2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 戸越銀座の友人と、Kitchen Ribs に | トップページ | 赤羽緑道公園の白梅がきれいです »

戸栗美術館 「江戸の暮らしと伊万里焼展」に

Imari_01


 財団法人戸栗美術館は、東京都渋谷区松濤にある陶磁器専門の美術館です。
伊万里・鍋島などの 肥前磁器、中国・朝鮮の陶磁器など、約7000点の収蔵品を所蔵しています。

 18世紀後半ごろから伊万里焼が、豊かな町人の生活にも使われるようになり、青一色の染付の食器から化粧道具や文具などに磁器が作られるようになりました。

 伊万里、古九谷様式、柿右衛門様式、鍋島などの染付、色絵の名品が数多く展示されています。

 江戸の人々が楽しんだそば猪口・岸間健貪コレクション、が同時に展示されていました。
ご本人の解説をお聞きしながら、源氏物語、伊勢物語、歌舞伎、百人一首、能などを題材にした文様に見入ってしまいました。ありがとうございました。

 私は彩色された色絵より、素朴な青一色の染付の方が好みです。

« 戸越銀座の友人と、Kitchen Ribs に | トップページ | 赤羽緑道公園の白梅がきれいです »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/61196810

この記事へのトラックバック一覧です: 戸栗美術館 「江戸の暮らしと伊万里焼展」に:

« 戸越銀座の友人と、Kitchen Ribs に | トップページ | 赤羽緑道公園の白梅がきれいです »

無料ブログはココログ