奈川県鎌倉市西鎌倉、ガーデンレストラン アマルフィイに | トップページ | 日比谷公園、第一花壇のバラ »

無料ブログはココログ