2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

日比谷公園、第一花壇のバラ

Hibiya_09

 昨日の続きです。変化朝顔を見た後で、第一花壇のバラを見ました。午前9時台です。霧雨が降っています。


Hibiya_004

 明るいオレンジ色で香りのよい 「ジッフェ」です。


Hibiya_002

  「秋月」です。純黄色の剣弁高芯咲きの大き目の花です。


Hibiya_005

 サーモンピンク色の 「ピンクパンサー」です。


Hibiya_006

  「ジルベール・ベコー」は、クリーム色がかったオレンジ色です。


Hibiya_003

 オレンジ色がかる淡黄色の 「北斗」です。


Hibiya_007

 「乾杯」です。ローズ色を含んだ独特な赤色です。


Hibiya_008

 ベージュ色がかったやわらかなピンク色。丸弁わん咲きの 「マヒナ ' 81」です。ハスの花びらに似ていました。

 どの花もきれいでした。

Hibiya_009

 くちばしに黄色く残っていました。スズメの幼鳥です。雨に濡れながら集団で飛び回って、元気です。


 

平成27年 日比谷公園の変化朝顔展示会に

Hibiya_08

 霧雨と時々吹く風に、傘を差そうか、たたもうかと思案しながら歩いて、

 花びらがよじれたり、裂けたり、縮れたり、これが朝顔ですかと疑いたくなる変化朝顔の最盛期は、8月の終わり頃です。
 朝顔は、奈良時代に薬草として渡来して、江戸時代に観賞用として紅色、白,紫などの色が出るように改良されてきました。


Hibiya_02

 一番好きな、撫子咲牡丹です。

Hibiya_06

 葉や花びらが細く切れてます。
 
Hibiya_03

 青采咲牡丹です。

Hibiya_04
 
 金屏風の前に置かれていた白撫子采咲牡丹です。きれいです。


Hibiya_07

 獅子咲牡丹です。

Hibiya_01


Hibiya_05

 きれいに咲いている変化朝顔を、見るのは嬉しいです。
 展示会に合わせて育てるのは、相当苦心されていると思います。

 帰り道は、東京駅まで、丸の内 仲通りを歩きました。
 レンガが敷き詰められた歩道はゆったりとして、車道より広く、並木の木陰が涼しそうで、海外の有名店の大きなショーウインドウが続いている素敵な散歩道です。

神奈川県鎌倉市西鎌倉、ガーデンレストラン アマルフィイに

Akabane_01

 神奈川県鎌倉市、沼南モノレール「西鎌倉」駅から、モノレールの下の道を大船に向かって5分ほど歩くと、「赤羽」の信号があります。


Akabane_04

 そして、江ノ電バスの「赤羽」バス停がありました。


Akabane_06

 「赤羽」の信号の角にロイヤルホスト、ナナメ向かい、イタリアンのガーデンレストラン アマルフィイです。
 建物は、大きなガラス張り、天井が高く開放感があります。
 

Akabane_01

 パスタ ピッツア ランチをいただきました。前菜は、鎌倉野菜を使った季節の野菜サラダです。


Akabane_02

 夏の冷製パスタ”カッペリーニ” 茄子のクリームソースです。
落ち着いた雰囲気でゆっくり出来ました。料理も美味しいです。次回は家族揃って行きましょう。

 

神奈川県鎌倉市材木座、五所神社、長勝寺、実相寺、そして材木座海岸に

Zaimoku_04

 神奈川県鎌倉市は、京都・奈良などと共に寺社の多い古都です。材木座界隈の寺社を巡りました。
 厚い雲に覆われていましたが、雨は降らずに何とかもっています。
 材木座の氏神・鎮守社 五所神社の鳥居です。

Zaimoku_06

 明治41年、町内の五つの神社を一緒にして祀った神社です。
 乱材(みざい)祭りでは、神輿を担いで海に入る夏祭で有名です。

Zaimoku_05

 参道の隅にムクゲが咲いていました。


Zaimoku_02

 日蓮宗、石井山 長勝寺です。山門を入ると参道の先に、日蓮聖人像と本堂があります。
 日蓮上人が松葉が谷に来て初めて草庵をむすんだ寺といわれています。領主石井長勝が日蓮に帰依し、1263年に本圀寺を創建しました。
 本圀寺が京都に移された後、日静上人が復興し、石井長勝の名にちなんで長勝寺と名付けたといわれています。


