2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 赤羽八幡神社、新嘗祭 ( にいなめさい) が催行されました | トップページ | プランターで野菜作りが楽しめる賃貸住宅の建築が始まりました »

秋葉原ラジオストアーの閉店と、自作のトランジスターを使った簡易型・光線電話

 秋葉原の電気街、秋葉原ラジオストアーが今日で閉店です。電子部品を扱う小さな店がたくさん並んでいました。
 新聞を見て、寂しいですがこれも時代の移り変わりと思います。

 工作をする時に色々な店を回って部品を探すことは、製作する者として、とても楽しいひと時でした。

 ただ価格を比較するだけではなくて、目的の部品が無くても、その代用品を探してくれたり、組み合わせを変えたりする時のアドバイスが嬉しくて。


Akiba01

 20年ぐらい前、小学生だった息子達のために作った、簡易型・光線電話の受信機 (左 コカコーラ)と、送信機 ( 右 ペプシコーラ)です。棚の奥に仕舞ってありました。

 送信機は、トランジスターが2石 (2SC982、2SC1815) 、マイクはイヤホンを代用、発光ダイオード、虫メガネのレンズ、抵抗、コンデンサーなどを使かっています。

 受信機は、IC (MC34119P) が一つ、受光用のフォト・トランジスター、小ダイナミックスピーカー、抵抗、コンデンサーなど使いました。部品は秋葉原ラジオストアーで買い求めたものでした。

 タッパーウエアの中に基盤を取り付けて、ボール紙を丸めた筒にコーラの缶を使って補強しました。

 うまく作動出来てかなり遠くまで音が届き、息子達は喜んで使っていました。

 これは、泉弘志さんが書かれた回路図と説明書を参考にして作りました。
分かりやすい解説と丁寧に描かれた絵が気に入っていたもので、当時の模型・工作作りの月刊雑誌に掲載されていました。

 他にも 「ゲーム式紙クズ箱」、「静電気チェッカー」、「電子ろうそく」、「FM ワイヤレス・マイク」など、大切にとってある回路図があります。どれもトランジスターを使っていました。

 秋葉原ラジオストアーが無くなっても、もの作りの楽しさは、心の中に引き継がれていきます。

« 赤羽八幡神社、新嘗祭 ( にいなめさい) が催行されました | トップページ | プランターで野菜作りが楽しめる賃貸住宅の建築が始まりました »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/58669426

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原ラジオストアーの閉店と、自作のトランジスターを使った簡易型・光線電話:

« 赤羽八幡神社、新嘗祭 ( にいなめさい) が催行されました | トップページ | プランターで野菜作りが楽しめる賃貸住宅の建築が始まりました »

無料ブログはココログ