2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 赤羽から池袋まで歩いて、昼食は立教大学の学食に | トップページ | 母の庭に »

カーサ ブルータス2月号は、昨年建てられた住宅の特集号です

Book012001

 年に一度の新築戸建住宅、集合住宅のリノベーションの特集号です。

 リノベーションがどんどん変化しています。住み手が一緒に考えつくる、楽しく暮らせる空間に変わっていく、建築家たちのアイデアがありました。

 今年は、デザインが優先して、暑さ寒さを耐え忍ぶ住宅ではなく、落ち着いた実用的な住まいが多くありました。

 いいなと思うものは、窓際につくられたインナーテラスです。明り取りにもなるし、洗濯物の干場にもなります。

 1年間のベスト住宅の中では、「海辺の家・いつかは住みたい、丘から海を眺める週末住宅」が素敵でした。

 壁面の棚に本を一杯詰め込んで、海を眺めながら本を読んでいる。私の理想です。

 名作住宅を次世代に残すことでは、「藤井厚二が手掛けた別荘を未来へつなぐ」の、サンルームが素晴らしいです。


 

« 赤羽から池袋まで歩いて、昼食は立教大学の学食に | トップページ | 母の庭に »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーサ ブルータス2月号は、昨年建てられた住宅の特集号です:

« 赤羽から池袋まで歩いて、昼食は立教大学の学食に | トップページ | 母の庭に »

無料ブログはココログ