2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 和田竜 「 のぼうの城 上 」を読んでいます | トップページ | 全国の赤羽・赤羽根を旅している赤羽紀行、東京都北区赤羽の更新作業をしています »

丁度電話をするところ、だったの

Shiro07

 丸真正宗の酒粕がまだあるかなと、リカースタジオ清水屋さんに寄ったら、女将さんから 、「丁度、電話をするところだったの」と言われたのが、宝酒造株ももやま白酒です。

 我家は息子だけなので雛飾りをしません。それでいつも買い忘れそうになりますが、取ってあったのを2本いただいてきました。

 白いぼんぼりのような器の形に温かみを感じますし、また、どろっとした舌触りが何ともたまりません。毎年の楽しみです。

 ところで、雛飾り・雛人形の内裏様、男雛と女雛の並び方に二通りがありました。男雛を向かって左に置くのを「現代式」、右に置くのを「古式」としています。今でも、西日本には「古式」が残っています。

« 和田竜 「 のぼうの城 上 」を読んでいます | トップページ | 全国の赤羽・赤羽根を旅している赤羽紀行、東京都北区赤羽の更新作業をしています »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/59208610

この記事へのトラックバック一覧です: 丁度電話をするところ、だったの:

« 和田竜 「 のぼうの城 上 」を読んでいます | トップページ | 全国の赤羽・赤羽根を旅している赤羽紀行、東京都北区赤羽の更新作業をしています »

無料ブログはココログ