2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 荒川河川敷の桜、ヤエベニトラノオとフクロクジュ | トップページ | 全国の赤羽・赤羽根を訪ねている赤羽紀行、栃木県小山市南半田赤羽根を更新しました »

赤羽宝幢院で、陶芸家 高光一生氏の作品展 「陶と花と一服のお茶」が開かれました

Niwa_10


 真言宗智山派赤羽宝幢院で、 陶芸家 高光一生氏の作品展 「陶と花と一服のお茶」が開かれました。

 会期 2015年4月10日 (金) ・11日 (土) 午前10時~午後4時 二日間の開催です。

 陶芸は、高光焼 直道窯 高光一生 ・ 一雅 ・ 史也の作品です。

 榎本文子、吉羽静子各氏の入れたお抹茶・茶菓子付300円です。(高光一生氏の茶碗でいただけます)

Niwa_12

 右より陶芸家 高光一生氏と高光一雅氏です。

 陶芸家 高光一生氏は、東本願寺で得度し、陶芸で日展内閣総理大臣賞、文部大臣賞など多数の受賞があり、現在は、日展の評議員、金沢学院大学美術学部名誉教授を務めています。

 先祖は前田家と共に金沢に移り住んだ高木家です。
 祖父 高光大船 は、浄土真宗 宗專寺住職。父 高光一也 は 宗專寺住職、洋画家で文化功労者です。

Niwa_08

 高光一生氏の作品です。素晴らしい花器がありました。展示品は販売をしています。

Niwa_07


Niwa_11

 花は、小原流 副教務 柳原豊悦のいけばなです。

Niwa_05


Niwa_09


Niwa_06


Niwa_03

 若さを感じる、高光一雅氏の作品は、手ごろな価格です。

Niwa_04

 素晴らしい作品が見られて、目の保養になりました。ありがとうございました。

« 荒川河川敷の桜、ヤエベニトラノオとフクロクジュ | トップページ | 全国の赤羽・赤羽根を訪ねている赤羽紀行、栃木県小山市南半田赤羽根を更新しました »

01.赤羽の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/61413917

この記事へのトラックバック一覧です: 赤羽宝幢院で、陶芸家 高光一生氏の作品展 「陶と花と一服のお茶」が開かれました:

« 荒川河川敷の桜、ヤエベニトラノオとフクロクジュ | トップページ | 全国の赤羽・赤羽根を訪ねている赤羽紀行、栃木県小山市南半田赤羽根を更新しました »

無料ブログはココログ