2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 弥生美術館・竹下夢二美術館に | トップページ | 清水坂公園のヤマブキ »

藤沢周平 「密謀 (上)」を読んでいます

Book183

 豊臣政権の五大老の一人、上杉景勝を支える知謀の将、直江兼続の活躍を描いています。関が原の戦いでは、敗者側でした。

 
  まだ幼かった頃、他人が見ていなくても 「お天道様が見ているよ」と、悪いことをしたらいけないと諌められました。

 いつか、そう話す大人達が居なくなって、年齢を重ねると注意をしてくれる人も無くなります。

 自分で考え、自分で決められるようになると、つい軌道を外れるようになったりもしました。

 そんな時、藤沢周平の本を読んでいると、武士の時代の厳しい躾が思い出されます。

 生き残っていくための知恵を得る為、叱ってくれる人を求めるために読んでいます。

 そんな読み方をしているかもしれません。


 藤沢周平の小説は、抒情性のある綿密な描写、映画のように風景が展開してきます。 「蝉しぐれ」が一番好きな作品です。

 

« 弥生美術館・竹下夢二美術館に | トップページ | 清水坂公園のヤマブキ »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤沢周平 「密謀 (上)」を読んでいます:

« 弥生美術館・竹下夢二美術館に | トップページ | 清水坂公園のヤマブキ »

無料ブログはココログ