2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 国立国会図書館に | トップページ | 秋模様の赤羽自然観察公園に »

国立国会図書館 平成26年度企画展示 「あの人の直筆」に

Museum04

 国立国会図書館に用事があって、それを済ませてから、平成26年度企画展示、「あの人の直筆」、書の美しさを見て来ました。

 日本の近世から戦後にかけての各分野で活躍した有名人約150人の、直筆資料が展示されていました。

 吉田松陰書簡は、獄中から桂小五郎などに宛てた書簡です。覚悟した実直な思いが綴られていました。

 徳川斉昭書簡は、力の入った溢れる思いが伝わってきます。

 坂本竜馬が「船中八策」をもとに書いた「政府綱領八策」など、その時代の荒々しさが伝わってきました。
 
 特別展示、細川ガラシャが見舞いに対するお礼の書簡は、流麗な筆跡の美しい仮名散らし書きに、芸術作品を見る思いでした。

 筆遣いの素晴らしさにうっとりすると共に、もう少し字を上手く書けるようになりたいと思っています。

 

 

« 国立国会図書館に | トップページ | 秋模様の赤羽自然観察公園に »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/60541743

この記事へのトラックバック一覧です: 国立国会図書館 平成26年度企画展示 「あの人の直筆」に:

« 国立国会図書館に | トップページ | 秋模様の赤羽自然観察公園に »

無料ブログはココログ