Zaimoku_03

 参道から左の一段高くなった所、祖師堂 (法華堂 ) です。室町時代の建物で、五間堂という鎌倉時代の独自の建築様式です。赤いサルスベリが咲いていました。


Zaimoku_01

 本師堂です。釈迦像が安置されています。


Zaimoku_07
 
 日蓮宗、実相寺の山門です。鎌倉時代の武将工藤祐経の屋敷跡といわれています。

Zaimoku_09

 本堂は明治期に再建されています。

Zaimoku_08

 境内にモミジアオイが咲いていました。


Zaimoku_10

 材木座海岸、サメの出現で遊泳注意の放送がされていました。それで、夏休みなのに空いています。

 監視所の前に、レスキューのサーフボードが置かれ、目立って安心です。


Zaimoku_12

 サーファーは波乗りに夢中でした。

Zaimoku_11

 波が寄せる砂浜に一羽のカモメです。


Akabane_05

 鎌倉市には、かって「赤羽」という地名がありました。西鎌倉に、「赤羽」の信号とバス停が残っています。

 赤羽・赤羽根を訪ねている 赤羽紀行 と、 神奈川県鎌倉市赤羽 をご覧ください。

赤羽紀行の埼玉県さいたま市西区指扇赤羽を更新しました

Hikawa_03

 埼玉県さいたま市西区指扇、氷川神社「鎮守アジサイ園」のアジサイが見頃の6月中旬に出掛けました。やっとUP出来ました。
  各地に自生のアジサイ約700株があって、ガクアジサイ・ヤマアジサイ・タマアジサイ・エゾアジサイ・アメリカアジサイ・ノリウツキ・カシワバアジサイなどが見られます。種類が豊富です。


