2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 赤羽自然観察公園の秋色です | トップページ | 熱海市網代に向かう途中で見つけた、金ちゃんカレーうどん »

江戸東京博物館に「明治のこころ」展を見に

Meiji03_2

 アメリカの動物学者、エドワード・シルベスター・モースは、大森貝塚の発見者として知られています。

 明治10年から3度日本を訪れ、日本の庶民の暮らしや、正直な人々の国に魅せられました。

 日本全国をくまなく旅して集めた多彩な品々は、記録としてアメリカに持ち帰り、ピーボディ・エセックス博物館とボストン美術館に収蔵されました。

 モースが感嘆した明治の庶民の暮らしの、生活道具、陶器、貴重な写真、モースの日記・スケッチから明治の日常、130年前の暮らしを彩った品々が蘇ってきます。

 味わい深い木製の掛け花生けの きのこ・とんぼ・バッタ、縮緬細工の うさぎ・桜・金魚、情緒溢れるあきない看板、モースがよっぽど日本を気に入って作らせたミニチュア店舗模型、など日本が無くしてしまったものを、モースが取って置いてくれました。

 エドワード・シルベスター・モースは日本人に対して、「人々が正直な国にいて、とても気持ちがいい」という言葉を残していました。

« 赤羽自然観察公園の秋色です | トップページ | 熱海市網代に向かう途中で見つけた、金ちゃんカレーうどん »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸東京博物館に「明治のこころ」展を見に:

« 赤羽自然観察公園の秋色です | トップページ | 熱海市網代に向かう途中で見つけた、金ちゃんカレーうどん »

無料ブログはココログ