2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 母の庭の実りの秋は、柿とみかんです | トップページ | RECRUIT「 あなたの土地を賢く生かす本 1013年版」に、音楽愛好者向けの賃貸マンションが紹介されていました »

太田記念美術館に「笑う浮世絵 戯画と国芳一門」を見に

Oota05_3

 JR山手線 原宿駅から数分、浮世絵専門の美術館・太田記念美術館に「笑う浮世絵 戯画と国芳一門」を見に行きました。

 江戸時代後期を代表する浮世絵師、歌川国芳といえば、役者絵・武者絵や妖怪などの破天荒な作品が多いのですが、今回はユーモアとウィットが満載の戯画の展示でした。

 動物や植物を擬人化したり、たくさんの人で大きな顔をつくったりする、浮世絵に描かれた戯画には、斬新なユーモラス、アイデアが溢れていました。個人蔵の作品が多くありました。

 歌川国芳 「百品噺」のうち 「蚤のさしあひばなし」、「荷宝蔵壁のむだ書」、月岡芳年 ( 一魁齋芳年 ) 「正札附俳優手遊」、十辺舎一九 「三人寄而 文字の知画」、 歌川広重 「浄るり町繁花の図」・・・など、素晴らしい作品がみられました。

 今日は、嬉しい発見をしました。
月岡芳年 ( 一魁齋芳年 ) は、前から気に入っていた浮世絵師で、以前、「月」の特集で見た、文字の美しさに感激していました。 「正札附俳優手遊」を見ていた時、版元が正文堂となっていたのを見つけて嬉しくなりました。

 私が前に営んでいた会社は本屋で、正文堂書店 ( しょうぶんどうしょてん )という店名でした。
先々代が正文堂として、文房具の店を北区立赤羽小学校 の前で始めました。読み方はせいぶんどう、と読むのかも知れませんが、同じ文字を見つけて喜んでいます。

 

« 母の庭の実りの秋は、柿とみかんです | トップページ | RECRUIT「 あなたの土地を賢く生かす本 1013年版」に、音楽愛好者向けの賃貸マンションが紹介されていました »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太田記念美術館に「笑う浮世絵 戯画と国芳一門」を見に:

« 母の庭の実りの秋は、柿とみかんです | トップページ | RECRUIT「 あなたの土地を賢く生かす本 1013年版」に、音楽愛好者向けの賃貸マンションが紹介されていました »

無料ブログはココログ