Hikawa_04

 指扇アジサイまつり 2005年、氷川の森 大賞 グランプリを受賞したアジサイです。

Hikawa_002

 各地自生のアジサイは、野趣粛々とした美しさです。

Hikawa_003


Hikawa_004

 装飾花の違いが美しさに磨きをかけていました。

 ボランテイガイドの方に、アジザイの解説をしていただきました。花を大切に育てている情熱を感じました。

 埼玉県さいたま市西区指扇に、小字で赤羽根の地名があります。

 赤羽・赤羽根の地名を旅している 赤羽紀行 と、 埼玉県さいたま市西区指扇赤羽根 をご覧ください。


赤羽台団地と赤羽緑道公園のアサガオと

Asagao_01

 朝方の重い雲は薄れて、時々日が差したり、浮浪雲が流れてきたりと忙しい天気です。

 赤羽駅西口、赤羽幼稚園の横の坂を上がった、赤羽台団地の花壇のアサガオです。

Asagao_02

 夏はやっぱりアサガオです。


Asagao_03

 赤羽緑道公園、桜の木の木漏れ日の奥、時計塔の上に蒸気機関車の風見鶏があります。


Asagao_04

 花壇の隅につるが伸びて、アサガオが咲いていました。


Asagao_05


Asagao_06

 風が出てきて、羽根を休めている、モンシロチョウです。

川口市、見沼代用水東縁のサルスベリと、ひまわりと

Hato_03

 暑さが一休みしたのは昨日だけで、今日は日差しが眩しくて汗がにじんできました。

 埼玉県川口市、バス停「昭和橋」の近く、澄んだ流れの見沼代用水東縁、両岸の遊歩道を歩きました。

Hato_01

 川面を覆うようにサルスベリ(百日紅)が咲いて、赤い花吹雪を散らしています。


Hato_04

 小さなヒマワリは、お辞儀をするように下を向いて咲いていました。

Hato_05

 黄色が眩しいです。


Hato_02

 川面に向うように咲いていたムクゲです。


ぶらりと赤羽自然観察公園に

Sizen_05

 幾つかの、どんよりした雨雲が通り過ぎると、暑さが峠を越えた空は澄んでいました。

 古民家前の田圃に、子供たちが育てた稲が頭を垂れて、たわわに実っています。鳥が食べないように防鳥ネットで覆っていました。


Sizen_02

 古民家 (北区ふるさと農家体験館 ) の垣根に咲いているトケイソウです。

Sizen_01

 何時何分を指しているのでしょう。


Sizen_03

 茄子の花 と、


Sizen_04

 美味しく実った茄子です。

全国の赤羽・赤羽根を訪ね歩いて、嬉しいこと

Toyoda01

 昨年の11月の初めに、愛知県豊田市の赤羽・赤羽根を巡っていました。三河線の豊田市駅です。

 豊田市は、「クルマの町」として有名ですが、農山村地域には、昔から営まれてきた山里の生活文化が残されています。


Toyoda11

 鮮やかな紅葉と

Toyoda09

 白い四季桜が咲く、和やかな時期でした。


Toyoda04

 足助地区 北小田町赤羽にお住いのA様から、「赤羽」の読み方について、メールで教えていただきました。


Toyoda13

 そして数日前に、小原地区 鍛冶屋敷町赤羽根にお住いのS様から、お電話を頂きました。

 メール・お電話でご連絡をいただくと、ハードスケジュールで動き回っていた苦労も癒されてきます。

 地名探しの旅が、ご覧いただいた方々に、少しはやすらぎを感じていただけたことに、嬉しさを感じる時です。

 有難いと感謝しています。また出掛けようと気持ちを新たにしました。

 全国の赤羽・赤羽根を訪ね歩いている 赤羽紀行 をご覧ください。

藤沢周平 「玄鳥」を読んでいます

Fuji_01


  「雪明かり」と一緒に買って置いた本です。短編の五編が収録されています。

 自然の描写が巧みで、四季の移り変わりが郷愁を誘い。

 友情の美しさが際立って。

 登場人物は無名で、私たちと同じ等身大の人で、運命に弄ばれながらも、

 努力を続けている。

 藤沢周平の時代小説が大好きです。

皇居東御苑、宮内庁三の丸尚蔵館に

San_no_maru_00

 『絵巻を愉しむ』 展を見てきました。
 物語を絵画化して、巻物の形態にしたてて愉しむやりかたは、平安時代半ば頃から製作されてきたそうです。
 『住吉物語絵巻』 (室町時代) 、『小栗判官絵巻 』 (江戸時代) などの貴重な絵巻がありました。絵とともに書の美しさにうっとりしました。

San_no_maru_01

 展示を見た後、二の丸庭園を歩いてきました。

San_no_maru_02


San_no_maru_04

 ミツガシワ科アサザ属、アサザの花です。開花の途中です。

San_no_maru_03

 スイレン科スイレン属、ヒツジグサの花です。ともに希少な植物です。

San_no_maru_05

 堀を優雅に泳いでいた白鳥も、暑そうでした。

堤防で釣りをして 次男の報告です

Ajiro_02

 網代は快晴の天気でした。


Ajiro_01

 暑さも並大抵ではではありません。


Ajiro_04

 海岸を散歩して。


Ajiro_03

 堤防で釣り糸をたらして、暑さと格闘していて。 (2016年、堤防での釣りは禁止になりました。)


Ajiro_05

 珍しい魚が釣れました。アイゴです。顔がうさぎのような丸い形をしていました。トゲに毒があるので、針を外す時は気をつけてください。
 内臓をつぶさないように上手に取って、白身で淡白なイサキのような味でした。とても美味しいです。

北欧家具のイケア新三郷店にガラス瓶を探しに

Ikea_01

 最近は出掛けることが遠のいていた、海で拾い集めた貝殻の保存用に、蓋が付いたガラス瓶を探してきました。

 透明で中がよく見えて、すっきりとした形と、出来れば安価に。

 電車で出掛けましたので、持てる範囲で、見本に数種類を買って来ました。

 中々良い物が見つかりました。

 これで机の上も片付いてきます。

 

 

新盆に静岡県熱海市網代に

Ajiro_01

 お墓は網代小学校の山側にあります。そこから見た網代湾です。

 赤羽駅からは、乗り換えなしで熱海駅まで行けるので便利になりました。家族で出かける時は車を使ってきましたが、今日は一人です。 各駅停車に乗って、のんびりと窓の外の景色を追いかけていました。

