2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 和田竜 「 のぼうの城 上 」を読んでいます | トップページ | 全国の赤羽・赤羽根を旅している赤羽紀行、東京都北区赤羽の更新作業をしています »

丁度電話をするところ、だったの

Shiro07

 丸真正宗の酒粕がまだあるかなと、リカースタジオ清水屋さんに寄ったら、女将さんから 、「丁度、電話をするところだったの」と言われたのが、宝酒造株ももやま白酒です。

 我家は息子だけなので雛飾りをしません。それでいつも買い忘れそうになりますが、取ってあったのを2本いただいてきました。

 白いぼんぼりのような器の形に温かみを感じますし、また、どろっとした舌触りが何ともたまりません。毎年の楽しみです。

 ところで、雛飾り・雛人形の内裏様、男雛と女雛の並び方に二通りがありました。
 男雛を向かって左に置くのを「現代式」、右に置くのを「古式」としています。
 今でも、西日本には「古式」が残っています。

 残念なことに、2019年、終売になりました。

« 和田竜 「 のぼうの城 上 」を読んでいます | トップページ | 全国の赤羽・赤羽根を旅している赤羽紀行、東京都北区赤羽の更新作業をしています »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丁度電話をするところ、だったの:

« 和田竜 「 のぼうの城 上 」を読んでいます | トップページ | 全国の赤羽・赤羽根を旅している赤羽紀行、東京都北区赤羽の更新作業をしています »

無料ブログはココログ