2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 母の庭のタチアオイ(立葵) | トップページ | 世田谷美術館に「ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展」を見に »

平岩弓枝「紅花染め秘帳 はやぶさ新八御用旅 」を読んでいます

Book187

 講談社、平岩弓枝の「 紅花染め秘帳 はやぶさ新八御用旅 」を読み始めました。

 いつもなら、文庫版が出るまで待って買ってから読むのですが、今回は待ちきれなくて、今年の2月の新刊の単行本を図書館に予約しました。やっと順番が回ってきました。

 はやぶさ新八郎は藤助を共にして、紅花染めの秘帳を探しに、奥州・白河に出掛けます。


 南町奉行根岸肥前守鎮衛の懐刀、神道無念流の名手で頭脳明晰、心やさしい好青年の隼新八郎が、根岸肥前守と共に、町方が介入出来ない武家絡みの事件を探索を行なう、人気時代小説の旅物語編です。

 南町奉行根岸肥前守の懐刀隼(はやぶさ)新八郎、鬼勘、その娘の踊りの名手・小かんのお初。

 江戸時代の風情と粋な江戸っ子の姿が、生き々と浮かんできて、ほのぼのとします。

  最近は、はやぶさ新八郎御用帳を何度も読み返しています。

« 母の庭のタチアオイ(立葵) | トップページ | 世田谷美術館に「ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展」を見に »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/59965353

この記事へのトラックバック一覧です: 平岩弓枝「紅花染め秘帳 はやぶさ新八御用旅 」を読んでいます:

« 母の庭のタチアオイ(立葵) | トップページ | 世田谷美術館に「ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展」を見に »

無料ブログはココログ