 早川駅、根府川辺りから、海がそばに寄ってきました。海は風も無く穏やかで、遠くに初島が見えます。

 熱海駅で伊東線に乗り換え、列車はミカン畑を抜けて、小さなトンネルを出ると網代駅です。

 海に向い海岸沿いに歩くと、魚市場の先から道が広く、駐車のスペースも整備されていました。


Ajiro_03

 朝方の曇り空は徐々に澄んできました。白灯台です。馴れ親しんできた、この風景が好きです。落ち着く時です。


Ajiro_02

 消防団のシャッターに、マンボウの絵が描かれていました。近海の漁の網にかかります。

赤羽緑道公園でお会いした浜野輝先生

Midori_02

 午前6時台、赤羽緑道公園を歩いていたら浜野輝先生とお会いしました。

Midori_01

 先生はベンチに腰掛けて、こっちこっちと手招きされて、『今年は暑くてきついよ、私の最後の出版物になるかもしれないな』、と言いながら渡されたのが、「私の戦後70年談話 ー英国の政治学者への手紙ー」でした。

 浜野輝先生は、H・G・ウェルズの研究家であり、日本国憲法の研究家です。

 H・G・ウェルズの翻訳を手がけられて、「戦争を根絶するための戦争」、岩波書店「解放された世界(英語版)」などの出版物があります。

 私の会社が以前、本屋 ( 正文堂書店 ) をしていた頃から、ご懇意にしていただきました。

 『赤羽の知り合いにも渡して』、と数部預かっています。

 先生、まだ暑いので、あんまり無理をしないようにしてください。

浮間公園も、今週はお盆モードです

Ukima_05

 電動自転車に乗って、荒川に沿って浮間公園に行きました。
釣り人も少なく、お盆モードです。今日も、暑さは安らんでいません。


Ukima_03

 カルガモが人懐っこく、そばに寄ってきました。 『餌が欲しいよ』 と言っているようです。

Ukima_04

 カイツブリも寄ってきました。

Ukima_01

 小さなハスがきれいです。

Ukima_02

 暑さにもめげていません。

赤羽紀行の栃木県鹿沼市上石川赤羽根を更新しました

Kanuma_08

 火伏の神様・古峯神社に参拝して、家内安全、商売繁盛をお願いしました。
 

Kanuma_06

 昼食は「花農場 あわの」で、パスタをいただきました。
日本経済新聞プラス1 農家レストランランキングで、全国第5位に選ばれたお店です。

Kanuma_03

 野菜いっぱいのスパゲッティ・キャベツとベーコンのスパゲッティ・小エビとトマトのスパゲッティです。ニンニクが効いていて美味しいです。

 食後には、ハーブガーデンを散策しました。約200種類のハーブやフルーツが栽培されています。

 栃木県鹿沼市には小字で赤羽という地名がありますが、住居表示には出て来ません。でもバス停と信号にあります。
 全国の赤羽・赤羽根を探している 赤羽紀行 と、栃木県鹿沼市上石川赤羽根 をご覧ください。

