2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 東京都大田区西馬込のメゾン・イチと、多摩川と | トップページ | 「チリメンモンスター」 を探しています »

真空管ラジオ めじろESの修理が終って戻ってきました

Radio_03

 心臓の病気をした頃ですから、今から8年前のことです。

 仕事の関係でいただいた、昭和30年代の真空管ラジオ 東芝製 「めじろES」 です。

 配線の具合が気になっていて、それ以来、物置の奥の方に置っぱなしでした。

 折角いただいたのに、使わないのは申し訳ないと考え、いつか修理しようと思っていました。
 
 今回、愛知県で修理をされている方にお願い致しました。

 メールでラジオの状態の報告が来ましたが、考えていたよりも部品に傷みがあるようです。

 分解してクリーニング。部品はコンデンサー数個、真空管1本、パイロットランプ、ダイヤル糸、電源コードなどの交換、修理をして、動作の調整がされて直っていました。

 10日程で修理が終わって戻ってきました。 外観も見違えるように、きれいになっていました。

 中波で選局して、NHKラジオ第1が良好に受信できました。柔らかくきれいな音が聞こえてきました。

Radio_02

 淡い緑色のマジックアイの輝きがきれいです。木製のキャビネットが落ちつきを感じさせます。

 宝物になりました。

 いただいたY様、修理をしていただいた方の技術と大切な取扱いに、とても感謝しています。ありがとうございました。

« 東京都大田区西馬込のメゾン・イチと、多摩川と | トップページ | 「チリメンモンスター」 を探しています »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/61956225

この記事へのトラックバック一覧です: 真空管ラジオ めじろESの修理が終って戻ってきました:

« 東京都大田区西馬込のメゾン・イチと、多摩川と | トップページ | 「チリメンモンスター」 を探しています »

無料ブログはココログ