「自然の造形美展2 ウニのない人生なんて」 展に

Uni_03

 京都を拠点に「自然の造形美を伝える」 プロダクトを発信している、ウサギノネドコの、ウニ殻を使った作品展でした。

 棘付きのウニ殻の標本です。大きな棘が生き生きとしたウニを思わせています。


Uni_01

 アクリルに封入されたウニ殻です。ウニの殻は割れやすいので、保存するのに苦労しますが、アクリルで覆えば壊れることもありません。


Uni_02

 ウニ殻を使ってキノコが出来上がっていました。カラフルなキノコたちです。


 ウサギノネドコは、植物、鉱物、動物などの標本で、自然の造形美を生活の中で楽しむことを提案していました。

清水坂公園のアサガオとコンロンカ (崑崙花)と

Simizu_04

 午前6時30分、NHK第一放送のラジオ体操に合わせて、清水坂公園に、体操をする人の大きな輪が出来ていました。


Simizu_05

 ふれあい情報館の近く、北区立清水小学校の垣根にアサガオが咲いています。

Simizu_06

 絞り模様が清々しさを感じさせていました。


Simizu_01

 コンロンカ (崑崙花)です。黄色い花に、白い葉のコントラストが涼しげです。


Simizu_02

 ザクロの実です。

Simizu_03

 ジーィジーィ と鳴くアブラゼミと、抜け殻が並んでいました。

荒川、赤水門と青水門あたり

Ara_02

 赤水門の先にある荒川赤水門緑地から見た、いつもの赤水門の裏側から見ています。

Ara_03

 荒川赤水門緑地の日陰に、キョウチクトウが咲いていました。

Ara_04

 ピンク色できれいです。

Ara_01

 新岩淵水門、青水門です。何かに似ているような。モアイ像が並んでいるようにも見えませんか。

Ara_05

 岩淵水門上水位観測所の傍にヒマワリが咲いていました。

Ara_06

 荒川の河川敷は日陰が少なてく、ギラギラする日を浴びるので、移動は電動自転車です。


宅地建物取引主任者から宅地建物取引士に

Tuki_01

 西の空に下弦の月が出ていました。


 私事ですが、宅地建物取引主任者の更新の講習を受講しました。

 場所は千代田区神保町界隈です。

 昼休みの時に、照りつける太陽の下を一ブロック歩きましたが、冷房で冷え切った体からは汗も出ませんでした。

 集英社、光文社、小学館などの出版社、古書街に版画を扱っている店がありました。いつか手にしたいと思っている版画もあります。私の好きな場所です。

 講義は、改正法令、紛争事例、改正税制、宅地建物取引士の使命などでした。

 さらに厳しく細かく変わってきています。

 ほぼ一日の缶詰で、真新しい宅地建物取引士証を受け取りました。

 自動車運転免許証も今年が更新です。


東京都北区立中央図書館に

Tosyo_01

 気に入っていた雑誌が最近休刊になって、新しい雑誌を探しに中央図書館に出掛けました。

 中央公園内の赤レンガ倉庫を改装した中央図書館は、蔵書が多くゆっくりと探し物が出来ます。

 駅からの距離が少しあるので、この暑さの中を歩くのは堪えますが。  


Tosyo_02

 いつものように、いつもの場所で、気になる雑誌が見つかりました。

 雑誌は単行本に比べて情報の更新が早く、プロが写した写真は見るだけでも楽しくて、コメントは情報を上手く調べてまとめられています。

 考え事をする時は散歩をしながら、それを実現しようとする時は、本や雑誌が役に立ちます。


 

 
 

清水坂公園のミソハギ

Shimizu_01

 地面からの照り返しがまだ少ない、早朝6時台に清水坂公園まで歩くのが、最近の日課になっています。

Shimizu_02


 自然ふれあい情報館の前のプランターに、ミソハギが咲いていました。

 お盆の時期にお供えする花として使われています。


Shimizu_03

 鮮やかな赤紫色の花が目立っていました。

 朝晩に歩いて、1万2千歩が目標です。

平成27年 日比谷公園に「変化朝顔展示会&大輪朝顔 共催展示会」を見に、の続きです

Asagao_05

 大輪朝顔は、20センチを超える大きな花を咲かせます。絞り模様は、清清しさを感じます。

Asagao_02

 淡い赤か薄紫のさらしたような色合いがスッキリとしていました。

Asagao_003

 変化朝顔は、花弁がよじれたり、裂けたり、縮んだり、変化に富んでいます。繊細さが好きです。

 代表的な獅子咲系です。白い花びらが不規則に裂けたりしています。


Asagao_004

 同じく獅子咲系です。つり下げた風鈴のように見えます。何でこんな形に変化するのでしょう。不思議です。


Asagao_005

 花びらや葉が細く切れている、采咲 ( さいざき ) 系です。


Asagao_001

 サギソウのような白い采咲 ( さいざき ) 系です。

Asagao_002

 変化朝顔の最盛期は8月の終わりごろです。再度、展示会が開催されますので、出掛ける予定でいます。

赤羽一番街 新築貸店舗 新築貸店舗のカバーが取れました

New_01


 赤羽一番街シルクロード通り、新築貸店舗、工事用のカバーが取れて、外観がはっきりと見えました。

 鉄骨造3階建、1・2階部分が貸店舗になります。すでにお申し込みが入っています。

 建物の完成予定は8月末日です。

 新しい建物が出来て、赤羽一番街シルクロード通りの、ますますの繁盛が期待されます。

 新築おめでとうございます。

 東京都北区赤羽の不動産会社 株式会社沼野商事 です。

 

平成27年 日比谷公園に「変化朝顔展示会&大輪朝顔 共催展示会」を見に

Asagao_04

 丹精こめて育てられた20センチを超える大きな花を咲かせる大輪朝顔です。

 今回の展示は大輪朝顔がメインです。


Asagao_06

 江戸時代に、紅色、紫、白などの花が咲かせられるようになりました。


Asaga_01

 特賞を受賞した朝顔です。


Asagao_07

 涼しげな絞り模様です。


Asagao_08


Asagao_006

 真白な花もいいです。


Asaga_02


 大輪朝顔の残りと、変化朝顔は、明日に続きます。


« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

無料ブログはココログ